ニュース
» 2008年07月16日 14時00分 公開

ツクモ、GIGABYTE製のCentrino 2ノートPC「W476V」「W576V」を販売――SSDモデルも用意

九十九電機は、GIGABYTE製となるCentrino 2搭載ノートPC「W476V」「W576V」シリーズの取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo W476Vシリーズ

 九十九電機は7月16日、GIGABYTE製となるCentrino 2搭載ノートPC「W476V」「W576V」シリーズ2機種計6製品の取り扱いを発表、8月中旬より販売を開始する。価格はW476Vシリーズが10万9800円から、W576Vシリーズが12万9800円から(税込み)。

 W476VおよびW576Vは、ともにIntel PM45 Expressチップセット搭載マザーボードを採用するノートPCで、W476Vは1280×800ドット表示対応14.1インチワイド液晶を、W576Vは1280×800ドット表示対応15.4インチワイド液晶を内蔵。双方とも搭載CPU/メモリ/HDD(SSD)などが異なる3グレードをラインアップする。

 CPUはCore 2 Duo P8400(2.26GHz)/T9400(2.53GHz)/T9600(2.8GHz)、メモリはDDR 1Gバイト〜4Gバイト、HDDは120Gバイト〜250Gバイト(上位モデルはSSD 120Gバイト)を装備。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n(11nはドラフト)を標準で利用可能だ。また、W576VはグラフィックスコアとしてGeForce 9600M GS/512Mバイトを利用できる。

 本体サイズおよび重量は、W476Vが338(幅)×239(奥行き)×29.8〜38.4(高さ)ミリ/約2.5キロ、W576Vが357(幅)×257(奥行き)×29.8〜38.8(高さ)ミリ/約3キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう