PC USER Pro

エプソン、小型化とデザインに注力した複合機/プリンタ08年モデル最上位はタッチパネル+ADF搭載(2/3 ページ)

» 2008年09月19日 12時00分 公開
[前橋豪,ITmedia]

複合機は新デザインの上位機に旧売れ筋モデル改造版を加えた布陣

 複合機の新ラインアップは、上から「EP-901F」「EP-901A」「EP-801A」「PM-A840S」「PX-501A」の5モデルを用意。昨年は同時期に4モデルが発売されたが、今年は2006年から継続販売されてきた最上位機の「PM-T990」が終息し、最上位にFAX機能付きのEP-901Fを据えている。PX-501Aのみ顔料インク(つよインク200X)を採用し、残りは染料インク(つよインク200)を採用したEpson Color対応モデルだ。

 EP-901Fはシリーズ中で唯一、グループダイヤル送信と順次同報送信(いずれも最大30件)、短縮ダイヤル(最大60件)に対応したスーパーG3対応カラーFAX機能を搭載。EP-901AはEP-901FからFAXを省いた構成だ。EP-801Aは上位2モデルからADFとタッチパネル式操作パネル、有線LAN/無線LANといった機能を省き、スキャナの光学解像度を下げたモデルで、今年の売れ筋モデルに位置付けられる。上位3モデルの特徴は前のページで説明した通りだ。

左からEP-901F、EP-901A、EP-801A。この上位3機種が新デザインを採用した今年の注目機種だ

 PM-A840Sは昨年の売れ筋モデル「PM-A840」のマイナーチェンジモデル。天板をドットプリントの新デザインに変更し、覆い焼き対応のオートフォトファイン!EXを新たに搭載した。プリントヘッドなどの基本スペックはPM-A840と同様だ。

 エントリークラスのPX-501AはSOHOなどでのビジネス用途に配慮し、普通紙印刷に強い顔料インクを採用する一方、染料インク機の付加機能は大幅に削られている。

左から染料インク機のPM-A840S、顔料インク機のPX-501A

 これら5モデルの仕様と搭載する機能を下表にまとめた。標準価格はいずれもオープンだ。

複合機新モデルのラインアップ
モデル名 EP-901F EP-901A EP-801A PM-A840S PX-501A
予想実売価格 4万円台半ば 4万円前後 3万円前後 2万円台半ば 1万円台後半
発売予定日 10月8日 10月8日 10月8日 10月8日 10月8日
液晶モニタ 3.5型 3.5型 2.5型 2.5型 2.5型
インク 染料6色 染料6色 染料6色 染料6色 顔料4色
ノズル数 C/M/Y/K/LC/LM×各180ノズル C/M/Y/K/LC/LM×各180ノズル C/M/Y/K/LC/LM×各180ノズル C/M/Y/K/LC/LM×各90ノズル C/M/Y/K×各90ノズル
最高解像度 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi 5760×1440dpi
最小インク滴 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ 1.5ピコ 3ピコ
2Way給紙 ○(前面2段) ○(前面2段) ○(前面2段) −(後トレイ) −(後トレイ)
ADF
スキャナ 4800×4800dpi(CIS) 4800×4800dpi(CIS) 2400×4800dpi(CIS) 1200×2400dpi(CIS) 1200×2400dpi(CIS)
メモリカードリーダー CF、MS、SD、xD CF、MS、SD、xD CF、MS、SD、xD CF、MS、SD、xD CF、MS、SD、xD
FAX
PictBridge
赤外線
PC接続インタフェース 100BASE-TX有線LAN、IEEE802.11b/g無線LAN、USB 2.0、Bluetooth(オプション) 100BASE-TX有線LAN、IEEE802.11b/g無線LAN、USB 2.0、Bluetooth(オプション) USB 2.0、有線/無線LAN/Bluetooth(オプション) USB 2.0、有線/無線LAN(オプション) USB 2.0、有線/無線LAN(オプション)
サイズ(幅×奥行き×高さ) 466×385×198ミリ 466×385×198ミリ 446×385×150ミリ 450×413×205ミリ 450×342×182ミリ
重量 約10.7キロ 約10.5キロ 約9キロ 約8.3キロ 約5.9キロ
複合機新モデルの主な機能
モデル名 EP-901F EP-901A EP-801A PM-A840S PX-501A
自動ノズルチェックシステム
自動両面印刷 −(オプション) −(オプション) −(オプション)
CD/DVDレーベル印刷 ○(トレイ内蔵) ○(トレイ内蔵) ○(トレイ内蔵) ○(トレイ外付け)
カード/カメラダイレクト印刷
赤外線印刷
テレビプリント −(オプション) −(オプション) −(オプション)
領域判定コピー
退色復元スキャン
Epson Color
仕上がりView
ナチュラルフェイス ○(PCから) ○(PCから)
赤目補正
手書き文字合成
動画印刷
スライドショー印刷
塗り絵印刷
ノートけい線印刷
黒だけでモード
文字合成印刷
フィルムスキャン
ネットワーク 有線LAN/無線LAN 有線LAN/無線LAN
複合機新モデルの印刷速度とコスト
モデル名 EP-901F EP-901A EP-801A PM-A840S PX-501A
L判フチなし印刷速度 約14秒 約14秒 約14秒 約22秒 約69秒
L判フチなし印刷コスト 約21.1円 約21.1円 約21.1円 約20.1円 約21.6円
※L判印刷は「写真用紙(光沢)」を使用した場合。表中のコストは、インク代+用紙代の合計

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. 「Surface Go」が“タフブック”みたいになる耐衝撃ケース サンワサプライから登場 (2024年04月24日)
  9. わずか237gとスマホ並みに軽いモバイルディスプレイ! ユニークの10.5型「UQ-PM10FHDNT-GL」を試す (2024年04月25日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー