家でも外でもどちらでも──多様化したニーズのすき間を埋める、GIGABYTEの「Booktop」COMPUTEX TAIPEI 2009(1/3 ページ)

» 2009年06月04日 16時22分 公開
[岩城俊介,ITmedia]
photo COMPUTEX TAIPEIのGIGABYTEブース

 COMPUTEX TAIPEIのGIGABYTEブースは、マザーボードやグラフィックスカード、PCケース類といったおなじみの自作PCパーツとともに、2009年6月現在の日本市場では台湾他社ベンダーと比べるとあまり見かけないミニノートPCも多く用意する。

 まずは2009年3月のCeBIT 2009でも公開されていた「Booktop」。いわゆるノートPC型のNetbookから派生し、同一プラットフォームで別途ディスプレイを接続して使用するデスクトップ型がNettop、そして、どちらもOKなのがGIGABYTEの“Booktop”である。

 Booktop M1022は、1024×600ドットの10.1型ワイド液晶ディスプレイ(LEDバックライト搭載)とAtom N270(1.6GHz)ないしAtom N280(1.66GHz)、グラフィックス機能を統合したIntel 945GSE Expressチップセット、1Gバイトのメインメモリ(2Gバイトまで増設可能)、160GバイトのHDD、6セルバッテリー付きで重量約1.3キロ、OSはWindows XP Home EditionといったいわゆるNetbookだが、家庭やオフィスでは付属するクレードル(ドッキングスタンド)により、Nettopに変化する。クレードルとともに、高解像度のディスプレイやフルサイズのキーボード、マウスとともに使用できる。

 Booktopシリーズには、1366×768ドットの13.3型液晶ディスプレイとCULVプロセッサ、Intel GS45 Expressチップセットを採用し、重量約1.85キロの上位モデル「M1305」も用意するという。

photophotophoto クレードル経由でフルHDの外部ディスプレイ+インプットデバイスと接続した「Booktop M1022」。帰宅・帰社したらクレードルに本体を差すと、Nettopに変化する(左) 単体では一般的なNetbookとして使用可能。デモ機にはHSPAモジュールとWindows 7がインストールされていた(中) クレードルにはアナログRGB端子、USB 2.0×3、有線LAN端子、ヘッドフォン端子、DC電源端子がある(右)
photophotophoto Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア(左)。本体のディスプレイ解像度は1024×600ドットだが、接続する外部ディスプレイ次第で、高解像度表示が可能(中、右)

 かつて、10型クラスのディスプレイ+クレードルスタイルを採用した薄型軽量ノートPCとしてシャープの「Mebius MURAMASA PC-MM1」シリーズが存在したのも懐かしいが、Booktopは、現代のDesktopとNotebook、NetbookとNettop、これらのニーズのすき間をそつなく埋めるスタイルと言える。

 なお、高解像度の外部ディスプレイとともに屋内で使用するなら、クレードルを使わずともアナログRGB端子を本体に接続するだけでいいかな──と思い、クレードルとともに使うにはキーボードやマウスが別途必要になる──と考えると、複数台目用途には少々むだなことも出てきそうで、万能といえど完璧ではないが、「中も外もOK」という自由なクレードルスタイルに魅力を感じる人は確かに多そうだ。なお日本市場の投入時期は「もうすぐ」だそうだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  6. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  7. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  8. 「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット (2024年01月19日)
  9. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  10. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー