PC USER Pro
レビュー
» 2011年09月09日 10時30分 公開

小さいけどデキるヤツ!?――3LED光源の小型DLPプロジェクター「NP-L50WJD」を試した使い方はあなた次第(3/3 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

NP-L50WJDの画質をチェックする

 さて、実際に投写した映像を目視でチェックしてみた。メーカーの仕様表では、画素数が103万9680画素(WXGA相当)となっているが、NP-L50WJDが採用するDMDパネルは、実は特殊なアスペクト比と画素形状のもので、スケーリング処理によってアスペクト比16:10のWXGA出力を実現している。

60型程度の画面サイズに投写し、中央付近を接写した画像。各画素は正方形を45度回転させたような形状だ

 画素形状は正方形を45度回転させたような形で、推奨解像度の1280×800ドットを出力しても、ドットバイドット表示の関係にはならない。つまり、映像入力とパネルの解像度をぴったり合わせて、1ドット単位で映像の入出力を対応させた表示ができないのだ。

 しかし、それにより画質が劣るわけではないので安心してほしい。照明を消した薄暗い部屋で1280×800ドットのPC映像を60型程度の画面サイズに投写したところ、かなり細かな文字まで問題なく読める精細さが得られていた。実際に投写画面によく近づいて画素形状を確認しなければ、リアルWXGAパネルで投写した映像と思うユーザーも少なくないだろう。500ルーメンという明るさから、遮光の具合や利用人数に制限は出てくるが、画質的にプレゼン用途で使うぶんにはまったく問題ないと感じた。

 むしろ特殊な画素形状の効果か、画素間の格子が目立たず、少し離れたところから投写画面を見ると、自然な描画で、映像がみっちりと詰まった印象を受ける。さすがにフルHD対応プロジェクターのようなシャープさはないが、広色域でコントラスト感があり、Blu-ray DiscやDVD-Videoの映像観賞も、価格を考慮するとなかなかのものだ。カラーブレーキングノイズはまったく気にならなかった。

 デジカメのAdobe RGBモードで撮影した写真を、NP-L50WJDのAdobe RGBモードでスライドショー表示するのも面白い。広色域で赤や緑の発色がすこぶるよく、暗部から明部まで階調の再現性もかなり整っている。

 今回はデータプロジェクター用のビーズ系スクリーンに投写したが、きちんと遮光して、ホームシアター用スクリーンに投写すれば、映像コンテンツの出力品質でも多くの人を満足させられるだろう(もちろん、自身で高価なホームシアター環境を構築しているユーザーとなると、話は別だが)。

ピクチャーモードをsRGBモードに設定し、カラーとモノクロのグラデーションを表示した例

ピクチャーモードをAdobe RGBに設定し、カラーグラデーションと写真を表示した例。レッドやグリーンをより鮮やかに再現できている

 また、DLP方式は液晶方式に比べて、映像入力から出力までの遅延が発生しにくい構造なので、NP-L50WJDは大画面でゲームをプレイしたいというニーズにも応えられる。プレイステーション 3をHDMIで接続し、アクションゲームや格闘ゲームをざっとプレイしてみたが、今回試用した限り、遅延によるゲームへの支障はなかった。

 なお、排気用のファンは正面から見て左側面にある。動作中は常にファンが回っているが、環境騒音が大きめのオフィスでは気になるほどではない。静かな部屋では風切り音が聞こえてくるが、高周波音など耳障りなノイズは発生しなかった。

 排気の熱風はそれほど強くないので、排気口のすぐそばに座らなければ、排気が当たって不快になることはないだろう。ファンの制御は操作メニューから2種類(自動/高速)に設定できるが、通常は自動で構わない(数日間連続使用の場合や気圧の低い場所では「高速」が推奨設定)。

これまでにない絶妙なバランスの小型軽量LEDプロジェクター

 NP-L50WJDは、LED光源の長寿命や省電力といった特徴を生かしながら、携帯性の高いボディに、LEDプロジェクターとしては明るい画面、そして広色域といった魅力も兼ね備えており、これまでにない小型軽量プロジェクターに仕上がっている。実売価格は8万円前後と手ごろで、多目的に使えるプロジェクターとしてコストパフォーマンスは良好だ。

 どこへでも持ち運べて60〜100型という大画面を低コストで手軽に実現でき、出力性能や機能のバランスも取れているNP-L50WJDは、設置場所を選ばず、写真、動画、ゲーム、ビジネスと、さまざまな用途で活躍できる可能性を秘めている。

 モノとしての存在感があるボディデザインや、設置場所の自由度を高める三脚およびチルトフリーへの対応、携帯時の荷物を減らせるPCレスでのビュワー機能など、各部のこだわりも好印象だ。

 普段はカジュアルなホームシアターやオフィスでの小回りがきくデータプロジェクターとして運用しつつ、旅行や出張、イベントの機会には積極的に持ち出して活用するなど、プロジェクターの使い方をアクティブに広げてくれそうな1台だ。


「NP-L50WJD」ブロガー×モニター キャンペーン実施中!

 「NP-L50WJD」をさまざまな用途(例:カジュアルなホームシアター、大画面でのゲームプレイ、旅行先での上映会、外出先でのプレゼン、タブレット端末からの投写など)でお試しいただき、ご自身のブログでその魅力をお伝えいただける方を募集しています。

 ご協力いただける方には、NP-L50WJDをお貸し出しします。ブログでのご紹介後は、そのままNP-L50WJDを無期限でお使いいただける特典付きです。なお、ブログにアップされた内容は後日、ITmedia内の特設サイトにて紹介します。奮ってご応募ください!



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.