レビュー
» 2013年06月05日 19時00分 公開

「ThinkPad Helix」ロードテスト:第3回 ThinkPad Helixを「ThinkPad視点」でチェックしてみた(後編) (2/3)

[石川ひさよし,ITmedia]

キーボードは「ThinkPadクオリティを維持した打ち心地」

photo 十分なキーストロークを実現。11.6型Ultrabookはもちろん、他のUltrabookと比べてもトップクラスの打鍵感が得られると思う

 キーボードはさすがである。ThinkPad X1 Carbonと同等の打ち心地を実現したという通り、ThinkPadクオリティを維持した打ち心地であり、この薄さでストロークはしっかり深め、反発力/抵抗感も十分あるのはすばらしい。とても11.6型クラスの薄型Ultrabookとは思えないレベルに達していると思う。「Ultrabookは(薄型ボディを実現するためか)キーボードが残念……」と思っているキーボード入力第一主義の人はこれだけでも一考の価値がある。

 キートップのデザインも、アイソレーションデザイン化以降のThinkPadシリーズのそれと同様にわずかにくぼみが設けられており、6列をベースにカーソルキー部分を1段下げたベーシックな配列となっている。F4キーとF5キー、F8キーとF9キー、F12キーとHomeキーの間のスペースもしっかり空いている。

 時代に合わせてThinkPadシリーズにもクリックパッドが搭載されるようになって久しいが、ThinkPad Helixでもクリックパッド(あるいはトラックポイント)を無効にすることもできる。もちろんクリックパッドを無効にしてもトラックポイント用のクリックボタンはしっかり機能するので安心してほしい。Windows 8のジェスチャー操作を扱いやすくするためか、近年のノートPCのタッチパッドが大型化されている傾向もあるが、これは本機も同じだ。

photophoto タイプ音はカチャカチャ……ではなく、スコスコ……といった感じでもともと低く抑えられているが、Lenovo SettingsユーティリティのAudio設定にて「マイク使用時はキーボードタイピング音を小さくする」という機能も搭載されている。これはノイズキャンセリングイヤフォンのように発生音を打ち消すようなデジタル処理を行い、相手に聞こえるタイプ音を小さくするというものだ。こういったちょっとした工夫がああるのもThinkPadならではの特徴だろう
photo 通電時はThinkPadロゴの「i」字が光る

 なお、キーボード面の“それ以外”で少し面食らったのは、無線通信やストレージアクセスのLEDインジケータがないことだ。

 もっとも、通電状態に関してはパームレストや天面にあるThinkPadロゴの「i」文字が光るのでそれで視認でき、昨今、スマートデバイスにも慣れているのであれば不要といえば不要なのかもしれない。必要であればタスクバーにアイコンとして表示できるオンラインソフトなどで対処するとよいだろう。加えて、サウンドやマイクのオン/オフ、ボリューム(ボリューム自体は液晶側のボタンから操作できる)などは、Fn+ファンクションキーに統合されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう