連載
» 2013年11月29日 12時58分 公開

「貴重体験ができる」海外定額データ通信:海外プリペイドSIM導入マニュアル──「韓国・ソウル 2013年」編 (2/3)

[山根康宏,ITmedia]

受け取りは簡単。ただ、受けとったSIMカードは……

 ということで、仁川国際空港へ到着。

 指定場所であった空港内の書店「K Books」へ行き、「予約したEG SIMを受け取りたい」と店員に伝える。店員からは予約番号とパスポートの提示が求められる。あらかじめ予約ページを印刷しておき、手渡すと楽かもしれない。

photophoto 仁川国際空港の受け取り場所であるK Booksと、受け取ったEG SIM。SIMをセットして電源を入れるのだが……

 筆者はMicroサイズのSIMカードで予約していたが、ここで「SIMのサイズは?」と確認された。SIMカードは輪ゴムで束になって留められており、ここで希望するサイズを言えばいいようである。

 Microを、と伝えるとMicro SIMの束から適当なものを引き抜いて、PCでなにやら作業を始めた。すなわち、こちらが予約したSIMカードを渡してくれるのではなく、その場で在庫のあるものの中から適当なものが渡されるようである。んーと。ということは、注文時の選択肢を「すべて」にしておけば、追加料金不要でMicro SIMを受け取れたのかもしれない。

 プリペイドSIMカードの電話番号はパッケージに印刷されており、これが自分の携帯電話番号となる。店員の作業は1、2分で終わり、ようやくプリペイドSIMカードを受け取ることができた。

 以前までの韓国は、IMEIが通信事業者に登録された端末しか利用できなかった。2013年現在はそれが撤廃され、海外の端末でも韓国のSIMカードを入れて利用できるようになっている。ただし事業者側への端末登録は必要なのか、持参した端末にプリペイドSIMカードに入れてもすぐには電波をつかまないことが一般的だ。プリペイドSIMのパッケージ内に入っていた操作マニュアルにも「数回電源をON/OFFせよ」と記載してあるくらいだ。

 今回も、

  1. 電源を投入→しばらく待っても無反応(電波をつかまず)
  2. 端末再起動→しばらく待っても無反応(電波をつかまず)。ネットワークサーチして、KTを選択しても登録エラー
  3. 再び再起動→しばらく待っても無反応(電波をつかまず)。ネットワークサーチして、KTを選択すると登録が完了した

 ということで、2回再起動してネットワークサーチすると完了した。

photophoto すぐには電波をつかまず、一回ON/OFFして手動でネットワークサーチしてもKTを選択できず。もう一度ON/OFFしたところようやくつながった。SMSが到着し、データ通信のアイコンも出ているので通信できるはずだが……データが流れない
EG SIM プリペイドSIMカードのAPN設定
APN alwayson.ktfwing.com
ユーザー名 (なし)
パスワード (なし)

 ただ、まだデータ通信ができない。今回持ち込んだ香港購入版「GALAXY Note 3」ではAPN設定が自動登録されたのだが、こちらはEG SIMではなく、親回線KTのAPNだった。EG SIM利用においては、手動でAPNを設定しよう。

 APN設定すればこれでOKかと思いきや、一向にデータは流れず。はて、と適当な電話番号に音声通話で発信しても同じ韓国語のアナウンスが流れて(内容は理解できないが)発信できない。

 改めてEG SIMのMyページで、「特別注文の確認」→「Enter your Phone Number」より入手したプリペイドSIMカードの電話番号を入れてみたが、「この電話番号が登録はない」ようだ。

 つまり、受け取ったプリペイドSIMカードは筆者のものとして登録されていないようだ。現地で苦労するのがイヤだから渡航前に苦労してオンライン手続きしたというのに、現地でこの扱いはトホホである。どうなっているのだろう。

メールで開通を依頼、対応はとても迅速

 改めてSIMカードの登録を依頼しないとはじまらない。

 EG SIMのMyページ「顧客センター」→「Q&A」より問い合わせできるようが、IEでもChromeでも登録者名が入力できず、利用できなかった。そのためEvergreen Mobileの代表メール「egsim@egmobile.co.kr」宛てに直接英文で依頼した。メールの内容は箇条書きで簡潔に以下を送った。

Evergreen Mobile宛てに送ったSIMカード登録依頼のメール内容

Dear Sirs.
Model : (自分の端末名) 
IMEI : (端末のIMEI番号)
MAC address : (端末のMACアドレス)
Phone No. : (プリペイドSIMの電話番号)
I have received SIM card this morning at Incheon Airport. My order No. is (自分の注文番号).
But I can not make a call, and use data service.
So please activate my SIM card.


 正直、ここまでの段階で「もういいや」感。メールは送ったが、まー、無視されるだろうなと。

 ところが約10分後にスマートフォンへ何かSMSが到着、どうやらEvergreen Mobile社のほうで何か操作を行っているようである。メール送信20数分後、先方から「SIMの確認が終わったので再度トライしてほしい」との返信が来た。平日の朝9時過ぎのメールだったとはいえ、サポートはとても早いことに感心した。

 改めてEG SIMのMyページにログインすると、SIMは「受け取り済み」になっていた。つまりSIMの登録が完了したということなのだろう。ただ、スマートフォンで通信してもデータは流れてこない。音声発信も同様に不発。開通はしたが、これはなぜか。

 ……料金残高がないためだ。Myページで残高確認をしてみると「0ウォン」と表示され、確かに残高はない。注文時に選んだ「データ1Gバイト」というのは一体何なのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう