レビュー
» 2015年07月30日 15時34分 公開

激アツ構成で超冷える:暑い夏も楽勝で乗り切るダブル水冷マシン「NEXTGEAR i640」でゲームしようぜ (2/3)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

ロビンフェイスの機能性の高いケース

 PCケースは、NEXTGEARシリーズではおなじみの、個性的なフロントマスクを備えたミドルタワー型のPCケースを採用する。中世の騎士の仮面を連想させる大胆なフォルムに加えて、電源オン状態を示すLEDが仮面の内側から光る目のように見える演出が仕込まれている。

 このフロントマスクは着脱式になっており、外したまま使えるよう外した際に留め具部分を隠すキャップパーツも同梱されているので、よりシンプルなデザインを好むユーザーにも対応する。フロントマスクを外すと奥行きも最大73ミリほど短くなり、専有面積も減る。

 天面部手前に前面端子がまとめられており、ヘッドフォン出力、マイク入力と2基ずつのUSB 3.0とUSB 2.0のほか、10メディア対応マルチカードリーダー(SDXCメモリーカード、microSDXCメモリーカード、メモリースティックPro Duo、xDピクチャカードなどに対応)を標準で装備する。

 電源ユニットは、80PLUS Silverの500ワットモデルを標準で搭載している。BTOでは変換効率や出力容量の異なる5種類の選択肢が用意されており、850ワットの80PLUS Platinumモデルや1200ワットの80PLUS Goldモデルなども選べる。標準構成では500ワットでも不足ないが、将来的に大きな拡張したい場合にも対応できるのはありがたい。

フロントマスクは取り外して運用することも可能。フロントマスクの中にはダストフィルタでカバーされた前面ファンがある。フィルタもワンプッシュで着脱でき、メンテナンスは容易だ

端子類は、天面部手前にまとめられている。USB 3.0、USB 2.0、ヘッドフォン、マイク端子のほか、2つのスロットでSDメモリーカード(SDXC対応)、microSDメモリーカード(SDXC対応)、メモリースティックPro Duo、xDピクチャカードなどに対応する「10メディア対応マルチカードリーダー」を標準で装備する

ネジ2本外せばサイドカバーのみ外して内部にアクセスできる。冷却ファンは前面と背面に12センチファンを1基ずつ装備しており、背面ファンは水冷ラジエーターの冷却を兼ねている

電源ユニットは、500ワット(80PLUS Silver)を標準で搭載している。評価機では、FSP GROUP製の「FSP500-50ERN」という型番のモデルを搭載していた。出力仕様表によれば、+12V系は1系統で39A(468ワット)だ

拡張ベイは、5インチが2基、3.5インチが5基(オープンベイ×1、シャドウベイ×4)
マウスコンピューター/G-Tune

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
超コンパクトなスティック型PC「m-Stick MS-NH1」が人気沸騰! 4K対応IGZO液晶+GTX 970Mの快速ゲーミングノートも!!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう