Maker Faire Tokyo 2015で発想のままに好き放題工作したらこうなってしまったよい子もまねしてね(1/2 ページ)

» 2015年08月13日 16時41分 公開
[小林哲雄ITmedia]

前回リレーコンピューターを作った人、今回はLEDでコンピュータを

 Maker Faire Tokyo 2014で話題となった「リレーコンピューターの人」は、Maker Faire 2015で、新作の「スーパーLチカコンピューター」を展示した。これは、DTL(ダイオードトランジスタロジック)のダイオードをLEDにしたものだ。

 リレーを使ったコンピュータでは動作クロックをあまり高くできなかった(そのうえ、会期中にもリレーが破損した)が、今回は動作クロックが1kHz(ステップ実行あり)と速くなったことに加えて、LEDのおかげで各ロジックの状態が視覚的に分かようになった。ROMはディップスイッチを使っており、プログラムが動くボードになっている。MFT2015では円周率の演算デモを行っていた。

フルトランジスタ、フルリレーと来てLチカ。カタログを見て「Lチカってなに? 」と思ったら予想以上にビッカビカ

リレーと違って大幅に高速化してしまったので、LEDの点滅が速すぎるー!

ROM部分はリレーコンピュータと同様にディップスイッチを使っている

何を作ろうと自由! Maker Faierなら許される

 ここからは、Maker Faireらしく、自由な発想と本能をそのまま具現化すべく、のびのびと工作したら、こんなものができてしまった、というほかない、興味深い作品の数々を紹介していこう。

毎回どうしてこれだけネタを出せるのか不思議なGoogleの日本語入力。そのGoogle日本語入力 ピロピロバージョン

せっかくなので、ついでに実演してもらった

「すずえりとえみり」による食べられるブレッドボード………って、ブレッドの下にアルミ箔を引いてあるだけですかい! ブレッドどころか、クッキーやクラッカーでもOK

「Silrium」のUSBリレーキット(写真はオプションデカリレー付)。これを使えば静音キーボードもIBM A01に早変わり!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  5. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー