2TバイトSSDが10万円前後でデビュー! アキバでの評判は?古田雄介のアキバPickUp!(1/4 ページ)

» 2015年08月31日 15時17分 公開

「HDDの領域まで攻めていく草分けになるかも」――850 EVO 2Tバイトの評判

 先週のアキバで最も目立っていたのは、サムスンの2.5インチSATA SSD「850 EVO MZ-75E2T0B/IT」だ。コンシューマー向けSSDで最大容量となる2Tバイトの容量を有し、価格は10万円前後となる。

サムスン「850 EVO MZ-75E2T0B/IT」

 850 EVO MZ-75E2T0B/ITは、同社独自のMHXコントローラーと3D V-NAMDを採用しており、キャッシュ用に2GバイトのローパワーDDR3 SDRAMを積む。シーケンシャルリードは540Mバイト/秒、同ライトは520Mバイト/秒だ。

 入荷したショップの反応は軒並み上々だった。パソコンハウス東映は「同シリーズの1Tバイトモデルが約5万円なので、容量単価はほぼ同じです。最大容量を更新したモデルだからと跳ね上がったりしていないのは好感触ですね」と評価する。10万円のストレージながら週末までに数台売れたという声も複数聞かれ、売れ行きも順調な様子だ。

パソコンハウス東映のサムスンSSD価格表

 某ショップはこの割安さを戦略価格とみる。「SSDメーカー各社の動きや発言をみていると数年前からHDD市場を食おうという姿勢がみえるんですよね。今回の2TバイトモデルはHDDの売れ筋である大容量ラインに切り込んだ製品といえます。それを“普通の”値段で出してきたところに意図を感じます」。

 なお、BUY MORE秋葉原本店によると9月4日には上位シリーズ「850 PRO」の2TバイトSSDも売り出される。予価は13万円前後。同店ではすでに問い合わせを数件受けているという。

2TバイトSSDの登場を知らせるBUY MORE秋葉原本店のPOP

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月02日 更新
  1. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  2. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  3. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  4. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  5. NVIDIAの最新GPUをいち早く搭載! 「G-Tune DG」のGeForce RTX 4070 SUPERモデルを検証 (2024年02月29日)
  6. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  7. エレコムの充電器やキーボード、マウスが最大18.1%もお得に 3月5日まで (2024年03月01日)
  8. VALMOND、タッチスクリーンを内蔵したメカニカルキーボード「VisionBoard」 (2024年03月01日)
  9. TP-Link、Wi-Fi 6E接続に対応したUSB無線LANアダプター (2024年02月29日)
  10. デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に (2024年02月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー