指先から生まれる、陳腐化しない未来――漫画家・山田胡瓜×コンピュータ将棋開発者・山本一成(前編)「描く×作る」対談(3/3 ページ)

» 2015年10月25日 11時00分 公開
[杉本吏ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

一番描きたかったシーン

――胡瓜さんの漫画には、「バイナリ畑〜」でも、新連載の「AIの遺電子」でも、一貫してテクノロジーが背景にあると思うのですが、こうしたアイデアというのはどんな順番で出てくるのでしょう? 技術からストーリーを発想するのか、ストーリー上の要請で技術を用意するのか。

胡瓜 それは両方ですね。ストーリーを思いついてから、技術的なバックグラウンドを考えることもあるし、技術的な背景を考えている中で「こういう技術があると、こんなドラマがあり得るのでは?」となることもあります。漫画全体に関わる重要な設定は、一応いろいろと考えていますが、細かい仕様まで漫画の中で説明するかは……分かりません(笑)。

山本 あんまり具体的に描くと、陳腐化しちゃいますからね。

胡瓜 そうなんです。今の技術の感覚で描いちゃうと、将来、ずっと古いものになっちゃうので。「人類は投了しました」も、結局あれ、男の子はメガネ(HMD:ヘッドマウントディスプレイ)を付けて将棋をやってるじゃないですか。汎用AIが実現しているような未来で、あれが陳腐化してないかどうかというのは分かりませんね(笑)。

山本 もっと小さくなってたり。

胡瓜 あれ見ると、現在の技術を見まわしてる自分の感覚でそのまま描いてるな、って思います。

――とても良いと思ったのが、彼はHMDを付けていながら、手には扇子を握って戦っているんですよね。

胡瓜 そうそうそう。あれが描きたくて。何にもないところにこう(扇子を持って)やってるのを描きたくて。





山本 扇子ね、そっちはなかなか廃れなそうですね(笑)。

胡瓜 だいじょぶそうですよね(笑)。古いものはけっこう残るんで、むしろ作中にも描きやすいんですよね。

続きは後編

 後編では、胡瓜さんが「ペン画だけはアナログ」を選ぶ理由、山本さんが将棋AIの次に取り組みたいこと、お二人のモチベーションの源泉などについて伺います。お楽しみに。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  5. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー