メモリの値下がりは旧正月まで? DDR3/4の16GBキットが9000円切り!週末アキバ特価リポート(1/2 ページ)

» 2016年02月06日 12時05分 公開
[古田雄介ITmedia]

「旧正月明けまではこの傾向が続きそうです」――メモリの値下がりトレンド

 大容量HDDやSSDとともに、最近週末特価で注目されているのがメモリの16GBキットだ。パソコンハウス東映では、パトリオットのPC3-12800(DDR3-1600) 8GB×2枚キットが8980円、サムスンのPC4-17000(DDR4-2133) 16GB×1枚キットが1万2800円となっている。また、パソコンSHOPアークでは、クルーシャルのPC4-17000(DDR4-2133) 8GB×2枚キットが週末特価で8980円で買える。

パソコンハウス東映の特価メモリPOP

パソコンSHOPアークの週末特価POP。中央にクルーシャルのDDR4メモリ特価がある

 16GBキットの特価はDDR3/4ともに年初から1万円切りが見られ、じわじわと下がっている。その結果、8GB×2枚キットで9000円切りが複数みられるまでに至った。この傾向は旧正月明けまでは続くとの予想が多い。

 パソコンSHOPアークは「メモリの価格は需要と供給のバランスとメーカーの戦略などが絡んできますが、旧正月明けまでは新たな動きはなさそうです。工場の停止リスクなどは読めませんが、何もなければこのままいくでしょう」と話していた。

 値下がりの動きはメーカーや規格を問わず全般的に起こっているため、あらゆる構成のユーザーに増設のチャンスといえそうだ。BUY MORE秋葉原本店は「PC4-21300(DDR4-2666)などの高速モデルも大容量キットが特価になっていますし、枯れ気味のDDR3もけっこう足並みがそろっているので、とりあえずお使いのマシンの対応を調べているといいかもしれません」と話す。

BUY MORE秋葉原本店の週末特価POP。PC4-21600やPC4-19200メモリの特価も豊富だ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  3. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  4. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  5. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー