PC USER Pro

WindowsスマホはPC代わりになる? 「Continuum」をNuAns NEO/VAIO Phone Bizで試す戦いはまだ始まったばかり(2/3 ページ)

» 2016年03月03日 11時30分 公開
[君国泰将ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Continuumはまだまだ発展途上

 当たり前なのですが、ContinuumはあくまでもWindows 10 Mobileのアプリがデスクトップアプリのように使える機能です。見た目がPC用Windows 10っぽいからといって、これまでPCで使っていた既存のWin32アプリが動くわけではありません。

 また、Windowsスマホで動く全てのアプリがContinuumに対応しているわけではなく、非対応のアプリはスタートメニューでグレーアウトした状態になります。Continuumに対応するのは、Windows 10 Mobileで動作するWindows 10アプリと、ユニバーサルアプリと呼ばれるUWP(Universal Windows Platform)アプリです。

 現状では、EdgeブラウザやOfficeアプリ、Windows 10 Mobile標準アプリの多くでContinuumを利用できますが、サードパーティーのアプリで対応するものは非常に限られています。そのため、スマホをPCっぽく使えるContinuum機能の恩恵もかなり限定的です。

 Windows 10 Mobileはただでさえ、iOSやAndroidに比べてアプリの数が圧倒的に少ないため、このContinuumが強力な武器となるかどうかは、これから対応アプリがどれくらい出てくるのかにかかっています。理想としては、PC用Windows 10と同じアプリをスマホ用のUIで使えるというUWPアプリが増えていくと、PCもスマホもWindowsで統一したい、スマホをPC代わりにできる、といったメリットが出てくるでしょう。

Windowsストア Continuumで利用できるアプリは、Windows 10 Mobileで動作するWindows 10アプリとUWP(Universal Windows Platform)アプリです。対応アプリは、Windows 10 Mobileのストアからダウンロードすることもできます
マップの表示 マップの表示などは、さすがに大画面だととても見やすいです
Officeの表示 MicrosoftのOfficeアプリ(ExcelやWord、PowerPointなど)は、クラウドストレージのOneDriveと同期して利用できるので重宝します

 それから、Windows PCの特徴は複数ウィンドウを同時に表示して使えることですが、残念ながらContinuumではそれができません。アプリを1つ開くと全画面表示になるので、左右に違うアプリを並べることはできず、あくまでも切り替えて使うことになります。

 複数のアプリを一覧表示することはできるので、この機能をうまく利用してマルチタスクの作業をするほかありません。キーボードのAlt+Tabキーでタスクの切り替えは可能です。せっかくの大画面に表示するのだから、せめてマルチウィンドウに対応してくれれば生産性は一気に上がりそうだと思うのですが、惜しいところです。

アプリ切り替え アプリは全画面表示のみ。開いているアプリの切り替えや終了は可能です

 テキストの入力に関しては、やはりスマホ画面で入力するよりも、外付けディスプレイの大画面を見ながらハードウェアのキーボードを利用するほうがはるかに入力スピードが上がります。

 ただし、キーボード操作もマウス操作も、Windows PCを操作しているときとは違い、ほんの少しラグがあります。今回テストした限りでは、ちゃんと文章も入力できているので大きな問題はないと思いますが、いざ実用としてガンガン入力しようとすると、このちょっとのラグは気になってしまいそうです。

 また、快適に日本語変換しながら文字入力するという視点では、IMEがカスタマイズできず、Windows 10 Mobileそのままなところはマイナスポイントとなります。正直、使い勝手がよくないので、早々に改善してほしいところです。

ワイヤレスキーボードを接続 ScreenBeam Mini2 Contnuumに接続するケーブルのUSB端子には、キーボードやマウスを接続できます。ここにドングルをくっつければ、タッチパッド付きのワイヤレスキーボードなどを組み合わせることも可能です
ワイヤレスキーボードで操作 今回はタッチパッド付きのワイヤレスキーボードを接続して使ってみました。ただし、通信環境によっては干渉が発生して安定せず、有線でキーボードとマウスをつないだほうがいいようです

 一方、よくできているなと思えるのが、Windows 10 Mobile側はタッチパッドから画面を切り替えれば、いつも通りのスマホ操作もできるところです。

 Continuum機能を使っているときに電話がかかってきても、すぐに電話の応対ができたり、手元で電卓の計算ができたりと、まるで外付けディスプレイ側とスマホ内蔵ディスプレイ側で別々に動いているかのような使い方にも対応しています。これには感心しました。

スマホとして利用 Continuum利用時でも、スマホの操作はできます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー