「Oculus Rift」で極上体験ができるVRコンテンツ“3選”買って試して選んでみた(2/4 ページ)

» 2016年05月13日 06時00分 公開
[ドリキンITmedia]

おすすめVRコンテンツ(1) 「The Climb」

 大変お待たせしました。いよいよここからOculus Rift対応のVRコンテンツを紹介していきます。Oculus Riftを入手して以来、有償、無償のコンテンツ合わせて30本くらいのゲーム、アプリケーションを試してみましたが、今回はその中でも特におすすめのコンテンツ3つを選びました。

メニュー画面 起動直後のメニュー画面です。選びたいメニューに視点を合わせて選択するスタイルが、Oculus Riftのアプリケーションでは標準的なUI(ユーザーインタフェース)となっています

 最初に紹介したいのが、米国西海岸時間の4月28日にOculusストアで販売が開始されたばかりの新作ゲーム「The Climb」です。価格は49.99米ドル。

The Climb(1) おすすめ1本目は「The Climb」です

 内容はその名の通り、仮想世界でロッククライミングを体験できるゲームです。僕が試したコンテンツの中で、現状「これほどVRとの相性がよいコンテンツはない」というくらいよくできています。

 ゲーム内容は至ってシンプル。The Climbを起動して仮想世界に入ると自分の手だけが画面上に現れ、これをXbox Oneコントローラーを駆使して操作し、ロッククライミングするというものです。

The Climb(2) 仮想世界に自分の両手だけが現れます

 コントローラーのLとRのトリガーがそれぞれ左手と右手に対応していて、Lトリガーを握ると左手でつかみ、Rトリガーを握ると右手でつかみます。

 つかめる場所を見極めつつ、トリガーを操作して山を制覇していくのですが、片手だけがつかまっている状態では、体力がどんどん減っていきます。できるだけ両手で岩をつかんで体力を回復させつつ先に進む、というゲーム性も非常によくできてます。

 現実ではありえない、命綱なしの仮想世界でのロッククライミングは圧倒的な迫力です。Oculus Riftの持ち味を生かし、高所の恐怖を味わえるのはもちろん、360度見渡せる世界が絶景でゲームの魅力を高めています。

The Climb(3) 岩につかまりながら周囲を見渡します。このようにOculus Riftをかぶった状態で周囲を見渡すと、ゲーム世界の風景もそれに合わせて直ちに追従するわけです。背後には絶景が広がっていました

 実際のロッククライミングのように、手にはチョークを付けることもできます。チョークが有効な間は体力の減る速度が遅くなるので、定期的にチョークを付けながら進むことも攻略の重要なポイントです。

The Climb(4) 片手でつかまっていられる時間はチョークの有無で変わってくるので、まめにチョークを補給します

 うまくつかめる岩を見つけられず、モタモタして体力がなくなると、一気に落下してセーブポイントまで戻されます。

 仮想世界では命綱がないので、ワンミスで奈落の底です。このときの落ちる感覚は、まさに仮想世界ならではの臨場感で毎回ゾッとします。ホントに落ちたくない気持ちになるので、ゲームの緊張感が一層リアルになるのが、これまでのビデオゲーム体験と全く違うところです。

The Climb(5) 岩をつかみ損ねて落下したときの恐怖感はかなりリアルで、ゾッとします。本気で落ちたくないと思いながら、文字通り手に汗握ってプレイします

 どうしても手が届かない岩や木には、ジャンプしてつかむ必要があるのですが、このジャンプするときの緊張感もハンパじゃなく勇気が入ります。

The Climb(6) 命綱なしのジャンプはまさに命がけ。飛ぶ前に毎回気合を入れます

 The Climbは、現状のOculus Riftにつきまとう制約の中で、非常にうまくゲーム性を実現していて、かなり中毒性が高いVRコンテンツです。

 このゲームはCrytekというメーカーが開発しているのですが、ここは実はCryENGINEというゲームエンジンを開発していて、The Climbも同エンジンを用いたゲームとなっています。VR対応のゲームエンジンはUnreal Engineが一番有名ですが、自社製のゲームエンジンをうまく活用したゲームを自らリリースすることで、開発者に向けたCryENGINEのアピールにもなるという意味でも、評価が高いです。

 実際、原稿執筆時(現地時間5月8日)にOculusストアでの売り上げが1位でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー