レビュー
» 2016年09月30日 00時00分 公開

GTX 1080とi7-6700Kを静音冷却:真に快適なゲームマシンとは? その答えは「ダブル水冷」かもしれない (3/4)

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]

ハイエンドゲームマシンとして文句のない性能

 それでは各種ベンチマークテストでダブル水冷モデルの性能をチェックしよう。評価機の構成は、CPUがCore i7-6700K(4.0GHz/最大4.2GHz)、メモリが16GB(PC4-17000 8GB×2)、グラフィックスカードがGeForce GTX 1080(8GB)、メインデータストレージが240GB SSD、OSが64bit版Windows 10 Homeだ。高性能なモデルということで、テストは4K解像度(3840×2160ピクセル)のリッチな環境で行った。

デバイスマネージャ1デバイスマネージャ2デバイスマネージャ3 評価機のデバイスマネージャ画面

 CINEBENCH R15のスコアは、CPUで880cb、CPU(シングルコア)で179cbと、Core i7-6700K搭載機として妥当なスコアだ。ハイスペックなCPUのパフォーマンスをしっかり引き出せている。

CB CINEBENCH R15のスコア

 ストレージの性能は、CrystalDiskMark 5で測定した。Serial ATA 6Gbps対応のSSDとしては標準的なスコアだろう。さらに上を目指すならば、PCI Express/NVMe対応のSamsung SM951という選択肢もある。

CDM CrystalDiskMark 5のスコア

 PCで行う一般的な作業をシミュレートする内容のPCMark 8はハイエンドマシンとして申し分ないスコアだった。このテストには高解像度になるほど不利な内容も含まれているが、そうした不利も感じさせない。オフィス、ゲーム、クリエイティブ、どんな用途も快適にこなせる。

PCM8_1 PCMark 8/Homeのスコア
PCM8_2 PCMark 8/Workのスコア
PCM8_3 PCMark 8/Creativeのスコア

 3D描画性能も当然優秀だ。ハイエンドゲームマシン向けのテストである3DMark/FireStrikeでは17000を超えるスコアをマークした。4K解像度を想定したFireStrike Ultra、DirectX 12対応テストのTimeSpy、いずれのスコアも優秀だ。

3DMark_1 3DMarkのスコア
3DMark_2 3DMark/FireStrike Ultraのスコア
3DMark_3 3DMark/TimeSpyのスコア

 FINAL FANTASY XIV:蒼天のイシュガルドベンチマークでは4K解像度(3840×2160ドットフルスクリーン)の最高品質(DirectX11モード)でも「非常に快適」評価のスコアだった。

FF FINAL FANTASY XIV:蒼天のイシュガルドベンチマークのスコア
マウスコンピューター/G-Tune

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう