ニュース
» 2016年12月27日 00時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:一般向け2.5インチSSDで初の4TBモデル! 税込み20万円で登場 (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

スリムドライブ環境が「需要よりも早め」に終息の流れか

 変わり種に注目を集めていたのは、シルバーストーンの12.7mm厚スリムドライブベイ用のインタフェースユニット「FPS-01」と「FPS01-C」だ。税込み価格は順に8000円強と8500円前後。

 FPS-01はUSB 3.0ポート2基とSD/microSDカードスロット1基、内蔵用M.2(SATA接続)スロット1基を備えており、FPS01-CはUSB 3.0ポートがType-Cの1基のみになっている。

 TSUKUMO eX.は「ノートPCにしろ小型ケースにしろ、スリムドライブベイを余らせている人はけっこういるので、いい所ついてきたなと思いました。単にインタフェースを増やすだけでなく、M.2 SSDが使えるのもいいですよね」と評価する。

シルバーストーン「FPS-01」と「FPS01-C」

 一方で、スリムドライブが使える環境が急速に減っているとの声もある。同店は「最近はmini-ITXケースでもスリムドライブベイがないタイプが増えています。スリムドライブ自体も12.7mm厚のものはもう作っていないんじゃないかと思いますね。9.5mm厚のものも少ないです。まあ、需要自体減ってきているのは確かですが、それ以上のペースで環境が閉じていく感触もありますね」と話していた。

TSUKUMO eX.のスリムドライブ売り場。12.7mm厚の在庫は特に薄い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう