ニュース
» 2016年12月27日 00時00分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:一般向け2.5インチSSDで初の4TBモデル! 税込み20万円で登場 (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

3000円台前半で買えるUSB 3.1インタフェースカードが出回る

 USB 3.1が使えるインタフェースカードの新製品も登場している。複数の店舗で話題になっていたのは、アオテックの「AOK-USB-A1C1」。PCIe x1接続のカードで、USB 3.1接続の端子を2基(Type-AとCが各1基)を搭載している。税込み価格は3200円前後から3500円前後だ。

 オリオスペックは「ちょっとUSB 3.1だけ導入しようかと考えたとき、3000円ちょっとというのはかなり値頃ですよね。私も狙っています」とプッシュしていた。

 同社からはほかにも、4基の外部USB 3.0ポートを備える「AOK-USB3-4P」(同2600円強)や外部USB 3.0ポート2基の「AOK-USB3-2PG2」(同2000円台前半)、USB 3.0外部2基と内部2基の「AOK-USB3-2P」(同2000円台前半)などが投入されている。

アオテック「AOK-USB-A1C1」と、登場したUSB 3.0インタフェースカード

 また、オリオスペックにはiFI-Audioのサウンド系アクセサリ「iEMatch」も入荷していた。ヘッドフォンとアンプにかませるアダプタで、ヒスノイズを低減してダイナミックレンジを改善する効果がある。税込み価格は7400円前後だ。

iFI-Audio「iEMatch」

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう