ニュース
» 2017年01月02日 06時00分 公開

iPhoneに続いてPCの音声端子もなくなる? 知っておきたい2017年の注目技術 (3/4)

[鈴木雅暢,ITmedia]

HDMIもUSB Type-Cで転送可能に、省電力のUSBディスプレイ規格も

 USB Type-Cに関するディスプレイ出力の仕様についても触れておこう。USB Type-Cには「Alternate Mode(Alt Mode)」といって、USB Type-CでUSB以外の信号線を流す仕様が用意されている。それを利用する規格としては、Thunderbolt 3のほか、「DP over USB-C(DP Alt Mode)」と「MHL Alt Mode」があるが、2016年には「HDMI Alt Mode」が加わった。

 このHDMI Alt Modeでは、オーディオリターンチャンネル(ARC)や機器制御(CEC)なども含め、HDMI 1.4bの仕様をUSB Type-Cで全て実現できるという。ただ、最新のHDMI 2.0bに関しては何も言及してされていない。

HDMI Alt Mode 「HDMI Alt Mode」では、オーディオリターンチャンネル(ARC)や機器制御(CEC)なども含め、HDMI 1.4bの仕様を全てUSB Type-Cで再現できる

 さらに、USB IFでは「USB Display Class」というUSBネイティブのディスプレイ出力仕様が策定中だ。出力のみで複数のディスプレイ対応、ブート利用ができ、コンテンツ保護対応、USBハブ経由で運用可能という特徴のほか、部分更新や圧縮技術、リモートフレームバッファといった仕様をサポートする内容で、ドッキングステーションなどの用途が想定され、省電力である点が強調されている。

USB Display Class 1 「USB Display Class」というUSBネイティブのディスプレイ出力仕様も策定中だ
USB Display Class 2 USB Display Classは、部分更新や圧縮技術、リモートフレームバッファといった仕様をサポートする内容で、ドッキングステーションなどの用途が想定され、省電力である点が強調されている

有機ELのさらなる活用に期待

 ディスプレイまわりについては、有機EL(OLED)のPCおよび2in1への採用も期待したいところだ。

 液晶をバックライトのシャッターとして利用する液晶ディスプレイに対し、有機ELディスプレイは有機物の発光体を蒸着した基板自体が発光するため、薄型軽量化がしやすいだけでなく、省電力で輝度やコントラスト、視野角、応答速度など画質面で大きな優位があり、曲面にしやすいという特徴もある。反面、デメリットとしては、高コストで液晶ディスプレイに比べると寿命が短いなどの点がが挙げられる。

 2016年販売の2in1ノート「ThinkPad X1 Yoga」に有機ELディスプレイの採用モデルがあるが、あくまで液晶ディスプレイモデルがベースの設計に搭載してみたといった印象だ。販売数も少なく、試験的な意味合いが強かったように思う。また、メインのディスプレイではないが、新MacBook Proの「Touch Bar」にも有機ELが使われている。

ThinkPad X1 Yoga 有機ELディスプレイを採用した14型の2in1ノート「ThinkPad X1 Yoga」

 今後、有機ELディスプレイに最適化した設計をすれば、画質面以外でもより強烈なインパクトのあるノートPCや2in1の製品が期待できるはずだ。

 もっとも、コストを考えると比較的画面が小さいスマートフォン(Samsungの「Galaxy S7 edge」などに採用されている)で、よりアグレッシブな製品に期待するほうが現実的かもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう