ニュース
» 2017年12月11日 17時48分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:年末モンスターの系譜! 世界最高速のGTX 1080Tiカード「九段」がデビュー (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

税込み1万5000円以下で買える10ギガLANカード「XG-C100C」がデビュー

 ASUSTeKからはネットワーク関連でも目立つ新製品が登場している。PCIe x4接続の10GBASE-T対応ネットワークカード「XG-C100C」で、価格は税込み1万5000円弱となる。

 入荷したオリオスペックは「この価格で10GbEが使えるというのはかなり画期的です。メーカーも信頼性の高いASUSTeKですし、コンシューマーに広がりを見せるんじゃないかと期待しています」という。

ASUSTeK「XG-C100C」

 同店では、XG-C100Cと国内未発売の10GbE対応スイッチングハブ「XG-U2008」、SAMSUNG「960 PRO」搭載のQNAP製のNASキットを組み合わせたデモを実施している。テストのたびにブレが大きく出るものの、シーケンシャルリードで500〜800MB/sの値が出ており、「トータルコストを考えたらかなり優秀なスコアだと思います」と評価されていた。

 なお、「XG-U2008」も今後取り扱いを検討しているという。今のところは3万円前後で考えているそうだ。

ベンチマーク結果

国内未発売のASUSTeK「XG-U2008」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう