ニュース
» 2018年04月23日 16時43分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:第2世代Ryzenが好調発進! 4万円強の2700Xがアキバで一番人気 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

初回は11種類――X470マザーが4メーカーから一斉発売

 第2世代Ryzenとともに、新チップセット「X470」を搭載したマザーボードも登場。ASUSTeKやASRock、GIGABYTE、MSIから合計11モデルが売り場に並んでいる。いずれもATXタイプで、税込み価格は3万5000円弱から1万8500円前後だ。

パソコンSHOPアークの新製品コーナーに並ぶX470マザー

 X470はX370の後継チップセットで、基本的な機能を踏襲しつつ、第2世代Ryzenの自動オーバークロック機能「XFR2」が使えるようになった他、今後のアップデートにより、負荷のかかっているコア数によってクロックを微調整する「Precision Boost 2」機能も有効になるとされる。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「他にも、自己責任ながらメモリが最大でDDR4-2933まで設定できたりと見どころはありますね」と評価する。

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店が自主制作したチップセット機能比較表

 現状、多くのショップで人気モデルに挙げられているのはASRockの「X470 Taichi」(税込み3万2000円強)だが、品薄傾向が高まっており、売り切れたショップでは売れ筋が分散しているとか。また、“待ち”の空気が漂っていると指摘する声もいくつかあった。

 パソコンSHOPアークは「よりハイグレードなモデルを待っている人もいますが、micro-ATXやmini-ITXなどの小型モデルも期待されているんじゃないかと思いますね」と分析する。

 ただし、こんな声も。「X470のmicro-ATXマザーを準備しているって情報がどこのメーカーからも入ってきません。mini-ITXは大型連休明けに出そうですが、ひょっとしたら大小の二択になるかも」(某ショップ)。

税込み2万円前後で買える同社の「X470 Master SLI」をネクストブレイクに推す声もあった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう