ニュース
» 2018年08月30日 13時00分 公開

エコタンク搭載モデルにホワイトが登場 エプソンプリンタ11機種16モデル

ボトル式インクを採用したエコタンク搭載モデルにホワイトカラーの新モデルが登場。カラリオシリーズも刷新した。

[ITmedia]

 エプソンは8月30日、インクジェットプリンタの新製品として11機種16モデルを発表、9月13日より順次発売する。今後1年間の販売目標台数は約200万台。

年末商戦向けにインクジェットプリンタ新製品11機種を投入

 2018年秋のラインアップは、「エコタンク搭載モデル」や「カラリオ」シリーズを中心に、(用途に合わせて)「選べるプリンタ」をアピールする。個別に見ると、エコタンク搭載モデルは、要望が多かった白モデルを投入するとともに、コンシューマー領域とビジネス領域の中間を埋める「EW-M630T」を新たに追加。この他、モノクロレーザーからの置き換えを狙う「PX-S170T/UT」と、コンパクトA3ノビ対応の「PX-S5010」が登場した。一方のカラリオは、デザインを刷新しつつ、スマートフォンとの連携機能を強化している。

白モデルを追加し、ラインアップを拡充

 エコタンク搭載モデルのトピックは、既存の「EW-M770TW」「EW-M670FTW」「EW-M571TW」にホワイトモデルを追加したのがまず1つ。海外で先行展開してきたエコタンクはもともとコスト面を最重視したモデルだったが、国内投入後、世代を重ねることに洗練され、今回国内市場で要望が多かった白モデルを加えた。

エコタンク搭載モデルの新ラインアップ。ホワイトモデルが追加された

 家庭のインテリアと調和しやすいだけでなく、クリニックの受付をはじめ、白基調の製品が好まれる特定業務でもマッチしやすいカラーリングだ。また、ミドルレンジクラスの「EW-M630TW(ホワイト)/TB(ブラック)」を投入し、エコタンク搭載モデルのラインアップをさらに拡大している。

エコタンクのラインアップに加わった新モデル「EW-M630TW」
エコタンク搭載モデルの販売台数はワールドワイドで3000万台超と成長中。ただし、国内でのシェアはインクジェット市場全体で5%ほどにとどまっており、さらに拡大していきたい考え

 この他、エコタンク搭載モデルにモノクロ機の「PX-S170T/UT」を加えたのも目を引く。プリントコストを約0.4円に抑え、モノクロレーザーからビジネスインクジェットへの置き換えを狙う戦略的製品だ。なお、インクは他のエコタンク搭載モデルと同じブラック(YAD-BK)を利用できる。

PX-S170T/UT
インクタンクとプリントヘッドを一体化した斬新な構造で、コンパクトなボディーサイズを実現した
この他、ビジネスインクジェットの新モデルとして「PX-S5010」も登場。A3ノビ対応ながら、旧機種比で横幅を140mmも縮めた約476mm(幅)×159mm(高さ)のコンパクトボディーが特徴だ

 予想実売価格は、EW-M770TWが5万円台後半、EW-M670FTWが5万円台中盤、EW-M630TWが4万円台前半、EW-M571TWが3万円台中盤、PX-S170T/UTが2万円台前半、PX-S5010が2万円台後半。

 一方、カラリオはハードウェア面を旧モデルからほぼ引き継ぐ「EP-881A」「EP-811A」「EP-711A」を投入。カラーバリエーションとして用意されているブラックとレッドのモデルが新デザインに変わっている。具体的には、旧機種でマット仕上げだった塗装が、よりつややかな光沢仕上げに変更された。

カラリオはブラックとレッドが新デザインに刷新
マット仕上げ(旧モデル)と光沢仕上げ(新モデル)の違い

 また、スマートフォンとの連携機能が強化され、プリンタ側に表示されたQRコードをカメラで撮影すると自動的にプリンタとの接続が確立され(iPhoneの場合。AndroidはQRコードの読み込みなしで自動的に設定が完了する)、手軽にスマホからの印刷が行えるようになった。

iPhoneのカメラでQRコードを読み込むと自動的にプリンタとiPhoneの接続設定が行われ、iPhoneから手軽に印刷できる

 予想実売価格は、EP-881Aが3万円台前半、EP-811Aが2万円台中盤、EP-711Aが1万円台後半になる見込み。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう