ニュース
» 2019年01月29日 14時41分 公開

Surface Go LTEの一般向けモデル発売 Office付きで税別9万800円

日本マイクロソフトが一般消費者向けの「Surface Go LTE Advanced対応SIMフリーモデル」を発売。Office Home&Business 2019を付属する。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは、一般消費者向けの「Surface Go LTE Advanced対応SIMフリーモデル」を1月29日に発売した。価格は税別9万800円。

 Surface Goは10型(1800×1200ピクセル)液晶ディスプレイを搭載する2in1 PCで、本体サイズが245(幅)×175(奥行き)×8.3mm、重量は約532g(LTE-Advanced対応モデル、タイプ カバー含まず)と、Surfaceシリーズの中でも持ち運びを重視した製品。

 2018年11月には法人向けにLTE-Advanced対応モデルが8万4800円(税別)で登場していたが、今回発売された一般消費者向けモデルはOffice Home& Business 2019を付属して9万800円(税別)となっている。

 第7世代Pentium Gold 4415Y(1.6GHz、2コア・4スレッド)、8GBメモリ、128GB SSDを搭載。ネットワーク機能として、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth 4.1、4G LTE Advanced対応のNano SIMスロット(バンドは1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、19、20、25、26、28、29、30、38、39、40、41)を備える。バッテリー駆動時間は約8.5時間。

 なお、先日発表されたSurface HeadphonesおよびSurface Studio 2も同日発売している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう