プロナビ
ニュース
» 2019年04月10日 09時00分 公開

ついにチルトアップデザインを採用:新型「VAIO S15」が登場 6コア12スレッドのCPUに4K液晶やUHD BD対応 (1/2)

VAIOの15.6型液晶ディスプレイ搭載モデル「VAIO S15」がフルモデルチェンジを果たした。発売は4月19日からで、既に受注は始まっている。

[田中宏昌,ITmedia]

 VAIOは4月10日、15.6型ノートPCの個人向け「VAIO S15」と法人向け「VAIO Pro PH」を発表した。同日より受注を開始し、4月19日に発売する。仕様のカスタマイズが可能な直販モデルの市場想定価格は、VAIO S15が11万9800円から、VAIO Pro PHは12万2800円からで、全国量販店向けの仕様が固定の標準仕様モデルは22万9800円からとなっている(いずれも税別)。

VAIO S15 フルモデルチェンジした新型「VAIO S15」。見た目はVAIO S11やS13をそのまま大きくしたようなデザインだ。ボディーカラーはブラックとシルバーの2色を用意する

6コア12スレッドのCPU、4K液晶やUHD BDにも対応

 今回登場した新型VAIO S15は、15型クラスのスタンダードノートPCでは初のフルモデルチェンジとなり、ボディーデザインを含めて大幅なスペックアップを実現した。特にボディーはVAIO S11やS13と同様、液晶ディスプレイを開くとキーボード部分がチルトアップして手首への負担を軽減するヒンジ機構が導入された。

 またキーボードベゼルとパームレストを一体化し、アルミニウムの1枚板で実現したフラットアルミパームレストの採用により、見た目の美しさとボディーの剛性アップを両立している。キーピッチはテンキー部分が約16mm、その他が約19mmで、キーストロークは約1.5mmだ。また、2ボタンを備えたタッチパッドも大型化され、従来機から約25%も面積が拡大した。

VAIO S15 フラットアルミパームレストの採用で重量は増加したが、他の部分を削減することで全体の重量は前モデルより250gほど軽くなっている。写真はブラックモデルだ
VAIO S15 指紋認証センサーの有無も選択可能になった

 同社では新モデルの開発にあたり、従来機のユーザーにアンケート調査を実施したという。そこから見えてきた、GPUよりもCPUパワーを重視するハイパフォーマンスの追求、光学ドライブの継続採用、家の中での持ち運んでの利用(家中モバイル)といった要素を新型VAIO S15に盛り込んだ。

 具体的には、CPUにIntelの第8世代Core i7-8750H(6コア12スレッド、2.2GHz〜4.1GHz)かCore i5-8300H(4コア8スレッド、2.3GHz〜4.0GHz)が用意され、メモリも4GB〜32GB(PC4-21300)まで選べるようになった。同社によれば、CPU性能は従来モデルから1.5倍も向上しているとのことだ。

 グラフィックス機能はCPU内蔵のIntel UHD Graphics 630だが、本機からTunderbolt 3をサポートしており、別途外付けGPU Boxを接続することで描画性能を高めることができる。

VAIO S15 Thunderbolt 3は左側面の手前側に配置されている

 非光沢の液晶ディスプレイは15.6型になり(前モデルは15.5型)、画面解像度も3840×2160ピクセル、1920×1080ピクセル、1366×768ピクセルと選択肢が増えている。視野角は上下および左右ともに170度だ。

VAIO S15 3840×2160ピクセル表示の4K液晶ディスプレイも選択できる

 ストレージや光学ドライブの豊富なバリエーションは継承されており、後者にはDVDスーパーマルチドライブに加え、新たにUltra HD Blu-rayディスク対応のBDドライブが用意された。

 ストレージも、第3世代ハイスピードSSD(NVMe)は1TB、512GB、256GBから、SATA SSDは256GB、128GBから、HDDは1TB(ハイブリッドHDD)、1TB、500GBから選択でき、SSDとHDDのデュアルドライブ構成も実現可能だ。

 インタフェースは、前述のThunderbolt 3を除けば従来機と変わらない。HDMIやD-Sub 15ピンといった外部映像出力端子、SDXC対応のSDメモリーカードスロット、有線LAN、3基のUSB 3.0(Type-A、うち1つは給電機能付き)を側面に並べている。無線LANはIEEE802.11a、b、g、n、ac(MU-MIMO対応)に準拠し、Bluetooth 4.1をサポートする。

VAIO S15 左側面に有線LAN、D-Sub 15ピンのアナログRGB出力、HDMI、USB 3.0、Tunderbolt 3端子が並ぶ
VAIO S15 右側面に2基のUSB 3.0、光学ドライブ(DVDスーパーマルチドライブかUHD BD対応Blu-rayドライブ)が配置される

 ボディーサイズは361.4(幅)×254.3(奥行き)×22〜26(厚さ)mmと、前モデルから底面積がコンパクトになった。重量も約2.25kgと約250gの軽量化を果たしている。バッテリー容量は40Whで、バッテリー駆動時間は約4.5〜8時間だ。

VAIO S15 ACアダプターも新タイプ(名称は19.5V ACアダプター)に変更された。単体価格は6980円(税別)だ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう