ニュース
» 2019年05月29日 07時00分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2019:AMDが次世代GPU「Radeon RX 5000」ファミリーを7月投入 (1/2)

AMDが、台湾国際会議中心で次世代GPUや第3世代Ryzenプロセッサなどの製品群を紹介した。ここでは「NAVI」の開発コード名で開発された次世代GPUについて見ていく。

[本間文,ITmedia]

 5月27日、台湾国際会議中心において「COMPUTEX TAIPEI 2019」のオープニングイベントとなる「COMPUTEX International Press Conference & CEO Keynote」が開かれた。そこでAMDのリサ・スー社長兼CEOが登壇し、次世代グラフィックスチップを紹介した。

20億人のゲーマーに応える次世代GPU「NAVI」

 スー氏は、同社のRadeonグラフィックスがPCやWindowsノートPCのみならず、Apple製品、ゲームコンソール、そしてGoogleが2019年3月に発表したクラウドゲーミングプラットフォームにも採用されるなど、幅広く市場に浸透しているとアピールした。

 既に同社は、現行のVEGA GPUアーキテクチャでRadeon INSITINCT MI60とRadeon VIIで7nmプロセス技術を採用した製品を投入しているが、20億人のゲーマーの要望に応えるべく、グラフィックスのさらなる強化を図るとした。

AMD Ryzen 3 RadeonはPCのみならず、コンソールやクラウドゲーミングプラットフォームにも浸透している

 新しいGPUアーキテクチャを採用するNAVIは、ソニーが次世代プレイステーションにおいて、NAVIベースのGPUとZen 2コアを採用したCPUのカスタムチップを搭載することを明らかにしているように、特にゲーミングに特化した製品になると説明。その単体グラフィックス成因となるNAVIは、下記のような特徴を持つ。

  • RDNAアーキテクチャ
  • より高速なクロックスピードと省電力性
  • 世界初のPCI Express 4.0対応

 現行のGCNアーキテクチャから一新されるRDNAアーキテクチャは、GPU演算の核となるCOMPUTE UNITの設計を一新して電力効率とIPCを向上させる。また、マルチレベルキャッシュ階層の採用により、レイテンシの低減、高帯域と省電力性の実現を図る。加えて、グラフィックスパイプラインの見直しにより、より高クロックで動作できるようにするとともに、クロックあたりのパフォーマンスも引き上げる。

 これにより、NAVIではゲーム性能を大幅に引き上げられ、VEGAの現行GCNアーキテクチャに比べ、クロックあたりのパフォーマンスは1.25倍、消費電力あたりのパフォーマンスは1.5倍の向上を果たす。そして、このNAVIベースのGPUがRadeon RX 5000ファミリーとして市場に投入される。

AMD Ryzen 3 Radeon INSITINCT MI60とRadeon VIIで7nmプロセス技術を採用した製品を投入
AMD Ryzen 3 NAVIはゲーミングに特化した製品へ
AMD Ryzen 3 次世代プレイステーションでは、NAVIベースのGPUとZen 2コアを備えたCPUを採用したカスタムチップを搭載する
AMD Ryzen 3 NAVIの特徴
AMD Ryzen 3 RDNAの特徴
AMD Ryzen 3 現行のGCNアーキテクチャに比べ、クロックあたりのパフォーマンスは1.25倍、消費電力あたりのパフォーマンスは1.5倍の向上を果たす
AMD Ryzen 3 NAVIの単体GPUは、Radeon RX 5000ファミリーと名付けられた
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう