ニュース
» 2020年04月09日 15時58分 公開

最大36型ディスプレイにまで対応したガススプリング式ディスプレイアーム

ディラックは、台湾SilverStone Technology製のディスプレイアーム2製品「ARM12」「ARM21」の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 ディラックは4月9日、台湾SilverStone Technology製のディスプレイアーム2製品「ARM12」「ARM21」の取り扱いを発表、販売を開始した。価格はARM12が1万800円、ARM21が1万5980円(ともに税別)。

photophoto ARM12(左)、ARM21(右)

 VESAマウント(75mm/100mm)に対応した汎用ディスプレイスタンドで、ARM21は最大36型(重量12kg)のディスプレイ×1基、ARM21は最大32型(重量9kg)のディスプレイ×2基の装着が可能だ。

 スムーズにディスプレイの位置や角度を変更できるガススプリング式を採用、ピボット(回転)にも対応している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう