ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディスプレイアーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディスプレイアーム」に関する情報が集まったページです。

PR:ビジネス用途に“ちょうどいい”23.8型と21.5型の液晶ディスプレイをデュアルで使って生産性を高めよう!
業務の効率化や生産性能向上といった働き方改革の中で、注目を集めているのが液晶ディスプレイだ。ノートPCに追加する外付けディスプレイとして、デスクトップPCでは手頃なデュアルディスプレイを実現する存在として欠かせないデバイスだ。そういった用途に最適なモデルを紹介しよう。(2019/11/27)

アイ・オー、プロゲーマー推奨モードも選べる240Hz対応24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB/A」など2製品を発表した。(2019/11/13)

モバイル液晶ディスプレイの道:
実売2万円前後とお得な日本エイサーの15.6型モバイル液晶ディスプレイ「PM161Qbu」を試す
作業効率を高めるデバイスとして、じわじわと注目を集めているモバイル液晶ディスプレイ。USB Type-C対応ながら、約2万円前後の手頃な日本エイサーの15.6型モバイルディスプレイ「PM161Qbu」を試した。(2019/11/6)

あふれる近未来感 オールイン型のゲーミングチェア「Predator Thronos」販売開始
ヨドバシカメラでは税込み349万8000円で販売中です。(2019/10/15)

サンワ、3画面構成に対応したディスプレイアーム
サンワサプライは、トリプルディスプレイ構成に対応したディスプレイアーム「100-LA057」の取り扱いを開始した。(2019/10/2)

PR:日本HPの多機能液晶ディスプレイ「E243d」は総務部の救世主だ!――テストで分かったお勧めの理由
日本HPの“ドッキングモニター”こと「HP EliteDisplay 23.8型ワイドドッキングモニター E243d」は、接続するPCを選ばない高い柔軟性と、最新の機能を備えた注目の1台だ。そのうたい文句は本当なのか、試してみた。(2019/9/24)

PR:イケてるオフィスはどう作る? 生産性を上げる最新オフィス事情
働き方改革が進むなか、オフィスデザインそのものを再考する「オフィス改革」に取り組む企業が増えている。オフィス家具メーカー、産業医、IT機器メーカー、それぞれの立場から見た“ワークスペース”のトレンドを聞いた。(2019/9/19)

ワコムの液タブの“ど真ん中”:
液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq」に21.5型モデル登場 スタンド付属で約12万円(税込)
ワコムのエントリー向け液晶タブレットに21.5型モデルが登場。先行して発売された15.6型モデルと同様に学生や絵描きを趣味とする人をメインターゲットに据え、15.6型モデルではオプションだったスタンドを付属して利便性を向上した。(2019/7/18)

PR:他に類を見ないドッキングモニター「E243d」で生産性を劇的に改善しよう!
働き方改革によってノートPCの導入が進んでいるが、やはり小さい画面だけでは作業効率が上がらない。生産性アップをスマートにこなす特効薬となるのが、日本HPの液晶ディスプレイ「E243d」だ。そのユニークな機能をチェックした。(2019/7/17)

週末アキバ特価レポート:
4連ディスプレイアームも256GB microSDXCカードも5000円台
PayPayフィーバー終了によって引いた潮もあるが、年末に突入する週末のアキバ自作街は目玉アイテムが目白押し。ディスプレイアームなど特価対象としてレアな製品も安く入手できる。(2018/12/15)

サンワ、20kgまでのディスプレイに対応する多関節ディスプレイアーム
サンワサプライは、水平方向への自由移動が可能な多関節ディスプレイアーム2製品の販売を開始した。(2018/12/10)

“PayPay祭り”で、わたしが得たものと失ったもの
「PayPay」で決済すると20%還元が受けられるキャンペーンが話題だ。早速、PayPayを使ってiPadを買った筆者。得たものと失ったものとは?(2018/12/7)

PR:画面が宙に浮いている!? ベゼル幅わずか1.8mmの23.8型ディスプレイ「241E9/11」
超狭額縁ディスプレイを採用したフィリップスの「241E9/11」は、まるで画面が宙に浮いているかのようなディスプレイだ。そのクールなデザインはマルチディスプレイ環境にぴったり。(2018/11/15)

サンワ、手軽にディスプレイの位置を調節できるガス圧式ディスプレイアーム
サンワサプライは、ガス圧式ディスプレイアーム「100-LA050」の販売を開始した。(2018/10/29)

フルHDの4画面環境を1枚だけ4Kに替えて分かったこと
仕事場で使っている4枚のフルHD液晶のうち、右上の一枚が壊れた。普通に交換するのはつまらないから、ちょっと4K液晶を導入してみることに。それから馴染むまでの1カ月半を振り返る。(2018/7/19)

テックウインド、“高品位なマウンティング”を実現する多関節式ディスプレイアーム
テックウインドは、多関節式ディスプレイアーム「DSA01」「DDA01」の販売を開始した。(2018/4/18)

Samsung Medison H40:
Samsung製の超小型超音波診断装置、日立が販売とサポート
日立製作所は、韓国Samsung Medison(サムスン)と、同社のコンパクトモデル超音波診断装置「HS40」の日本国内での販売について合意した。2017年10月から販売を開始し、製品のサポートも一貫して日立が行う。(2017/11/2)

医療機器ニュース:
コンパクトモデルの超音波診断装置を日本国内で販売開始
日立製作所は、韓国Samsung Medison(サムスン)と、同社のコンパクトモデル超音波診断装置「HS40」の日本国内での販売について合意した。2017年10月5日から販売を開始し、製品のサポートも一貫して日立が行う。(2017/10/18)

サンワ、ディスプレイを縦2面設置できるディスプレイアーム
サンワサプライは、縦2面構成のデュアルディスプレイ環境を構築できるディスプレイアーム「CR-LA1303W」を発売した。(2017/10/16)

27型ディスプレイ×2面の設置もできるデュアル液晶アーム
ドスパラは、クランプ式/グロメット式固定に対応したデュアルディスプレイアーム「DN-915010」の取り扱いを開始した。(2017/9/21)

冷蔵庫にもくっつけられる4Wayタブレットホルダー
ドスパラは、マグネット設置など計4タイプの設置方式に対応したタブレット端末用ホルダー「DN-914676」の取り扱いを開始した。(2017/7/3)

上海問屋、ラクに位置調整ができるガススプリング式デュアルディスプレイアーム
ドスパラは、ガススプリング式アームを2基備えたデュアルディスプレイアーム「DN-914753」の取り扱いを開始した。(2017/5/19)

外出先でも自宅のマルチディスプレイ環境を再現したい! 15.6型のIPS液晶搭載「On-Lap 1503I」を試す
GeChicの「On-Lap 1503I」は、ノートPCと組み合わせてマルチディスプレイ環境の構築に適した15.6型モバイル向けディスプレイだ。給電はUSB、映像入力はHDMIなので専用ドライバも不要。これで外出先の作業効率は上がる?(2017/4/5)

上海問屋、ディスプレイとノートPCを同時に置けるデュアルアーム
ドスパラは、ディスプレイ用/ノートPC用アームをそれぞれ1基ずつ備えたデュアルアーム「DN-914688」の取り扱いを開始した。(2017/3/24)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

上海問屋、耐荷重6kgのガススプリング式モニターアーム
ドスパラは、耐荷重6kgのガススプリング式モニターアーム「DN-914414」の取り扱いを開始した。(2016/12/26)

使いこなすコツを伝授:
店舗やイベント会場でデジタルサイネージを手軽に実現できる「おもいでばこ」で、抑えておきたい3つのポイント(後編)
バッファローの「おもいでばこ」に、店舗などでデジタルサイネージとして使えるセットが登場した。後編では、“おもいでばこ”をデジタルサイネージとして活用するためのTipsや、他のソリューションと比べた場合の違いについて詳しく見ていこう。(2016/7/1)

上海問屋、USB 3.0ポートも備えたガススプリング式ディスプレイアーム
ドスパラは、USBポート付きディスプレイアーム「DN-913774」の取り扱いを開始した。(2016/6/22)

PC周りをコックピット風に改造する匠あらわる 「こういう環境でフライトシュミレータやりてぇ」など話題に
ロマンがありあまる。(2016/3/10)

注目PCレビュー:
省スペースで使いやすいビジネス向け液晶一体型PC「HP ProOne 600 G2 All-in-One/CT」
日本HPの「HP ProOne 600 G2 All-in-One/CT」は、省スペースな液晶一体型PCだ。ノートPCにはない利点もレビューで見えてきた。(2015/12/18)

サンコー、クリップ固定式の「4軸式モニターアームポールマウント」を発売
VESA準拠のクリップ式なのでポールラックでもPC用ディスプレイを固定できる。(2015/8/17)

MEDIX2015:
医療情報の物理的なアクセス管理に最適、Bluetoothで鍵を開閉する電子ラッチ
サウスコ・ジャパンは、「第6回 医療機器 開発・製造展(MEDIX2015)」と同時開催している「第19回 機械要素技術展(M-Tech2015)」において、電子的に鍵を開閉する電子ラッチの新製品を披露した。(2015/6/26)

Silverstone、トリプルディスプレイ設置向きのスタンド型ディスプレイアーム
ディラックは、台湾Silverstone製のトリプルディスプレイ対応ディスプレイアーム「SST-ARM31BS」の販売を開始する。(2015/3/18)

広田稔のMacでゴー!「冬ボで購入!!」の前に要チェック(32):
Retinaって何? 外部ディスプレイで使える? 「5K iMac」10の疑問
広大なデスクトップと美しい画質で話題の「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」。これから購入を検討している方に向けて、初心者から上級者まで10の疑問に答えていこう。(2014/12/24)

サンワ、ディスプレイ+タブレットを同時設置できるデュアルディスプレイアーム
サンワサプライは、ディスプレイとタブレット端末の2台を固定できるデュアルディスプレイアーム「100-LA028」の取り扱いを開始した。(2014/12/5)

至高のITマリアージュ:
「Surface Pro 3」と4Kパネル2枚でメイン環境を構築してみた
フルHDディスプレイ6面をメイン環境として利用する筆者が、Surface Pro 3で4Kディスプレイ×2のマルチディスプレイ環境にチャレンジ。うわっ……私のデスクトップ、広すぎ……?(柳谷智宣)(2014/11/6)

超小型+多目的、特定業務分野へ注力:
医療、文教、店舗 法人デスクトップPCに活路──レノボ、容積1リットルの超小型PC
デスクトップPCは、廃れたのか。法人市場では違う。医療、文教、開発、店舗といった特定業務はデスクトップ型を望む。ただ、昨今のワークスタイル環境に応じ、そのニーズは多様化している。そんな法人へ提案する新・デスクトップの新たな形とは。(2014/9/25)

天板がなくたって:
柔軟さに定評のある2関節モデル――「ポール設置用 モニターアーム(2関節)」
上海問屋が、ポールに設置できる2関節の液晶モニター用アームスタンドを発売した。価格は5999円。(2014/9/19)

スイスイ動くよ:
デスク回りの自由度が格段にアップ――「ラップトップ用アーム」
上海問屋が、角度や高さを調整できるノートPC用アームスタンドを発売した。価格は6499円。(2014/8/29)

Lian Li、机型デザインのPCケース「DK」シリーズ2製品
ディラックは、“机型”のデザイン筐体を採用したPCケース「DK」シリーズの取り扱いを発表した。(2014/7/4)

富士通、静脈認証対応の企業向け12.5型タブレットなど計10機種を発表
富士通は、企業向けタブレット/デスクトップPCなど計10機種を発表した。同社初となるゼロクライアントモデルなども用意される。(2014/5/15)

SOHO/中小企業に効く「ディスプレイ」の選び方(第4回):
作業効率が大きく向上――「マルチディスプレイ」向きの液晶ディスプレイを選ぶ
業務効率を高めるのに有効な「マルチディスプレイ」。今回はマルチディスプレイ環境の構築に適した製品を画面サイズ別に見ていこう。(2014/5/9)

SOHO/中小企業に効く「ディスプレイ」の選び方(第3回):
見落としがちな「マルチディスプレイ」に適した液晶ディスプレイの条件とは?
デスクトップPCとの接続はもちろん、ノートPCの外付け用途も増えている液晶ディスプレイ。そんな液晶ディスプレイの選び方を紹介する本連載の第3回は、「マルチディスプレイ」に適した製品選びのポイントを見ていこう。(2014/5/1)

SOHO/中小企業に効く「ディスプレイ」の選び方(第1回):
意外に知らない「液晶ディスプレイ」のトレンド
デスクトップPCとの接続はもちろん、ノートPCの外付けディスプレイとしての用途も増えつつある液晶ディスプレイ。この連載では、主にSOHO/中小企業を対象として、意外に奥深い液晶ディスプレイの選び方を紹介する。(2014/4/15)

PCもタブレットも:
二刀流――「ノートPC タブレット デュアルアーム」
上海問屋が、ノートPCとタブレットを設置できるデュアルアームを発売した。価格は6999円。(2013/12/13)

ハーマンミラー、エルゴキーボードなどをプレゼントするコラボキャンペーンを実施
ハーマンミラージャパンは、同社製ディスプレイアームなどの購入者を対象とした日本マイクロソフトとのコラボレーションによるプレゼントキャンペーンを開始する。(2013/12/12)

2×3くらい? え? 2×4?:
あこがれの“トレーダー風”ですよ――「縦2台用 モニターアーム」
上海問屋が、ディスプレイを縦×2台仕様のディスプレイアームを発売した。価格は4999円。(2013/12/9)

アユート、非固定式のスタンド型マルチディスプレイアームを発売
アユートは、クランプなどを用いないスタンド型デザインを採用したマルチ液晶ディスプレイアーム「TS」シリーズを発表した。(2013/11/28)

チルト/スイベル/昇降対応に:
付属のディスプレイスタンドからレベルアップ――「台座式LCDモニターアーム」
上海問屋がスタンド型のディスプレイアームを発売した。価格は5999円から。(2013/10/11)

いろいろはかどるぞ:
ディスプレイの動きが滑らか――「アルミガススプリングモニターアーム」
上海問屋がアルミ製のディスプレイアームを発売した。ディスプレイの可動域が異なる2種類を用意する。価格は8499円から。(2013/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。