ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ディスプレイアーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディスプレイアーム」に関する情報が集まったページです。

ASUSの高コスパ31.5型液晶ディスプレイ「VP32AQ」と「VP32UQ」は何が違う? 選ぶ際のポイントをチェック!
ASUSが4月に発売した31.5型液晶ディスプレイ「VP32AQ」と「VP32UQ」は、ボディーが共通であることもありパッと見では違いが分からない。しかし、スペックをつぶさに見て使い比べてみると、意外と違いがある。実売価格ベースで1万6500円の差は、どこから生まれてくるのか、チェックしていこう。(2022/5/17)

スタンド不要の「多関節の液晶モニターアーム」登場 机上面を広く使いたいニーズ取り込む
サンワサプライは、ディスプレイのスタンドを必要とせず、机上面を広く使用できる多関節の液晶モニターアーム3種を発売した。ディスプレイを目線の位置に合わせることも可能だ。(2022/5/6)

ノートPCはもちろんデスクトップPCとの組み合わせも:
新生活にぴったり! 15.6型のモバイルディスプレイおすすめ5選
モバイルディスプレイが1台あると、出先や在宅ワークで簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できて便利だ。サイズや重量、価格や付属品など多種多様なモデルがある中で、サイズ別におすすめのモデルをピックアップする。まずは15型クラスだ。(2022/4/26)

LGエレ、“WQHD×2画面相当”の16:18比表示に対応した27.6型液晶ディスプレイ アーム式スタンドを採用
LGエレクトロニクス・ジャパンは、アスペクト比16:18となる27.6型液晶ディスプレイ「28MQ780-B」を発表した。(2022/4/19)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Apple Studio Displayが買えなくてもユニバーサルコントロールがあるじゃない
マリー・アントワネットはそんなこと言ってないけど、便利です。(2022/3/22)

モバイルディスプレイの道:
VGA表示も対応! 据え置きスタンドも付属した15.6型モバイルディスプレイ「LCD15HCR-IPS」を試す
モバイルディスプレイにおいて、スタンダードなサイズの15.6型モデルはラインアップが豊富でどれを選ぶのか悩ましい。アイティプロテックの新モデルは、どのような特徴があるのだろうか。実機を試してみた。(2022/3/16)

モバイルディスプレイの道:
究極のスリムさ? アスペクト比35:10! 縦横どちら向きにも設置できる14型の細長ディスプレイを試す
アイティプロテックの「14.0型バータイプ液晶モニター Screen Plus」(LCD14HCR-IPSW)は、独特の解像度を備え、さまざまな利用方法が提案できる極めてユニークな製品だ。実機を細かく見ていこう。(2022/2/18)

古田雄介の週末アキバ速報:
売り場にはリモート便利コーナーも――自粛傾向が強まるアキバ
秋葉原電気街の空気感は、2022年になって週を追うごとに自粛ムードが強まっている感がある。中には、リモートワーク向けのコーナーを設けるショップもみられた。(2022/2/5)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
買ったけど使わなくなったガジェットってどんなもの? IT系編集者2人の場合
巷では「買ってよかったモノ」といった記事はたくさんみかけるものの、「買ったけど使わなくなったモノ」という記事はあまり見かけない。そこで、編集者2人が2021年に買ったけど使わなくなったものを紹介する。(2022/1/14)

2560×1440ピクセルを縦に2枚並べた液晶ディスプレイ、LGがCESに出展
韓国LG Electronicsは12月22日、液晶ディスプレイの新製品「LG DualUp Monitor(28MQ780)」を発表した。(2021/12/23)

Amazonがブラックフライデーの人気商品第3弾を発表 高コスパの富士通ノートPCやエルゴトロンのモニターアームが最終セール
セールは2日の23時59分まで。(2021/12/2)

グリーンハウス、耐荷重11kgのガススプリング式ディスプレアーム
グリーンハウスは、ゲーム向けをうたったガススプリング式ディスプレアーム「GH-GAMA1-RD」を発売する。(2021/10/18)

モバイルディスプレイの道:
スタンド内蔵でフラット! 三脚に固定可能なUSB Type-C接続の15.6型モバイルディスプレイ「MB16ACV」を試す
多くのモバイルディスプレイをそろえるASUS JAPANに、15.6型の「MB16ACV」が加わった。背面スタンドや三脚穴を備えた多機能なモデルをチェックした。(2021/9/27)

ケイヘブンズ、MagicHoldブランド製の多機能ディスプレイアームを取り扱い開始
ケイヘブンズは、MagicHoldブランド製ディスプレイアーム「MagicHold ノートPCアーム」の取り扱いを発表した。(2021/9/13)

【Amazonタイムセール祭り】PC・ゲーミング関連まとめ HPのノートPCやXP-Penの液タブ、モニターアームなどがセールに
HDDやSDカード、ゲーミングチェアなどもセールになっています。(2021/8/18)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

【Amazonプライムデー】みんなが買った人気商品40選! ルンバ、Apple Pencil、4K有機ELテレビ、野菜生活など
Amazon提供のデータに基づいた人気商品を紹介します。(2021/6/22)

【Amazonタイムセール祭り】Amazonベーシック特集 乾電池やケーブルなどの消耗品、モニターアームなどがお買い得に
PCやゲーム、ペット関連商品などがお買い得。(2021/5/23)

高級家具「ハーマンミラー」完備のテレワーク宿泊プラン、軽井沢プリンスホテルが発売 1人1泊1万円から
これははかどりそう!(2021/5/17)

PR:みんなが悩むテレワークの“困りごと” デル・テクノロジーズの「ビデオ会議用モニター」で一挙に解決!
テレワークが広く広まる中、特に在宅でのWeb会議における悩みは尽きない。デル・テクノロジーズが実施した在宅勤務に関するアンケート結果で明らかになった、“リアルの悩み”を的確に解決してくれるデバイスを紹介しよう。(2021/5/18)

LGエレ、ディスプレイアームを標準装備した4K対応27型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、デスク固定型ディスプレイアームを採用した27型4K液晶ディスプレイ「27UN880-B」を発売する。(2021/5/11)

【Amazonタイムセール祭り】ノートPC、SSD、マイクなどがお買い得! PC関連商品まとめ
PC関連商品がお買い得。(2021/4/25)

モバイルディスプレイの道:
三脚に取り付けられてスタンド兼用スリーブも便利! ASUSの15.6型モバイルディスプレイを試す
モバイルディスプレイのバリエーションモデルを相次いで投入しているASUS JAPANから、15.6型で最もスタンダードといえる仕様の「ZenScreen MB16AH」が登場した。こだわりのポイントをチェックしていこう。(2021/4/23)

デル、ハイブリッドクラウド管理機能を備えたクライアントコンピューティングソフト「Dell Hybrid Client」の提供を開始
デル・テクノロジーズは、ハイブリッドクラウド管理機能を備えた一元管理型のクライアントコンピューティングソフト「Dell Hybrid Client」の提供を開始する。(2021/3/26)

【Amazon新生活セール】エルゴトロンのモニターアームがセール&クーポンで10%オフ 肩こり対策・転倒防止におすすめ
肩こり対策に。(2021/3/22)

PR:会社から「テレワーク支援金」が出たら何を買うべき? その道のプロに聞いてみたところ……
先日、PC USER編集部に「5万円のテレワーク支援金をどう生かすべき?」という問い合わせが寄せられた。悩んだ編集部員Iは、その道の専門家であるライターAさんの門をたたいた。そこで得られたアドバイスとは……?(2021/3/1)

PR:Web会議の困りごとはデル・テクノロジーズの「ビデオ会議用モニター」で解決! ワンランク上の環境を手に入れよう!
ここ1年で急速に広まったWeb会議。実際にやってみると、いろいろと困ることがある。その困りごとを解決できる手段の1つとして、デル・テクノロジーズが「コラボレーションシリーズ ビデオ会議用モニター」を発売した。その特徴をチェックしていこう。(2021/2/24)

CES 2021:
Dellがビジネス向けの新型PCと新型ディスプレイを発表 米国では1月12日から順次発売
CES 2021の開幕に先立って、Dellがビジネス向けPCと周辺機器の新製品を発表した。一番早い製品は、1月12日から販売を開始する。(2021/1/5)

モバイルディスプレイの道:
VESAマウント対応で実売2万円台前半のモバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」を試す
CIOの15.6型モバイルディスプレイ「CIO-MBMN1080P」は、標準でVESAマウントに対応したユニークな製品だ。実売で税込み2万2000円を切る価格面でも魅力的な本製品をチェックした。(2021/1/5)

シリーズ「私とテレワーク」:
テレワークとディスプレイ、テレワークと電気代を考える
筆者はフリーランスの広報、ライター、そしてカメラマンという「三足のわらじ」を履いている。その経験から、「デュアルディスプレイと節電」をテーマに、テレワークの快適性向上と節電を両立する方法を考えてみた。(2020/12/11)

ユニットコム、税別5980円の液晶ディスプレイアーム スプリング機構を採用
ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド製のゲーミングディスプレイアーム「LEV-ARM02」を発売する。(2020/12/7)

X300だけではない!:
第10世代Coreに対応しインタフェースも強化した最新小型ベアボーン「DeskMini H470」は何が変わったのか
ASRockの「DeskMini H470」は、第10世代Coreプロセッサを搭載可能な最新ベアボーンキットだ。AMD版の「DeskMini X300」に続き、実機をテストした。(2020/10/22)

GeChic、産業利用にも向くフルHD対応の15.6型モバイル液晶ディスプレイ
テックウインドは、台湾GeChic製の15.6型モバイル液晶ディスプレイ計2製品の取り扱いを開始する。(2020/9/28)

変化に即応できるワークスタイル構築術:
PR:Vol.1 @Home 在宅テレワークの場合
(2020/8/27)

LGエレ、アーム式スタンドを採用した4K対応31.5型液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K表示に対応した31.5型液晶ディスプレイ「32UN880-B」を発表した。(2020/7/31)

ロジクールがハーマンミラーと共同開発したゲーミングチェアを発表
ロジクールは、ハーマンミラーとの共同開発となるゲーミングチェア「エンボディゲーミングチェア」を発表した。(2020/7/27)

テレワークで買ってよかったもの47選! 大型モニターや腰を支える椅子・クッションが人気
テレワークで使ってみたいグッズがたくさん集まりました!(2020/7/23)

古田雄介のアキバPick UP!:
AMD B550搭載マザー、「Steel Legend」シリーズが抜きん出て売れる
AMD B550チップセットを搭載したマザーボードが多数出回り、AMD陣営がシェア争いを安定優位で進めている。その中でも「B550 Steel Legend」と「B550M Steel Legend」が目立って売れていると方々で聞く。(2020/6/30)

シリーズ「私とテレワーク」:
マシンスペックよりも4画面が大事――ライター古田雄介氏の場合
自宅で本格的に仕事をできるように、テレワーク環境を構築するにはどうしたらいいのか。PC USERには、以前から自宅で仕事しているライター諸氏が多数いる。彼ら彼女らからその極意を伺っていく。トップバッターは、連載「アキバPickUP!」の担当ライターである古田雄介氏だ。(2020/5/14)

最大36型ディスプレイにまで対応したガススプリング式ディスプレイアーム
ディラックは、台湾SilverStone Technology製のディスプレイアーム2製品「ARM12」「ARM21」の取り扱いを開始する。(2020/4/9)

ゲーミングディスプレイの道:
165Hzで「量子ドット」採用のゲーミングディスプレイ「KIG270QD」の実力は?
高速なリフレッシュレートは、eSportsだけでなく普段のPC使いにおいても実は有用だ。165Hzで量子ドット技術を採用した恵安の27型液晶ディスプレイ「KIG270QD」をチェックした。(2020/4/9)

ツボを押さえた31.5型液晶ディスプレイ「ProLite XB3270QS-2」で快適環境を実現
ビジネスシーンでも家庭用途でも、液晶ディスプレイの大型化が着実に進んでいる。その中で、31.5型とより大画面を実現したマウスコンピューターの「ProLite XB3270QS-2」をチェックする。(2020/3/4)

PR:ビジネス用途に“ちょうどいい”23.8型と21.5型の液晶ディスプレイをデュアルで使って生産性を高めよう!
業務の効率化や生産性能向上といった働き方改革の中で、注目を集めているのが液晶ディスプレイだ。ノートPCに追加する外付けディスプレイとして、デスクトップPCでは手頃なデュアルディスプレイを実現する存在として欠かせないデバイスだ。そういった用途に最適なモデルを紹介しよう。(2019/11/27)

アイ・オー、プロゲーマー推奨モードも選べる240Hz対応24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、240Hz駆動に対応した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ「LCD-GC251UXB/A」など2製品を発表した。(2019/11/13)

モバイルディスプレイの道:
実売2万円前後とお得な日本エイサーの15.6型モバイル液晶ディスプレイ「PM161Qbu」を試す
作業効率を高めるデバイスとして、じわじわと注目を集めているモバイル液晶ディスプレイ。USB Type-C対応ながら、約2万円前後の手頃な日本エイサーの15.6型モバイルディスプレイ「PM161Qbu」を試した。(2019/11/6)

あふれる近未来感 オールイン型のゲーミングチェア「Predator Thronos」販売開始
ヨドバシカメラでは税込み349万8000円で販売中です。(2019/10/15)

サンワ、3画面構成に対応したディスプレイアーム
サンワサプライは、トリプルディスプレイ構成に対応したディスプレイアーム「100-LA057」の取り扱いを開始した。(2019/10/2)

PR:日本HPの多機能液晶ディスプレイ「E243d」は総務部の救世主だ!――テストで分かったお勧めの理由
日本HPの“ドッキングモニター”こと「HP EliteDisplay 23.8型ワイドドッキングモニター E243d」は、接続するPCを選ばない高い柔軟性と、最新の機能を備えた注目の1台だ。そのうたい文句は本当なのか、試してみた。(2019/9/24)

PR:イケてるオフィスはどう作る? 生産性を上げる最新オフィス事情
働き方改革が進むなか、オフィスデザインそのものを再考する「オフィス改革」に取り組む企業が増えている。オフィス家具メーカー、産業医、IT機器メーカー、それぞれの立場から見た“ワークスペース”のトレンドを聞いた。(2019/9/19)

ワコムの液タブの“ど真ん中”:
液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq」に21.5型モデル登場 スタンド付属で約12万円(税込)
ワコムのエントリー向け液晶タブレットに21.5型モデルが登場。先行して発売された15.6型モデルと同様に学生や絵描きを趣味とする人をメインターゲットに据え、15.6型モデルではオプションだったスタンドを付属して利便性を向上した。(2019/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。