ニュース
» 2020年06月24日 14時00分 公開

新PCは「グーチョキパー」 Acerが気になる新モデルを一挙に発表 (1/2)

Acerがオンライン発表会で複数の新型PCを発表した。外部GPUを搭載しながらも1kgを切るSwift 5の他、新しいタフネスブランド「ENDURO(エンデュロ)」などが投入される。

[井上翔,ITmedia]

 Acerは6月23日(台湾時間)、YouTube上でオンラインイベント「next@acer 2020」を開催し、複数の新型PCを発表した。

 今回のイベントのテーマは「Rock、Scissors、 Paper(グーチョキパー)」。つまり新製品を「「じゃんけん」に模して披露するという趣向を取った。イベントの冒頭でジェイソン・チェンCEOの呼びかけで「どのような順番で紹介してほしいか?」というユーザーアンケートを取った所、「Paper(バー)」「Scissors(チョキ)」「Rock(グー)」という順番で紹介されることになった。この記事でも、その順番で新製品を紹介する。

 なお、このイベントに合わせて発表された新製品には、日本語の情報も用意されているが、日本市場への投入は未定だ。

じゃんけん next@acer 2020のテーマは「じゃんけん」だった
案内順 アンケートを取った結果、「Paper(バー)」「Scissors(チョキ)」「Rock(グー)」という順番で新製品が紹介されることに

Paper:薄型Chromebookと1kg切りモバイルノートが登場

 Paperのパートでは、新型のChromebook「Acer Chromebook Spin 713」と、薄型ノートPC「Swift 5」の新製品が披露された。

Acer Chromebook Spin 713

 Acer Chromebook Spin 713は、コンバーチブル2in1タイプの新型Chromebookだ。Intelが提唱する「Project Athena」にも準拠している。北米市場での想定販売価格は699ドル(約7万4000円)からで、7月から順次発売される。

 CPUは第10世代Coreプロセッサで、アスペクト比3:2の13.5型ディスプレイ(解像度は2256×1504ピクセル)を搭載している。無線通信はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)に対応し、本体の左右に1基ずつUSB 3.0 Type-C端子を備えている。ビジネス用途を意識して、フルサイズのHDMI出力端子やUSB 3.0 Type-A端子も搭載している。キーボードはバックライト付きだ。

 ボディーの厚みは約16.8mmで、MIL-STD-810G(MIL規格)に準拠した耐衝撃性能を確保している。重量は約1.37kgだ。

 なお、このモデルをベースとする大企業向けの「Acer Chromebook Enterprise Spin 713」も8月から順次発売する予定だ。

Acer Chromebook Spin 713 Acer Chromebook Spin 713

Swift 5

 Swift 5はクラムシェルタイプの軽量モバイルノートPCで、今回の新製品は「Intel Xeアーキテクチャ」に基づくGPUを内蔵する「次世代のIntel Coreプロセッサ」を搭載する。モデルによっては外部GPUとして「NVIDIA GeForce MX350」も追加可能で、それでも厚さは約14.95mm、重量は1kgを切るという。北米市場での想定販売価格は999.99ドル(約10万6000円)からで、10月から順次発売される。

 メインメモリはLPDDR4x規格で、最大16GBまで搭載できる。SSDはPCI Express接続で、最大容量は1TBとなる。ディスプレイはタッチ操作対応の14型フルHD(1920×1080ピクセル)液晶で、ボディーに対する占有率は約90%だ。

 ボディーカラーはミストグリーンとサファリゴールドの2つを用意している。

Swift 5 Swift 5

Scissors:クリエイター向け製品を披露

 Scissorsのパートでは、クリエイター向けブランド「ConceptD」の新製品が紹介された。

ConceptD 3 Ezel/ConceptD 3

 ConceptD 3 Ezelは、その名の通りイーゼル(画架)型のヒンジを持つコンバーチブルタイプの2in1ノートPCで、ConceptD 3は通常のクラムシェルタイプのノートPCだ。両者共に14型モデルと15.6型モデルが用意されている。北米市場での想定販売価格は、ConceptD 3 Ezelが1499.99ドル(約16万円)から、ConceptD 3が999.99ドルから。北米市場での発売予定時期は、ConceptD 3 Ezelが8月から、ConceptD 3が10月からとなっている。

 ディスプレイはサイズやモデルを問わずフルHDのIPS液晶で、sRGBの色域を100%カバーし、PANTONEによる認証を取得している。出荷時に補正も行っているという。

 CPUは第10世代Coreプロセッサで、外部GPUとしてGeForce GTX 1650 Tiを搭載する。GPUをQuadro T1000に変更した「Pro」モデルもある。メインメモリはDDR4規格で最大16GB、SSDはPCI Express接続で最大1TBを備える。

ConceptD 3 Ezel イーゼルヒンジを備える「ConceptD 3 Ezel」。14型モデル(左)と15.6型モデル(右)を用意する
ConceptD 3 クラムシェルタイプの「ConceptD 3」も、14型モデル(左)と15.6型モデル(右)を用意する

 ConceptDシリーズでは、その他にコンパクトデスクトップPC「ConceptD 100」や、クリエイター向けディスプレイ「ConceptD CP3」(WQHD/2560×1440ピクセル)、「ConceptD CP5」(4K/3840×2160ピクセル) も発表されている。

ConceptD 100
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう