ニュース
» 2014年10月15日 07時00分 公開

太陽熱で300Lの湯、集熱パネルと貯湯槽の組み合わせ自然エネルギー(2/2 ページ)

[畑陽一郎,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

効率を3%向上、消費電力低減

 矢崎エナジーシステムは新製品に大きく5点の改良を加えた。第1に価格を低減し、使いやすさを高めたことだ。価格は従来品よりも30%安価である。新製品はポンプが消費する電力も80Wと小さい*5)。省エネであり、電気料金節減に役立つ。使いやすさの工夫は2つある。従来よりも1.5倍圧力が高い(450kPa)のシャワー圧が得られるようになったことと、給湯器との連動動作が可能になったことだ。

 第2の改良点は集熱パネルの集熱効率を3%高めたことだ。「集熱パネルの前面を覆うガラスに、熱透過率の高い低鉄ガラス(LIG:Low Iron Glass)を採用することで実現した」(矢崎エナジーシステム、図5)。集熱パネルの厚さ自体も従来の60mmから46mmに薄型化し、屋根に置いた場合もより自然に見えるようになったという。

*5) 熱媒(18Lまたは25L)を循環させるためにポンプを利用する。従来の交流ポンプ(消費電力90W)を直流ポンプに置き換えることで省電力化した。

図5 熱変換効率を高める工夫 出典:矢崎エナジーシステム

 第3の改良点は貯湯ユニット内の湯水を緊急備蓄水として利用できるよう、非常用取り出し口を付けたことだ。ただし、飲料水として使うことは考えていないという。

 第4の改良点は図2にあるように貯湯ユニットの種類を増やしたことだ。従来製品のタンク容量は200Lのみだったが、給湯量が多い家庭に合わせて300Lを追加した。

 第5の改良点は設計耐用年数を20年としたこと。これは太陽熱業界初の長寿命だという。

 なお、4種類の製品とも貯湯槽温度や燃料節約金額を表示可能な見える化システム「ecoモニ太君」を接続可能だ(図6)。

図6 「ecoモニ太君」の主な機能 出典:矢崎エナジーシステム

テーマ別記事一覧

 太陽光   自然エネルギー 


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.