ニュース
» 2016年03月03日 18時00分 公開

スマートエネルギーWeek 2016:「尺寸」を取り入れた太陽電池、京セラが新ブランドで展開へ (2/2)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

セル変換効率向上技術「ForZ」

 さらに「パワフル」としているのが、新技術によるセル変換効率の向上である。RoofleXには、新開発の「ForZ(フォーズ)」技術を採用し、セル変換効率の向上を図っている。ForZとは、セル内部で失われていた一部の電荷を取り出し、効率的に電気に変換する技術である。また、モジュールの出力、変換効率の向上を図るために、太陽光の反射を抑える低反射ガラスを採用。加えて、セルとガラスの間に独自開発の特殊封止材を充填することで、従来利用できなかった短波長の光を電気に変換することを可能としている。さらに、セルとセルとの間をつなぐ電極の幅を従来より広くすることで、電気抵抗を抑え、通電時のロスを低減することに成功した。

 これらを組み合わせることで、最終的にセル変換効率が従来品比1.0ポイント向上し19.8%、モジュール変換効率が1.2ポイント向上し17.8%となっているという(図4)。

photo 図4 セル変換効率向上技術「ForZ」の概要(クリックで拡大)出典:京セラ

「モジュール単体でも発想を変えればやれることがある」

 国内の太陽電池モジュール市場は、産業用の低迷やFIT(固定価格買取制度)の買取価格低下傾向などから今後に向けては厳しさが増していくと見られている。太陽電池メーカーでは、総合エネルギーソリューションなどにシフトする動きが進んでいる。

 これらの動きに対し、京セラ ソーラーエネルギー事業本部 マーケティング事業部長の池田一郎氏は「当社もソリューション事業の展開は当然用意しているが、太陽電池モジュールだけでも、発想を変えればまだまだやれることがあると考えている。今までの太陽電池モジュールは、製品に合わせるように架台や付属品の用意をしていたが、RoofleXは徹底的に日本の屋根に合わせたことが特徴だ。ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)などの動きもあり、より限られた屋根スペースで多くの電力を発電したいというニーズは増える。これらの需要を獲得していきたい」と同社の考えを述べている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.