ニュース
» 2016年04月11日 13時00分 公開

2030年に再生可能エネルギー利用割合30%へ、東京都がモデル事業を開始電力供給サービス(2/2 ページ)

[三島一孝,スマートジャパン]
前のページへ 1|2       

需給調整は福岡県のみやまスマートエネルギーと協力

 再生可能エネルギーの活用については、発電の変動が大きいため、需給調整が重要になるが、この点については、協力事業者として福岡県のみやまスマートエネルギーを選定。みやまスマートエネルギーと協力して需給調整に関係する技術支援を受けるとともに、FIT電気の共同での調達や運用、ノウハウの共有などを進めていく(図4)。

photo 図4 東京都環境公社とみやまスマートエネルギーの需給調整の枠組み 出典:東京都

 みやまスマートエネルギーは自治体が設立した新電力として注目を集めている企業である(関連記事)。2016年4月の電力小売全面自由化に際し、低圧向けで九州全域を対象に「みやまんでんき」を提供している他、自治体新電力として先行したノウハウを生かし、さまざまな企業や自治体と提携。2016年3月には鹿児島県肝付町との再生可能エネルギーの相互融通などを含めた広域連携を発表(関連記事)するなど、地域間連携強化を進めている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.