ニュース
» 2016年07月11日 11時00分 UPDATE

自然エネルギー:駐車場に太陽光発電を普及させる、エネルギー自給率30%を目指す東京で (3/3)

[石田雅也,スマートジャパン]
前のページへ 1|2|3       

民間企業が工場や商業施設に導入

 最近は民間企業のあいだで大規模なソーラーカーポートを導入する事例が増えてきた。双葉電子工業は千葉県の工場の構内に、従業員が利用する1200台分のソーラーカーポートを設置している(図5)。2015年6月に運用を開始して、発電能力はメガソーラー級の1.7MW(メガワット)もある。

図5 工場の駐車場に設置したソーラーカーポート。出典:国光施設工業

 商業施設の駐車場にもメガワット級のソーラーカーポートが誕生している。茨城県にある「あみプレミアム・アウトレット」では、500台分のスペースにソーラーカーポートを設置した(図6)。1台分の屋根に搭載した太陽光パネルは約2kWで、全体で1MWの発電能力になる。2016年3月に駐車場の運用と発電を開始した。

図6 商業施設の駐車場に設置したソーラーカーポート(画像をクリックすると拡大)。出典:三菱地所・サイモン、オリックス

 首都圏を中心に新たな太陽光発電の導入場所として、屋外の駐車場を活用する方法は有効だ。野ざらしの駐車場と比べると、夏の暑い時期には車内の温度上昇を抑える効果もある。導入事例が増えれば施工コストの低下が期待できるため、今後ますます広がっていく可能性は大きい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.