連載
» 2016年08月29日 09時00分 公開

電力自由化、先行国はこう動いた(2):規制価格と市場価格、スペインはダブルスタンダードが残る (3/5)

[グザビエ・ピノン/セレクトラ,スマートジャパン]

スペイン電力・ガス市場の現状

 先述した通り、スペインでは、電気・ガス小売り会社は電気・ガスの「販売」を行い、配電業者は消費者に電気・ガスの「供給」自体を行っている業者である。電力小売り会社と配電業者の関係は薄く、あくまで配電業者は技術的な問題に対して責任を負っているのにすぎない。例えば、ある消費者がパワー(アンペア)契約を変更したい場合、まず、小売り会社にコンタクトをとり、小売り業者が配電業者に依頼をするという流れとなっている。

 2014年時点でのスペインの5大エネルギー会社のシェア(電気+ガス)は以下の通りである。

  1. イベルドローラ:39%
  2. エンデサ:33%
  3. ガス・ナトゥラル・フェロサ:16%
  4. EDP:5%
  5. E.ON:2%
photo 図1 スペインの電気市場 出典:http://comparadorluz.com/faq/distribucion-electrica
photo 図2 スペインのガス市場 出典:http://comparadorluz.com/faq/distribucion-gas-natural

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.