ニュース
» 2017年04月27日 07時45分 UPDATE

太陽光:太陽光パネルが吹き飛ぶ、実は危ないボルトの“締めすぎ” (3/3)

[O&M Japan,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ボルト・ナットの緩みへの対処法

 緩み止め剤を使って経年的な緩みを抑制していくことや、もともと緩みづらい性能を持つナットを使うなど、ボルト・ナットの緩みへの対処の方法は十分にあります。

 重要なのは「小さな予兆を見逃さないこと」です。緩んだ状態で放置すると、モジュールの飛散、端子台の緩みによる機器の脱落、場合によっては機器の焼損などが起こる可能性があり大変危険です。

 定期的に打音検査や直接の適正トルクでの締め付け確認をすることで、トラブルの未然防止を心掛けたいものです。

「O&M Japan」とは?

「100年続く太陽光発電」への貢献を目的に、太陽光に関するO&Mのさまざまな情報を発信している総合情報サイト。「現在O&M事業を行っている企業」「これからO&M事業に参入しようと考えている企業」「太陽光発電事業者の方」などを対象に、O&Mという分野で“やるべきこと”“知るべきこと”をビジネス面&技術面、それぞれの視点から伝えている。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.