ニュース
» 2019年10月01日 15時40分 公開

エネルギー管理:東京電力が都市ガス販売で新会社を設立、再エネ専門の事業会社の名称も公表

東京電力エナジーパートナーが東海3県エリアでの都市ガス販売に向けて、ガス事業者のTOKAIと新会社を設立。さらに、分社化を予定している再エネ専門の新会社の名称とロゴも公表した。

[スマートジャパン]

 東京電力エナジーパートナー(東電EP)は2019年10月1日、TOKAIホールディングスの子会社であるガス事業者のTOKAIと共同で、家庭向けの都市ガス販売を行う新会社の設立を発表した。新会社の名称は「T&Tエナジー株式会社」で、愛知県・岐阜県・三重県の東海3県で都市ガスの小売事業を展開する。

 両社は既に2015年10月に電力販売で業務提携契約を締結しており、自由化以降、共同で営業活動を進めてきた。今回さらにガス販売まで提携を拡大し、新会社の設立によって、関東および静岡県以外の新たなエリアの顧客獲得を目指す狙いだ。ガス事業者であるTOKAIは東海エリアにおける販売ネットワーク網を持っており、新会社ではこれらの営業網と、東電EPのガス調達力などの強みを生かした営業活動を展開するとしている。

 新会社の出資比率は50%ずつで、資本金は2.5億円、本社は愛知県名古屋市に置く。2019年内を目途に、東海3県で業務提携先を通じた家庭向けの都市ガスの販売を開始するとともに、2020年度内を目途に、電気とのセット販売についても開始する計画。また、さまざまな企業との業務提携を通じて、東海3県以外への販売エリアの拡大についても検討を進めるとしている。当面の顧客獲得目標は2020年度までに1万件とした。

新会社T&Tエナジーの事業イメージ 出典:東京電力エナジーパートナー

 なお、東京電力ホールディングスは同日に、既に発表している再生可能エネルギー事業の分社化についても進捗(進捗を発表)。分社化に向けた分割準備会社の設立と、再生可能エネルギー発電事業を担う新会社の名称「東京電力リニューアブルパワー株式会社」およびその企業ロゴを公表した。

再エネ専門の事業会社の名称と企業ロゴ 出典:東京電力ホールディングス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.