キーワードを探す
検索

「クレジットカード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」では今シーズンから、球場内での物販購入の際にクレジットカードや決済アプリなどを通じたキャッシュレスでの会計が導入されている。「小銭を出す手間が省ける」といった意見がある一方、「現金が使えるようになった方がいい」といった意見も出るなど、賛否両論がわき起こっている。

()

cooyou.orgは、PCやスマホなどに外付けして、ログイン用のID/パスワードを自動入力できる小型軽量のデバイス「クレイジースモール パスワードロム240」を発売。最大240件のアカウントを管理できる。クレジットカードや銀行口座の暗証番号など、重要情報も自分の手元で安全に管理できるという。

()

京急百貨店が、顧客のカード利用データをカード会社に二重送信していたと発表。取り消し処理を進めたため、レジットカードの二重引き落としは発生しないが、限度額を超過した扱いになる可能性がある。デビットカードは二重引き落としが起きた恐れがある。

()

 政府は10月の消費税率引き上げ時に中小事業者での買い物やサービス利用に対し、クレジットカードや電子マネーといった現金以外のキャッシュレスで決済した場合、代金の原則5%を消費者に還元する制度を導入する。

()

6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。

()

NIPPON Platformと社会福祉法人ありがとうは、事業連携協定を締結。これにより、ありがとうが運営する星虹保育園、星虹第二保育園でスマートフォンを使ったQRコード決済が可能となる。既にクレジットカードによる支払いも行っており、キャッシュレス決済がさらに保育園職員の負担軽減になると見込んでいる。

()

KDDIは4月26日から始まる「キャッシュレス・ウィーク」にあわせ、「au PAY」や「au WALLET クレジットカード」のキャンペーンを開催。「au PAY」全加盟店で使える割引クーポンを配信する他、抽選で350人にau WALLET ポイントを2000ポイント、5万円以上の利用で35人に全額相当分ポイント還元を行う。

()

みんなのタクシーは、4月16日にタクシー配車アプリ「S.RIDE」をリリース。ワンスライドで東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができる。事前にクレジットカードを登録すればネット決済が可能で、独自のQRコード決済「S.RIDE Wallet」にも対応する。

()

MMD研究所は、3月27日に「2019年1月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査」レポート結果を公開。店舗側に導入しているキャッシュレス決済は「クレジットカード/デビットカード」が70.8%、「QRコード決済」が30.8%。キャッシュレス化の促進について消費者の57.7%が「賛成」と答えている。

()

不正アクセスによりユーザーのクレジットカード情報が流出した可能性があるとして、昨年11月からサービスを一時停止していた「DLmarket」が、6月28日に終了する。安全に提供するにはシステムの抜本的な作り直しが必要だったが、かかる時間や市場環境などを総合的に判断した結果、再開を断念したという。

()

アルファノートは、2月20日にAndroid搭載マルチ決済端末「A8」をリリースした。クレジットカード決済やQRコード決済をはじめ、ポイント機能や免税処理システムなど、多種多様な決済手段に対応する。ベンダー・Sireによるカスタマイズも可能で、7月末までキャンペーン価格の2万9800円(税別)で販売する。

()

ビジコムは、3月1日にiPad向け無料POSレジアプリ「あっと決済」を提供開始。Square端末などとの連携によるクレジットカード決済と、WeChat Pay/Alipay/d払い/PayPayなどの各種QRコード決済を標準装備している。レジ機能は消費増税・軽減税率8%と10%に対応し、免税販売の会計や免税販売手続の電子化にも対応する予定だ。

()

モバイル決済では、クレジットカードをひも付けて決済をするサービスが多いが、クレカ不要で使いたい人も多いだろう。モバイル決済サービスでは、クレジットカード以外の手段でもチャージや支払いは可能。銀行口座を直結させたり、現金で支払ったりできる。

()

インバウンド(訪日外国人客)による消費が増加する日本国内で、偽造クレジットカードで高級ブランド品などを購入する事件が相次いでいる。偽造対策が遅れている日本を外国人犯罪グループが標的にしており、摘発される外国人は急増。偽造カードの持ち込みやブランド品購入などの役割を細分化するなど、手口は巧妙化している。

()

日本PHPユーザ会が開催した「PHP Conference 2018」でEGセキュアソリューションズの徳丸浩氏は、ECサイトのセキュリティ対策として「クレジットカード情報を保存しない(非保持化)」を推奨する動向に対し、「脆弱(ぜいじゃく)性があれば意味がない」と指摘する。

()

北陸銀行は、2019年度上期を目処にスマホ決済サービス「ほくほくPay」を取扱開始。スマホアプリを操作して加盟店側の端末に表示されたQRコードを読み取ると、事前に登録した口座から代金が即時に引き落とされる。個人ユーザーはクレジットカードの申込や事前の電子マネーチャージが不要で、加盟店側も専用端末を用意する必要がない。

()

MMD研究所は、2月5日に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」の結果を発表。スマホ所有者の利用トップは「楽天ペイ」で、理由トップは「ポイントがたくさんたまるから」となった。一方、利用しない理由は「クレジットカードで十分」「現金で十分」「個人情報や決済情報が漏えいしないか不安」など。

()

PayPayが4日発表したスマートフォン決済の第2弾キャンペーンは、1回の支払いごとの還元額や支払い元となるクレジットカードの利用額の上限が大幅に引き下げられた。昨年12月の不正利用発覚を受け、セキュリティー対策を強化した結果、利用者へのインパクトが薄まったのは否めない。

()

「PayPay」の残高不足時の挙動が変更。これまでは、残高が不足していると、Yahoo!マネーかクレジットカードで支払われていた。アプリの新バージョンでは、チャージをするか、他の決済方法を選ぶかを促す画面が表示される。

()

さまざまなキャッシュレス決済に対応するビジコムのPOSレジ「BCPOS」が、NTTドコモのバーコード決済「d払い」に対応。店舗側はクレジットカードや非接触ICカードのように専用端末などの事前準備を必要とせず、初期費用無料で導入することができる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る