キーワードを探す
検索

「動画配信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

副業として動画配信を行うユーチューバーは、月にどのくらい稼いでいるのだろうか。兼業ユーチューバーとして活躍している人に聞いたところ……。ユーチューバーNEXT調べ。

()

Disneyが11月12日に米、カナダ、オランダでスタートした定額動画配信サービス「Disney+」の初日加入者数は1000万人を超えた。19日にはオーストラリアとニュージーランドでもスタートする。

()

KDDIが、5Gを活用したドローンレースの映像配信やリアルタイム中継を行うサービスを提供した。レースの様子をドローンが上空から撮影し、超低遅延4K伝送システムを用いて、会場内の大型モニターに4K映像をリアルタイムで中継した。KDDIは「エンタメを5Gネットワークでどう変えるか」をアピールする。

()

KDDI総合研究所は、青色LED光無線通信技術を用いた海中の実証実験に成功。防水対策を施した海中のスマートフォンから陸上に向けたライブ映像の配信と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信を実施した。

()

Appleが発表した新たなスマートフォンや動画配信サービスは、高いブランド力を誇る同社には異質といえる低めの価格帯を打ち出し、競合他社への対抗姿勢をにじませた。従来の新製品より値ごろな高機能スマホはアップル愛好家を射止めそうだが、価格競争の消耗戦に巻き込まれる懸念もある。

()

「ディスカバリーチャンネル」「アニマルプラネット」などで知られるディスカバリーが、自社コンテンツをネット上で無料配信する。欧州で提供しているサービス、Dplayを国内でも展開する格好だ。今後、広告モデルや有料配信のほか、プラットフォームとしての活用を目指す。

()

在京民放5社が運営する動画配信サイト「TVer」で、NHKの番組の配信が始まった。民放とNHKの番組が1カ所に集まるプラットフォームの誕生だが、人気ドラマを提供する民放と、「朝ドラ」や「大河」などの看板番組を配信しないNHKとの間には「温度差」も垣間見える。海外発の動画配信サービスが存在感を高める中、日本のテレビ界の生き残りをかけた対応が続く。

()

ソフトバンクが、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで開催されたバスケットボールの日本代表戦で、5Gプレサービスを提供した。スタジアム内に1カ所基地局を設け、ユーザーに5Gならではの試合映像を配信した。ユーザーを巻き込んだプレサービスの狙いとは?

()

「ゲーム・オブ・スローンズ」制作のHBOや多数のヒット映画を擁するWarner Brothersなどを傘下に持つ米総合メディア企業のWarnerMediaが、定額動画サービス「HBO Max」を発表した。来春提供を開始する。現在Netflixが独占配信している「フレンズ」など、多数の独占コンテンツを用意する計画だ。

()

動画配信最大手の「Netflix」は「E3」で、同社が配信しているオリジナルドラマのシリーズや映画をベースにしたゲームを提供すると発表した。ゲーム業界へは、既存メーカーに加えGoogleやAppleなどが次々と進出しており、ネットフリックスの参入で競争が一層激化しそうだ。

()

MMD研究所が、スマートフォン利用者を対象に行った定額制動画配信サービスの認知度や利用経験に関する調査の結果を公表。利用経験上位は「Amazon プライム・ビデオ」「Hulu」「U-NEXT」で、年代によって利用経験や認知にばらつきが見られた。また、有料での利用経験やメインの動画配信サービスはいずれもトップが「Amazon プライム・ビデオ」となった。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る