キーワードを探す
検索

「赤外線通信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

おサイフケータイに赤外線通信など、日本向けの仕様盛り込んだHTCのAndroidスマートフォン「HTC J ISW13HT」。とことん日本市場向けにカスタマイズしているのに、なぜか防水性能はうたわれていない。しかし、HTC Jには防水を目指したと思われる痕跡がある。

()

NECカシオの「MEDIAS X N-07D」は、防水仕様の薄型ボディにおサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など、日常的に使える機能を詰め込んだ、いわゆる“全部入りスマホ”。デュアルコアCPU搭載で、NOTTVをはじめ動画サイトなどの視聴もサクサクできるモデルとなっている。

()

おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など国内仕様をフルサポートしたAQUOS PHONEの最新モデル「AQUOS PHONE SERIE ISW16SH」は、+WiMAXにも対応したほぼ全部入りモデルとなった。4.6インチディスプレイに1211万画素カメラ、防水・防塵機能なども備える。

()

NECカシオの「MEDIAS LTE N-04D」が発売され、冬春モデルとして発表されたドコモのXi対応スマートフォンがようやく出そろった。N-04DはMEDIASシリーズ初のLTE対応端末で、ワンセグやおサイフ、赤外線通信などの国内向けサービスに対応し、防水と下り14MbpsのFOMA HIGH-SPEEDに対応する。

()

ウィルコムは、京セラ製のシンプルなストレート端末「WX02K Sweetia」「WX03K LIBERIO」を11月10日から順次発売する。2機種とも、フルブラウザやJava、ウィルコム ガジェット、デコラティブメール、赤外線通信、リモートロックなどをサポートしている。

()

「DIGNO ISW11K」は、国内で京セラ初となるAndroid搭載スマートフォン。厚さわずか8.7ミリというスリムなボディは防水仕様になっており、通信機能はWIN HIGH SPEEDとWiMAXに対応。さらに、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった“ガラスマ”機能にも対応した。

()

ワンセグ、FeliCa、赤外線通信を搭載したことで話題を集めているソニー・エリクソンの「Xperia acro」。ドコモ向けSO-02Cとau向けIS11Sの気になるポイントをまとめてチェックしていく。第1回は外観や内蔵コンテンツに焦点を当てた。

()

ソフトバンクモバイルは、ケータイのような回転2軸ボディを採用したAndroid 2.3スマートフォン「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」を月17日に発売する。3D液晶や、16.1MのCCDカメラを搭載し、おサイフケータイ、赤外線通信(IrDA)、ワンセグ、緊急地震速報に対応する。

()

タミヤのラジコン戦車「RCタンクシリーズ」と、赤外線通信で相手を“砲撃”できる「バトルシステム」を使って、対戦するイベント「RCタンクオーナーズミーティング」をライブ配信する。2人1組の対抗戦や1対1で行う緊張の戦車バトルをUstで楽しもう。配信は10月31日13時0分〜10月31日16時0分。

()

Android 2.2を搭載したauのスマートフォンとしていち早く登場する「SIRIUSα IS06」。おサイフケータイや赤外線通信など日本独自の機能は備えていないが、使いやすいUIや、スマートフォンとして必要十分な機能を有している。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る