おサイフ、ワンセグ、赤外線――KDDI、日本カスタマイズの「HTC J ISW13HT」発表au初のAndroid 4.0

» 2012年04月20日 10時00分 公開
[田中聡 ,ITmedia]

 KDDIが4月20日、HTC製の新型スマートフォン「HTC J ISW13HT」を発表した。

 HTC Jは、HTCが日本市場に特化して開発した初のモデル。2月28日にKDDIとHTCが日本向けスマートフォンの開発で合意した旨を発表していた。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった日本市場独特の機能に加え、au向けスマートフォンとしては初めてOSにAndroid 4.0を採用。海外で発売された「HTC One S」がベースとなっており、CPUには1.5GHzデュアルコアのQualcomm製「Snapdragon MSM8660A」、ディスプレイは約4.3インチの有機ELを採用。発売は5月下旬以降の予定。

photophoto HTC製の「HTC J ISW13HT」。ボディカラーはレッド、ホワイト、ブラックの3色
photo Beatsのオーディオ効果を得られるイヤフォンを同梱

 HTC Oneシリーズと同様、HTC Jも音楽とカメラ機能に注力している。音楽はBeats by Dr.Dre Audioのオーディオ技術を搭載し、同梱の「Beats by Dr.Dre urBeats In-Ear Headphones」を利用すると、パワフルで臨場感あふれるサウンドを楽しめる。低音を最大限引き出す音源処理をハードウェアとソフトウェアともに施した。

 約800万画素の裏面照射型CMOSカメラは滑らかで色むらのない写真が撮れるよう、HTC独自のチップセット「imageChip」を搭載した。ホーム画面から約0.7秒でカメラ起動、約0.2秒でピント合わせが可能など、カメラのスピードにもこだわった。レンズのF値は2.0。HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影や、フラッシュレベルを自動で調整する機能も備え、光のない/少ない場所などでも自然な写真を撮れる。動画撮影中にシャッターボタンを押すと静止画を撮れる機能も備えた。

 UI(ユーザーインタフェース)にはHTC独自の「Sense4.0」を採用するほか、KDDIがauの2012年夏モデルから提供する「auウィジェット」もいち早くプリセットした。auウィジェットではSNSで友達とやり取りした内容、ニュース、天気予報、周辺情報などを閲覧できる。国内事業者間で共通化された新絵文字も利用できる。Dropboxとも連携し、端末を購入してから2年間は25Gバイトのストレージを無料で利用できる特典も用意した。

 通信サービスは、WIN HIGH SPEEDには対応しないが、下り最大40MbpsのWiMAXを利用できる。もちろんテザリングにも対応し、最大8台の機器でインターネット接続が可能。グローバルパスポートはCDMA、GSM、GPRSに加えて、下り最大7.2MbpsのUMTSもサポートする。バッテリー容量は1810mAh、内蔵メモリはROMが16Gバイト、RAMが1Gバイト。このほか、緊急地震速報、災害・避難情報、津波警報を含む「緊急速報メール」も利用可能。防水機能は備えていない。

 HTC Jは4月21日から、KDDIデザイニングスタジオ(東京・原宿)と、au NAGOYA(名古屋・栄)で展示される。

 HTC Jの発売に伴い、KDDIは「HTC J登場キャンペーン」を実施。5月8日から発売日までにキャンペーンサイト(http://cp-entry.kddi.com/j/)で購入宣言し、発売日から7月31日までにHTC Jを購入すると、もれなくバッテリーパックと専用ジャケットがプレゼントされる。さらに、抽選で500人に高音質のヘッドフォン「Beats Solo」もプレゼントされる。ISネットとISフラットに申し込んでいることもキャンペーンの応募条件。

「HTC J ISW13HT」の主な仕様
機種名 HTC J ISW13HT
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8660A(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約66×132×10ミリ(最厚部11.2ミリ)
重さ 約142グラム
連続通話時間 約560分
連続待受時間 約310時間
メインカメラ 有効約800万画素CMOS
インカメラ 有効約130万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチQHD(540×960ピクセル)有機EL
ボディカラー レッド、ホワイト、ブラック
主なサービス・機能 +WiMAX、テザリング、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、SMS(Cメール)、緊急速報メール、グローバルパスポート(CDMA/GSM/UMTS/GPRS)、GPS、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n) ほか
発売日 5月下旬以降

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー