キーワードを探す
検索

「おサイフケータイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Galxyスマートフォンのエントリーモデルが、auから発売される。税込みで2万円台の買いやすい価格ながらも、日本でニーズの高い機能をしっかり盛り込みつつ、ケータイからの乗り換えユーザーを意識した「かんたんモード」を搭載することで、特に3Gケータイからの乗り換え需要を喚起する。

()

KDDIは、6月6日にサムスン電子製スマートフォン「Galaxy A30 SCV43」を発売する。約6.4インチの有機ELディスプレイや容量3900mAhのバッテリーを搭載。おサイフケータイ(FeliCa)やIPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能、デュアル構成の広角カメラも備える。

()

5月29日、Google Pay(日本向け)がNTTドコモの非接触決済「iD(アイディ)」に対応しました。早速、手持ちの「おサイフケータイ」対応スマホと「SMBCデビット」の組み合わせでセットアップしてみました。

()

LINEモバイルは、3月6日に「LUCKY FESTIVAL」第2弾として人気端末の割引セールを開催。4000mAhの大容量バッテリーや画面を備えた「Moto E5」を一括価格1万4800円(税別)、防水やおサイフケータイなどの便利機能を多数搭載した「AQUOS sense2 SH-08」を一括価格2万9980円(税別)で提供する。

()

米Googleは10月9日(米国時間)に「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を発表する見込み。これら新機種では、Google製端末初の“おサイフケータイ”対応を実現することが複数の関係者の話として伝わってきている。今回はPixel 3からみる最新の「おサイフケータイ」事情についてまとめてみたい。

()

最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、バーコードやQRコードを使った「バーコード決済」の方法を紹介する。

()

最近、スマートフォンや携帯電話を使う「モバイル決済」のサービスが急増している。「昔ながら」のおサイフケータイを使うものはもちろん、バーコードやQRコードを使ったものも多い。この記事では、おサイフケータイやNFCを使った「非接触決済」の方法を紹介する。

()

MMD研究所は、12月14日に「スマートフォンでの決済に関する調査」の結果を発表。スマートフォン決済サービスの認知は85.0%で、利用しているサービス上位は「おサイフケータイ」「LINE Pay」「Apple Pay」。QRコード決済の認知度は51.6%で、うち利用者は1.9%となった。

()

Windows 10 Mobileを搭載した「NuAns NEO」の後継機「NuAns NEO [Reloaded]」が登場。デザインは初代と同じだが、OSをAndroidに変更し、防水やおサイフケータイにも対応。生まれ変わった新モデルの狙いを、トリニティの星川社長に聞いた。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る