連載
» 2009年03月11日 11時00分 UPDATE

“もう挫折しない”健康管理:節約しつつダイエット! 1分で用意できる「タンブラー弁当」のススメ

最近は弁当持参のサラリーマンやOLの方が増えているそうですね。私も節約&ダイエットのために弁当を持参しているのですが、忙しい朝に弁当を用意せねばならないのはちと大変。そんなときには、1分で用意できる「タンブラー弁当」がオススメです。

[シックス・アパート 中山順司,ITmedia]

 最近は弁当持参のサラリーマンやOLの方が増えているそうです。これも不況の影響でしょうか。これまで弁当に無縁だった層も、こぞって外食から弁当に切り替えているそうですね。

 「弁当男子」なんて言葉もあるそうで、かくいう私も弁当派。目的は節約&ダイエットです。職場周辺の定食屋はお代わり無料な店が多いので、ついデフォルトで大盛りにしてしまうのですが、弁当だと自分で量をコントロールできますからね。

 そんなメリットの多い弁当ですが、ネックは「忙しい朝に用意せねばならない点」。それが理由でまだ弁当に切り替えられない方も多いと思います。そこで本日は、「1分で用意できる、お手軽タンブラー弁当」をご紹介します。

ts_desk.jpg バナナの横のタンブラーの中身は……?

タンブラーを弁当箱代わりに

 使うのはコーヒー用タンブラー。スターバックスなどに持参して、コーヒーをいれてもらうアレが弁当箱代わりです。理由はその形状にあります。ビジネスパーソンが弁当を持参する場合、考えねばならないのが「カバンとの相性」。書類やノートPCなどが入ったカバンに、幅のある弁当を詰め込むのはなかなか難しいものでして、そのためには「タテ長で細い弁当箱」が理想になってきます。

 そこでタンブラーがまさにうってつけ。横にスペースを食わず、折りたたみ傘をカバンにつっこむような感じで収納できるので、書類や書籍、iPodなんかで余分なスペースがなくなったカバンでも大丈夫です。

 「タンブラーが収納に便利なのは分かるけど、何を入れるの? 米を詰めるわけにもいかないし」

 そう即座に思われた方もいるでしょう。実は中身はコーンフレークです。朝食用のコーンフレークを、昼食として食べています。理由は、

  1. 消化がよい:胃がもたれず、午後のパフォーマンスが落ちません。
  2. 持ち運びがラク:米とオカズの弁当よりもはるかに軽く、通勤が苦になりません。
  3. そこそこ栄養バランスがとれている:牛乳(※1)も摂取できますし、ナッツやフルーツがふんだんなヘルシータイプを併用することで、糖分やミネラル、炭水化物などバランスよく食べられます。コーンフレークだけでは栄養が心配なので、バナナ(※2)も持参しています。
  4. カスタマイズ可能:1種類だけではさすがに飽きてしまいます。私は常時4種類を常備しており、2種類のフレークを混ぜ、組み合わせを微調整することで、味に変化を持たせています。

 お気に入りは、プレーンのコーンフレーク(砂糖やチョコがまぶされていないヤツ)と、グラノーラ系(ナッツや乾燥フルーツ)を1対1で混ぜたものです。なお、写真のタンブラーの容量は350ミリリットルです。これでお椀にちょうど2杯分のコーンフレークが入ります。

※1:牛乳は持参せず、職場近くのスーパーで買った牛乳パック(1リットル)を社内共用の冷蔵庫で保管しています。5日でちょうどなくなるくらいの量なので、仕事でいうとちょうど1週間ですね。週末をまたがず、賞味期限内に消費することができます。それでも余ったらカフェオレにしています。
※2:バナナはマラソン選手や登山家の栄養補給食品としても重宝されており、栄養価が高く、すぐにエネルギーになってくれます。持ち運びには、100円ショップで買えるバナナケースがおすすめ。カバンに収めやすく、タンブラー同様にポータブル性に優れています。
ts_lunch.jpg

 弁当はなにかしらの調理が必要な場合が多く、どうしても当日の朝の時間を食ってしまいます。ところが、コーンフレークなら前日の晩に用意しておけます。生モノではないので、夏場でも痛む心配がありません。タンブラーに流し込むだけなので、1分で準備完了です。

職場にはあえて常備しない

 「タンブラーで運ばなくても、コーンフレークを箱ごと職場に置いておけばいいんじゃない?」

 と感じる方もいるでしょう。わざわざ自宅から毎日タンブラーに移し変えて持参するには理由がありまして、デスクにあるとつい食べ過ぎてしまうからです。コーンフレークは甘みがあり、牛乳なしでも、そのままお菓子代わりにつまみ食いできてしまう点が逆にデメリットなのです。

 「食べる量はタンブラー1杯分!」と決め、仕事中は手の届かない場所に保管して、量をコントロールしているのです。夕方に少々空腹になりますが、体調は外食をしていた頃よりも快調になりました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -