ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「通勤時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通勤時間」に関する情報が集まったページです。

通勤電車を丸ごとテレワークスペース化 座席前にテーブル設置 西武球場前駅で
電車内でテレワークできる「WORKING TRAIN」が西武球場前に登場。ロングシートの前にテーブルを設置し、コンセントやWi-Fiを開放。球場の試合観戦者向け。(2021/10/7)

Web会議できる“新幹線オフィス車両”本格化 JR東、全線の8号車に導入
JR東が「新幹線オフィス車両」を本格化。東北・北陸・上越新幹線の8号車で運用する。通勤やリモートワーク、ワーケーションなど向け。(2021/10/6)

モバイルSuica・モバイルPASMOでチャージできない障害 通勤・通学時間に発生し混乱広がる ※追記あり
16時ごろに復旧が発表されました。(2021/10/5)

「モバイルSuica」iOS版で障害、アプリで残高チャージできず 通勤時間を直撃【復旧済み】
JR東日本が提供する「モバイルSuica」のiOS版で障害が発生し、10月5日朝からApple Payで残高をチャージできない状態になっている。原因は調査中で、復旧のめどは立っていないという。(2021/10/5)

社労士・井口克己の労務Q&A:
育児で多忙な社員が「休憩をなくした分、早く帰りたい」 希望はかなえられる?
育児で多忙な社員が「勤務中の休憩時間をなくして、その分早く帰りたい」と望んでいます。希望に沿って対応しても、問題ないでしょうか?(2021/9/30)

小説「音声先行」が潮流? 過熱する“耳読書”市場
俳優や声優などが読み上げた本の音声を聴いて楽しむ「オーディオブック」。聴き放題サービスの浸透や新型コロナウイルス禍による在宅時間増もあって急拡大しているこの?耳読書?市場に、小説家たちも熱い視線を注いでいる。(2021/8/17)

小説「音声先行」が潮流? 過熱する”耳読書”市場
俳優や声優などが読み上げた本の音声を聴いて楽しむ「オーディオブック」。聴き放題サービスの浸透や新型コロナウイルス禍による在宅時間増もあって急拡大しており、部数が伸び悩む文芸書の読書発掘や、新しい表現の可能性にも期待がかかる。(2021/8/17)

就業意識調査:
66%が現在の仕事に「満足」 満足の理由は「通勤時間、勤務地」、不満は?
マイボイスコムが就業意識に関する調査を行った。働くうえで重視する点、仕事の満足度、仕事に対する考え方を聴取した。意識はコロナ禍でどのように変化したのか?(2021/8/10)

在宅勤務で栄養失調? 通勤がなくなる→運動しなくなる→お腹が空かなくなって死にかけた、というお話
「在宅勤務で太る」の逆パターン。(2021/9/1)

残業時間に変化は?:
テレワーク環境で悪いと思う点 労働時間や評価方法を抑え1位になったのは?
webメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」を運営するLASSICは、テレワークに関するアンケート調査を実施した。(2021/7/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

どんな不満があるのか:
車通勤のデメリット 3位「事故の危険」、2位「費用」、1位は?
車通勤のメリットとデメリットは何か? 車通勤の経験がある500人に聞いたところ、デメリット1位になったのは……。(2021/7/7)

JRE パスポート:
月額1000円で、定期券に「そばのトッピング」が付いてくる JR東がサブスクサービスのトライアル開始
JR東日本が、通勤定期券を持つ乗客を対象に、飲食やシェアオフィス利用のサブスクリプションチケット「JRE パスポート」の実証実験を開始すると発表した。(2021/7/6)

調査で判明:
朝食にかける時間、最多は「6〜10分以内」 2番目は?
インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)が朝食に関するアンケートを実施した。朝食にかける時間、メニュー選びで重視される点などが明らかになった。(2021/6/25)

「Web会議」の5大トレンド【前編】
オフィス勤務とテレワークの「良いとこ取り」な働き方は定番化するか?
感染症対策として広まったWeb会議は、コロナ禍が落ち着いた後でも引き続き日常業務で活躍する可能性がある。今後は通勤とテレワークの「ハイブリッド」が定着するだろうか。(2021/6/23)

まるで通勤中の会社員? 電車で飼い主の肩にもたれかかり、すやすや眠るワンコがかわいい
わんこの寝顔見ながらの通勤最高。(2021/6/22)

テレワークで浮いた通勤時間の使い方 女性は「家事」が1位、男性は?
テレワークの良かった点についてアンケートを実施。結果、「通勤によるストレスがなくなった」と答えた人が男女ともに最多となり、男性60%、女性は65%に上った。(2021/6/17)

リモートワーク時代の理想的な職場の仲間との関係性:
「リモハラ」「テレハラ」の誤解を生まない作法
コロナ禍の長期化に伴って、リモートワークもだいぶ一般化してきた。リモートワークには当然ながらメリットとデメリットとがある。時間がたつにつれ徐々に、デメリットが顕在化してきた。(2021/6/9)

残業や土日勤務とおさらば 「テレ残」を解消する資料作成サービス
新型コロナウィルス感染拡大に伴い普及したテレワークだが、通勤時間短縮のメリットがある一方で、仕事とプライベートの境界が曖昧となり時間管理が課題となっている。時間を気にせずについ残業してしまう「テレ残」を解消すべく、「HandOut」を運営するナカヨカは、スライド資料作成サービス「HandOut Quick(β版)」の事前登録受付開始を発表した。(2021/5/31)

JR九州がシェアオフィス新幹線導入 車内でオンライン会議 期間限定、追加料金なし
JR九州が、列車内でオンライン会議や電話での打ち合わせなどができる「シェアオフィス新幹線」を期間限定で導入すると発表。出張や通勤の移動時間を有効活用してもらうためのサービスで、追加料金なしで座席を提供する。(2021/5/27)

国内初「AI冷房」って何だ? 2021年度登場、JR東海の新型通勤電車「315系」 鉄道ファン目線でチェックしてみた
旧国鉄時代の車両はなくなりますが、ハイテク機能で快適そうです。(2021/5/21)

都心回帰?:
20代が希望する通勤時間は「15〜30分」 コロナの影響で住みたい場所は「都心」へ?
働く20代に希望する通勤時間を聞いた。最も多い回答は「15〜30分」だった。住環境の考え方にもテレワークの影響が?(2021/5/19)

「GW前の利用状況に戻っている」 JR東日本、通勤時間帯の「減便」中止を発表
通常通りのダイヤで運行します。(2021/5/6)

【緊急事態宣言に伴い】GW期間、首都圏鉄道各社の減便対応まとめ
平日ダイヤの朝・夕時間帯が対象です。【更新】JR東日本、5月7日分の減便予定を取りやめ、通常の平日ダイヤで運行(2021/4/27)

不動産市況:
コロナ禍における注文住宅の購買行動を調査、Webでの情報収集時間が増えた人が41.9%
全研本社は、コロナ禍で注文住宅の購入を検討している105人を対象に、コロナ禍における注文住宅の購買行動の変化をインターネット上で調査した。結果、コロナ禍によるワークスタイルの変化で、注文住宅の購入を検討する人はインターネットを用いて情報収集する時間が増えた一方、ポータルサイトなどで表示されり候補企業が多すぎて絞り込めていないことが判明した。(2021/4/27)

コロナ禍で残業時間が最も大きく減少した職種は? 職種別の残業時間ランキング
パーソルキャリアは、20〜59歳のビジネスパーソン1万5000人を対象に、2020年上半期の職種別残業時間の実態を調査した。その結果、4月の緊急事態宣言後、全職種の平均残業時間が約7.5時間減少したことが分かった。(2021/4/23)

メンタル不調につながる恐れ:
何がリモハラ? 判定基準と対策 相手が「目の前にいない」から、気を付けるべきこと
連載「リモートワーク下での『労働時間・賃金制度』再設計」第3回は、リモートワーク体制の労務管理の注意事項をみていきましょう。(2021/4/22)

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

日本のディーゼルカー「こがね」がフィリピンでデラックスに再活躍 「往復6時間」の通勤もこれなら快適!? 
内装がとてもデラックス。(2021/4/7)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
「テレワーク百選」に選ばれた向洋電機土木の建設業に効く、テレワーク活用法
向洋電機土木は、2008年にテレワークを導入して以来、2018年度には従業員の平均労働時間を2008年度比で300時間減の1800時間とすることに成功した。また、テレワーク環境を整備したことを評価され、2018年度の採用に関しては、新卒の応募者数は2008年度比で299人増の300人となり、中途の応募者数は同比596人増の600人に及んだ。(2021/4/2)

8割近くが妥協している:
転職先の条件で妥協したこと 3位「勤務地」、2位「就業時間」、1位は……
転職をしたものの、新しい職場に失望してまた転職……。理想の職場が見つからず、妥協して決めた……。という人も多いのでは。どのような点に妥協したのだろうか。(2021/3/31)

2020年の睡眠時間、世界的に増加 ただし“格差”広がる 日本は……?
世界各国500万人分のデータから、運動や睡眠、年末の体重変化を分析し、2019年と20年のデータを比較したレポートを発表した。結果は?(2021/3/13)

急がれるポストコロナ時代の働き方への対応
予算も時間も限られた企業が“最短距離”でテレワークを始めるには
今までは「予算が」「ノウハウが」と言ってテレワークを導入できずにいた企業も、そう言ってはいられない。ポストコロナ時代に適合した働き方への移行が求められ、中堅・中小企業も人ごとではない。(2021/3/11)

「移動」を新たな成長分野に:
お店が近所にやってくる! 三井不動産が「動く店舗」で打ち出す、買い物体験の新機軸
三井不動産が「移動商業店舗」事業を始動。飲食や日用品、サービスなどの移動店舗を人々の生活圏で展開する。場所や時間などで変わるニーズに柔軟に対応。店舗にとっては低コストで直接客と触れ合う機会になる。“移動”を新たな成長分野としていく方針だ。(2021/2/24)

武蔵野線205系、東京メトロ6000系…… グッと胸が熱くなる、海を渡った日本の通勤電車が「ジャカルタ仕様」になっていく動画
205系、6000系、ジャカルタでも活躍してね。(2021/2/17)

日本のテレワーク対象者は約2000万人 増えた可処分時間は――NRI調査
野村総合研究所のテレワーク実態調査によると、コロナ禍を契機に増加したテレワーク利用者の比率は2020年12月時点で29%、テレワーク対象者は2000万人弱であることが分かった。テレワークで増えた「可処分時間(自由に使える時間)」は1人当たり平均年90時間となった。(2021/2/12)

「雑談時間」をつくるだけでは不十分:
ストレスを解消し、コミュニケーションを活発にするテレワーク中の「雑談」、真のポイントとは?
テレワークで課題のコミュニケーション。この課題を解消しようと、雑談の機会を設ける企業も多いのでは。しかし、ただ雑談の時間を設けるだけでは、なかなか成功しない。そこで今回は、「テレワーク中の雑談」に関して解説する。(2021/2/1)

昼はネコ、夜は工場夜景 都会のローカル線ワンダーランド「鶴見線」のひみつ10選
日中は1時間に3往復、「密にならない」都会のローカル線を愛でましょう。(2021/1/20)

鼻毛脱毛周期にあわせて出店:
駅でこっそり鼻毛処理 1.5坪の専門店が大阪メトロに出店 東京ではリピーター続出
都営地下鉄の駅構内で鼻毛脱毛の専門店を展開する「ekibana 3分エチケット」が1月4日、大阪メトロ 御堂筋線のなかもず駅構内に出店した。固定店舗を持たないブース型の店舗で、通勤や通学、買い物時など、駅を利用する合間に立ち寄れる形式を採用。自分で鼻毛処理ができない人の需要を狙う。(2021/1/15)

JR東が特急「湘南」を運行開始:
なぜ? 首都圏で「通勤向け特急」が増えている背景
JR東日本が、通勤向けの特急に力を入れている。すでに常磐線の「ときわ」、高崎線方面「スワローあかぎ」、中央・青梅線方面の「はちおうじ」「おうめ」が運行されているが、来春のダイヤ改正では、特急「湘南」が東海道本線方面にデビューする。これら通勤向け特急が運行される背景を考えてみたい。(2020/12/24)

厚労省、テレワークガイドラインを見直し 休日・深夜の連絡を抑制へ
テレワークガイドラインの見直しに向け、有識者が提言書をまとめ、厚労省に提出した。海外の事例を基に、時間外の業務連絡にルールを設けることなどを盛り込んでいる。(2020/12/23)

さよなら「有明」、通勤列車も様変わり 鉄道ファンが注目した「JRグループ2021年春のダイヤ改正」
名物(?)「横浜通過」も見納めに……。(2020/12/22)

新しい通勤スタイルを提案:
JR西日本、時差通勤でポイント付与 21年春から1年間
JR西日本は、「ICOCA」の通勤定期券を利用した時差通勤でポイントを付与するサービスを2021年春に始める。駅や車内の混雑緩和を促す。(2020/12/16)

通勤地獄に対応:
座席が天井から降りてくる! 京阪5000系 5扉運用終了へ 50周年記念イベントも開催
京阪電気鉄道は12月8日、ラッシュ時とその他の時間帯で座席数を変更できる5000系の5扉運用を、2021年1月29日に終了することを明らかにした。あわせて、5000系の誕生50周年を記念したイベントを12月20日に開催すると発表した。(2020/12/9)

【限界徹夜の体験談】「これが大人たちが作った会社なのか」 ブラック企業で約5カ月間、1日1〜2時間睡眠の生活をしていた人のお話
精神的に追い込まれて眠れなくなり、病院では双極性障害と診断されたそうです。(2021/2/22)

社会保険料や税金への影響も:
テレワーク下での「通勤手当」と「在宅勤務手当」、どうやって支給する?
在宅勤務を推奨する中で、通勤手当を減らし、在宅勤務手当の創設を検討する企業が増えている。在宅勤務手当の支給方法にはさまざまな種類があるが、方法によって社会保険料や税金に影響する。制度を設計するにあたり、抑えておくべきポイントを解説する。(2020/11/24)

「時差通勤」でポイント還元、JR東日本が2021年春開始
「10回乗れば1回分タダ」の繰り返し利用特典も2021年3月1日から。(2020/11/10)

2021年春から:
JR東日本、時差通勤や「同区間月10回乗車」でポイント還元 通勤の多様化に対応
JR東日本は、通勤スタイルの多様化に対応した「Suica」の新しいポイントサービスを2021年春に開始する。時差通勤や、同一運賃区間の月10回以上利用によってポイントを還元。新しい通勤のニーズに応じたサービスを展開する。(2020/11/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤」は減っていく? 東急の6700人アンケートから読み解く、これからの鉄道需要
東急は、アプリを通じて6760人に実施したアンケート結果を発表した。新型コロナの影響で在宅勤務などが広がり、鉄道の需要は低下。しかし、今後も定期券を更新する人は多く、転居しようとする人も少ない。通勤需要は元通りには戻らないが、ある程度回復しそうだ。(2020/11/6)

キャリアニュース:
座り過ぎを1日当たり1時間減らして睡眠に充てるとメンタル不調が減少
明治安田厚生事業団体力医学研究所は、勤労者の活動や睡眠時間が心理的ストレスや仕事への活力に関連するかを調査した。その結果、平日座る時間を60分減らして睡眠に充てると、メンタル不調が減少する可能性があることが分かった。(2020/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。