ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通勤時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「通勤時間」に関する情報が集まったページです。

「通勤ラッシュの自由席」をメルカリで転売、まさかの発想に疑問の声 広報「禁止された出品物に当たる」
指定した時間・車両の席に座っておいて、メルカリの購入画面を見せてくれた人に譲る……アイデアは斬新だけど、許されるの?(2019/6/6)

職場には子どもが過ごせる環境がない 親の意識調査から見る「子連れ出勤」の壁
子連れの通勤電車はとても大変。(2019/5/30)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(62):
長崎編:今は仕事よりも時間が大切――南の島でフリーランスエンジニアとして働く「りょうさん」のお話
奨学金返還サポートを10年間受けつつ、釣りをしながらフリーランスのエンジニアで働く(ことも可能)――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」長崎編最終回は、五島市役所職員と、Iターンエンジニアにお話を伺いました。(2019/5/30)

エスカレーターの片側歩行 なぜやめられないのか
通勤・通学ラッシュの時間帯になると、混雑する駅や、週末の百貨店のエスカレーター。どんなに混んでいても、歩いて昇る人のために片側を空ける場合が多い。だが、歩いて昇る人が追い抜きざまに他の人と接触して転落などの事故が起きる危険が大きい。鉄道各社などは2列で立ち止まって乗るように呼びかけているが、あまり定着していない。なぜだろうか。(2019/5/24)

実は非効率:
エスカレーターの片側歩行 なぜやめられないのか
通勤・通学ラッシュの時間帯になると、混雑する駅や、週末の百貨店のエスカレーター。どんなに混んでいても、歩いて昇る人のために片側を空ける場合が多い。鉄道各社などは2列で立ち止まって乗るように呼びかけているが、あまり定着していない。なぜだろうか。(2019/5/24)

キャリアニュース:
テレワーク経験者は3%、その7割以上がテレワークに「満足」
エン転職が「テレワーク」についてのアンケート調査結果を発表した。テレワーク経験者は3%にとどまったが、この働き方に72%が満足していた。テレワークを選んだ理由は「通勤ストレスがないから」が最も多かった。(2019/5/23)

まずは……:
自動運転車で通勤できる日は来るのか
自動運転技術の利点は明らかだが、皆が利用しようとすればするほど都会では渋滞がひどくなり、利用者の満足度は下がることが目に見えている。結局、通勤に自動運転車を利用できるのは都会以外か、自動運転車ばかりになる次世代を待つしかない。(2019/4/28)

見通しの甘さと誤算:
廃虚として次世代へ 平成に生まれた愛知の未来鉄道
まもなく終わる平成。その時代に開業したものの、わずか15年で平成のうちに廃線となった「鉄道」がある。愛知県小牧市にある桃花台(とうかだい)ニュータウンの住民の通勤、通学の足として期待された新交通システム「桃花台線」だ。(2019/4/26)

年収1000万円プレイヤーの朝は早い……睡眠時間も少なめ、という調査結果
いっぱい稼ぐのも大変なんだなと思いました(凡人の感想です)。(2019/4/19)

ネッツトヨタ瀬戸内、遊休車両を活用した従業員向け乗合通勤サービスを開始――富士通のMaaS基盤「SPATIOWL」で運用
ネッツトヨタ瀬戸内と富士通は、試乗車などの遊休車両を有効活用した従業員向けの「乗合通勤サービス」を開始。富士通のMaaS基盤「SPATIOWLオンデマンド交通サービス」上で、運転手と乗合希望者、遊休車両をマッチングする。運用ノウハウを基に、シェアリングビジネスへの参入も念頭に置く。(2019/4/19)

かつての混雑率は300%超:
いつまで続く? 通勤ラッシュへの挑戦、歴史は長い
4月である。新入社員や新入生が電車に乗るようになって、「通勤電車が混んできたなあ」と感じている人も多いのでは。通勤ラッシュを改善させるために、首都圏の鉄道会社はどのようなことに取り組んできたのか。(2019/4/12)

縮減率は平均66.8%:
RPAで年換算438時間の縮減、東京都が実証実験
東京都は、RPAによる作業自動化の共同実証実験結果を発表した。主税局やオリンピック・パラリンピック準備局などの29業務を対象に実施した結果、25業務で年間換算438時間の縮減効果が得られたという。(2019/4/1)

「座りたい」:
首都圏の鉄道で続々登場する着席サービス、背景にあるのは?
首都圏の私鉄各線で着席サービスが増えてきた。JR東日本では「中央ライナー」「青梅ライナー」を特急化。「座って通勤」の需要に応える動きが続く。(2019/3/29)

「通勤電車の反対方向に乗る夢」を叶えよう――自転車と一緒に! 超絶面白い「輪行」のコツを伝授しちゃうよ
どこへでも行ける。(2019/3/23)

あす3月11日 春の嵐に警戒! 被災地は大荒れ、通勤・通学に影響も
関東でも朝の通勤・通学時には激しい雨にご注意を。(2019/3/10)

「嵐山で迷子になってくれる人を募集」 京大など実験、ネットで応募殺到
「京都・嵐山で1時間、迷子になってくれる人を募集」――東京大学、京都大学などがこのほどそんな募集を出し、ネット上で話題を呼んでいる。実証実験の目的は。(2019/3/5)

通勤ラッシュに“子育て応援車両”を―― 「満員電車にベビーカーで乗車」問題で市民団体が小池都知事に要望
子どもにとって安全とは言いがたい満員電車。どう変えていくべきなのか?(2019/2/26)

通勤をなくす:
働く人が“楽”になるために、僕はこんなことをしてきた
「毎朝、満員電車の中で揺られて、通勤するのがつらい」といった人も多いのでは。生産性を高めつつ、働く人が楽になるにはどうすればいいのか。働く場所に縛られない、ソニックガーデンの「リモートチーム」を紹介する。(2019/2/22)

トヨタとソフトバンクの「モネ」、勤務先まで送迎 丸の内でシャトルバス実証実験
ソフトバンクとトヨタが設立したMONET Technologiesが「オンデマンド通勤シャトル」の実証実験を都内で行う。丸の内に通うビジネスマンを送迎する。(2019/2/18)

月刊乗り鉄話題(2019年2月版):
「必ず座れる通勤電車」考察 東急「Qシート」は他と何が違うのか
なぜ「Qトレイン」ではなく「Qシート」なんですかね?(2019/2/15)

通勤中にスーツで発電 スマホを充電、AOKIなど試作
理化学研究所は紳士服のAOKIなどと共同で、柔らかい素材でできている太陽電池を貼り付けた「発電スーツ」を試作したと発表した。スマートフォンの充電や災害時の非常電源として使えるほか、着ている人の脈拍をモニタリングするなどの電子機能を持った衣服の電源に活用できると期待される。(2019/2/1)

特集・ビジネスを変える5G:
通勤ラッシュがなくなる? 老舗オフィス空間メーカーが「5G」に期待する理由
多くのビジネスパーソンを苦しめる通勤ラッシュから解放される未来が、次世代通信規格「5G」で実現するかもしれない。「5Gオフィス」の実証実験に取り組むイトーキに聞く。(2019/1/18)

月刊乗り鉄話題(2019年1月版):
秩父鉄道の「夜行急行」で夜明かし、その懐かしさにむせび泣く
夜中の長時間停車、駅ですする立ち食いそば!!(2019/1/17)

通勤時間帯に:
JR東、特急「はちおうじ」「おうめ」新設
JR東は2019年3月16日付ダイヤ改正で特急「はちおうじ」と特急「おうめ」を平日の朝・夜時間帯に新設する。(2018/12/14)

アルコールが抜けるまでの時間、4割が知らない タニタ「飲酒運転」社会人の意識調査の結果発表
飲み過ぎや遅い時間の飲酒で「翌朝に飲酒運転をしてしまう」ケースにも注意するよう呼びかけています。(2018/12/9)

デジタルワークプレイス:
働き方改革で目指したい職場環境は?
残業時間の短縮や労働生産性の向上など、「働き方改革」は企業目線で語られることが多く、「働かせ方改革だ」といった皮肉もある。そうではなく、「従業員の経験価値」を中心に置いた職場環境を目指すべきだという。(2018/11/28)

キャリアニュース:
フレキシブルな働き方による経済効果は世界で10兆400億ドル
リージャスが、16の国と地域を対象にした調査結果を発表。フレキシブルな働き方による効果を予測した結果、2030年までに世界で10兆400億ドルの経済効果が見込まれることが分かった。節約できる通勤時間は、延べ35億3000万時間に上るという。(2018/11/15)

リニア開通で日本の「働き方」が変わる:
長野県、山梨県、静岡県が「首都圏」になる日
2027年に東京(品川駅)・名古屋間の開通が予定されているリニア中央新幹線(37年には名古屋・大阪間も開通予定)。開通後は移動時間が飛躍的に短縮されるため、長野県、山梨県、静岡県も東京までの通勤圏になってくる。日本の働き方にどんな影響を与えるのかを考えてみた。(2018/11/15)

Netflixが意外とデータ容量を消費しない理由 本社で見た最新テクノロジー
Netflixのストリーミング動画を流しっぱなしにしたところ、意外とデータを消費しませんでした。SD画質のベーシックプランでの時間とはいえ、きれいな映像だったので不思議に思っていました。ちょうどそんなとき、Netflixが米国ロスガトスの本社に日本の報道陣を招くイベントを開催したので、参加してきました。(2018/10/16)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急の鉄道分社化で「通勤混雑対策」は進むのか
東急電鉄が鉄道事業を分社化すると発表し、話題になった。この組織改革は「混雑対策への大きな一歩」になるのではないか。対策に迫られている田園都市線渋谷駅の改良につながるかもしれない。なぜなら……(2018/10/5)

モバイル版「Googleマップ」にリアルタイムの交通情報を1タップで確認できる「通勤」タブ
AndroidおよびiOS版「Googleマップ」に「通勤」タブが追加される。従来の「車」と「公共交通機関」のタブが1つにまとまり、車と電車を使う通勤でも最適なルートを表示する。アプリ内でSpotifyなどの音楽も操作可能になる。(2018/10/2)

神奈川県、RPAロボで県庁の定型業務を自動化――富士通、大崎コンピュータと共同でRPA導入の実証実験
神奈川県は、富士通、大崎コンピュータエンヂニアリング(大崎コンピュータ)と提携し、県庁業務にRPAを活用して、業務効率化と業務負担軽減などを図る実証実験を開始した。通勤手当の認定業務と災害時用の職員配備計画の作成業務をRPAロボットで自動化し、効果を検証する。(2018/9/25)

JR阪和線、台風で線路内の電柱倒れる 5日朝の通勤ラッシュ「運行本数5割に減らす」
電柱が倒れて電車の上に。(2018/9/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(47):
愛知編:専門学校はリケジョ推し――愛知のリアルなIT就業者数、正社員比率、男女比、残業時間
愛知県のエンジニアの男女比は? 残業時間は?――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」。愛知編の第2回は、統計情報を基に愛知の仕事事情を名古屋在住の若手元エンジニアが解説します。(2018/8/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
時差Bizが「満員電車ゼロ」の“最適解”といえる理由
東京都の「時差Biz」キャンペーンが7月9日から始まった。「満員電車ゼロ」を目指して、時差通勤を呼び掛ける取り組みだ。問題点も多いが、キャンペーン自体にはやる意味がある。なぜかというと、満員電車の解決策は一つしかないからだ。(2018/7/20)

Yahoo!検索傾向からみる大阪府北部地震と熊本地震 通勤しようとする被災者、デマの拡散など課題が浮き彫りに
共通点もあれば違いもある。(2018/7/17)

23年度に利用開始予定:
JR東、武蔵小杉駅に横須賀線ホーム増設、新改札口も “タワマン混雑”対策
JR東と川崎市が、JR武蔵小杉駅に下りホームと改札口を新設する。完成は2023年度の予定。同駅は朝の通勤時間帯などにホームや連絡通路が混雑する点が問題視されていた。(2018/7/17)

出張連載 耐え子の日常:
買い物中にチャリが暴走族みたいに改造される OLが異常な“路上の不幸”に遭遇しまくる「耐え子の日常」―通勤・退勤編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第3回は「通勤・退勤で耐える」編。(2018/6/25)

大切な時間を過ごすために:
スマホを我慢したい…… その気持ちに訴える「付せん」とは?
気が付くと時間を忘れてスマホをいじっている……。そんな悩みの解消をサポートする「付せん」を開発した企業に、その思いを聞いた。(2018/5/18)

ビジネスパーソンに人気:
19万人以上が利用 本の要約サービス「フライヤー」が簡単にまねされない理由
もっと本をたくさん読みたいが、時間がない。そんなビジネスパーソンは多いはず。そうした悩みを持つ人たちに今人気を集めているのが書籍要約サービス「フライヤー」だ。(2018/5/15)

7月9日から1カ月間:
満員電車ゼロ目指す 東京都「時差Biz」今夏も実施
昨年に続き、東京都は会社勤めの人たちなどの通勤時間をずらして、通勤ラッシュを解消する「時差Biz」を実施する。夏季の実施期間は昨年の倍の1カ月間。今年度は冬季も行う予定だ。(2018/5/14)

飛行機も立ち乗りの時代に? 航空機シート製造メーカーの最新立ち乗りシートが気になる
ちょっと長めの通勤だと思えば、きっとイケる(?)。(2018/5/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
160円でJRを“大回り乗車” 新緑と彩り駅弁、唐揚げそばを味わう12時間
もうすぐ大型連休。鉄道に乗ることを楽しむ「乗り鉄スタイル」のお手軽な旅をご紹介。JR運賃の特例を使って、渋谷から160円で“大回り乗車”してみると……。(2018/4/27)

深夜でも商品が受け取れる専用ロッカー、池袋PARCOが試験導入
池袋PARCOに24時間受け取り可能なロッカーが4月23日から6月30日まで設置される。ロッカー導入に向けた試験運用で、池袋PARCOに出店している店の商品を通販サイト「カエルパルコ」から購入すると利用できる。(2018/4/19)

買い物券などと交換:
東京メトロ、豊洲駅の混雑緩和でキャンペーン
東京メトロは3月27日、豊洲駅(有楽町線)の混雑緩和キャンペーン「とよすプロジェクト」を4月2日〜7月31日の平日に実施すると発表した。オフピーク通勤・通学や、ホーム階から改札階に向かうルートの分散を推奨し、混雑緩和を目指す。(2018/3/28)

柔軟性を高める目的とは:
「時差出勤」で働き方は変わるか 導入企業の狙いと効果
大企業で時差出勤が導入されることが話題になった。勤務時間の長さや勤務場所は変わらないが、働き方の柔軟性を高めることにどの程度効果があるのだろうか。2016年に時差出勤を導入した三井物産に聞いた。(2018/3/7)

「お祭りにはしたくない」――「MUFGコイン」生かすアイデア、ベンチャーから募集、三菱UFJの“本気度”
「五輪のマイナー競技の選手へ寄付できる」「通勤・通学のピーク時間帯を避けた人にプレゼント」――三菱東京UFJ銀行が、独自のデジタル通貨「MUFGコイン」を活用するアイデアを募り、参加した企業からは新サービスへとつながる提案が飛び出した。(2018/3/5)

【マンガ】営業時間短縮で“コンビニではないコンビニ”が生まれる可能性
人手不足などから、営業時間短縮の動きが現れていますが……。(2018/3/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
セブンの「時差通勤制度」に見る、働き方改革の“限界”
セブン&アイ・ホールディングスが時差通勤制度を導入する。評価すべき取り組みだが、一方で、一律の時間枠で社員を拘束する点においては、何も変わっていないと解釈することもできる。同社の取り組みが現実的なものであるが故に、多様な働き方を実現することの難しさが浮き彫りになっている。(2018/3/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
京王電鉄「京王ライナー」増発に“ちょっと心配”
京王電鉄が2月22日にダイヤ改正を実施する。注目は同社初の座席指定列車「京王ライナー」の誕生だ。平日、土休日ともに夜間時間帯を中心に運行する。京王電鉄沿線の価値向上に貢献するけれども、ダイヤを見て少し心配になった。どうか杞憂であってほしい。(2018/2/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。