ニュース
» 2009年11月09日 19時25分 UPDATE

作図スピード6倍? 「PowerPointの達人」VS.「Visio 2010」の結果は――

マイクロソフトのビジネス向け作図ソフト「Visio」。最新版のVisio 2010では操作性を改善し、「作図にかかる工数を大幅に低減した」という。

[杉本吏,Business Media 誠]

 「社内の“PowerPointの達人”は、フローチャートを作るのに1分30秒かかった。同じものをVisioで作ったら15秒で済んだ」――そんな話をマイクロソフトの記者説明会で聞いた。

 マイクロソフトは11月9日、ビジネス向け作図ソフト「Visio 2010」に関する説明会を開催した。β版を11月中にリリースし、正式版は2010年前半のリリースとなる見込み。価格は未定。

ts_visio1.jpg

 Visioは、ビジネス文書やプレゼンテーション資料の作成時などに利用できる作図ソフト。フローチャートやオフィスレイアウト図などを手軽に作成でき、WordやExcel、PowerPointなど各Officeソフトとの連係機能も備えている。

 最新版となるVisio 2010では、Office 2007から採用されたリボンユーザーインタフェースを採用した。図形の色や形の選択時に、メニューにマウスオーバーするだけで変化が反映されるなど、操作性を改善。作図にかかる工数を低減したという。

 マイクロソフト社内で最もPowerPointの操作が速い社員がフローチャートを作成したところ、複数回テストしてのベストタイムは1分34秒。一方、Visioで同じ図を作成するのにかかった時間は15秒と、約6分の1の時間で済んだという。

ts_flow1.jpgts_flow2.jpg

 Webブラウザを使って社内コラボレーションやドキュメント管理が行えるSharePointとの連係機能も強化した。Visioで作成したフローチャートをSharePoint上で共有し、進捗具合を確認できる「プロセスマネジメント」などの機能を搭載。「フローチャートによる進捗確認には他社の専用ソフトも多くあるが、VisioとSharePointを組み合わせることでより低価格で実現できる」(マイクロソフト・インフォメーションワーカービジネス本部の吉村徹也部長)

ts_pm1.jpgts_pm2.jpg サイドバーに表示されるウィザードを使ってワークフローを作成(左)し、SharePoint上で共有できる。画像は社内文書承認フローでの利用例(右)

 データベース(DB)上のデータを、リアルタイムにブラウザ上で可視化する「Visio Services」も新機能の1つだ。

 Visioでは、作成した図面内の各図形に、外部データを持たせることができる。例えば業務サーバの稼働状況を示す図を作成したい場合、サーバを表すアイコンと、DB上の稼働状況データをリンクし、サーバの状況(使用可能/不可能)によってアイコンの色を変えるといった操作が可能だ。

 Visio Servicesは、こうして作成した図面をSharePoint上に表示できる機能。図面に関連付けられているDB上のデータが変更された場合でも、ブラウザ上で更新すれば、データを反映した図面をリアルタイムで確認できる。

ts_vs1.jpgts_vs2.jpg Visioでは図形にデータをひも付けられる

ts_vs3.jpgts_vs4.jpg データが更新されると図面も更新され、ブラウザ上でリアルタイムで確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ