ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

営業コミュニケーション大解剖:
なぜ営業スタイルの「型化」に失敗するのか 押さえたい2つのポイント
営業マネジャーやメンバーが目標達成に向けて業務に取り掛かるにあたって押さえたい、チームの成果を最大化する2つのポイントを紹介する。(2024/4/11)

リサイクルニュース:
サカタインクスがサーキュラーエコノミー実現に向け印刷関連業界で実証実験を開始
サカタインクスは、印刷関連業界における廃棄物の回収から処理、資源の再生までの循環システムを構築し、サーキュラーエコノミーの実現を目標とする実証実験を開始すると発表した。(2024/4/9)

CFO Dive:
AI時代、コスト削減したい でも8割は目標達成ならず 足を引っ張るのは何か
デロイトの調査(2023年)によると、「過去1年間にコスト削減目標を達成できなかった」とする企業が82%に上った。これは同社が調査を始めて以来最高値だ。足を引っ張っているのは何か。(2024/4/10)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
ドローン第一人者の野波健蔵氏が創業した「Autonomy」の国産機体はどこが違う?ワイヤレス給電で24時間の現場監視
Autonomyは、日本でのドローン開発の第一人者として知られる千葉大学 名誉教授 野波健蔵氏が2022年1月に創業した会社。日本のドローンに関する研究開発と社会実装で世界の優位に立つことを目標に定め、オープンソースを使わない完全オリジナルのスタンスで優れた機体とソリューションを生み出している。(2024/4/3)

材料技術:
東邦チタニウムが成長戦略を発表、2030年度に2022年度比で売上高と利益を倍増へ
東邦チタニウムが2024年度以降の成長戦略や今後の展望などについて説明。足元で需要旺盛な航空機向けの高純度のスポンジチタンを軸に事業拡大を進め、2030年度の業績として2022年度実績の倍増以上となる売上高1700億円、経常利益250億円という目標を掲げた。(2024/4/2)

メカ設計ニュース:
卓上型空圧式射出成形機の海外向けクラファン開始、国内販売は4月末予定
オリジナルマインドは、エアシリンダーを駆動源とする空圧式射出成形機「INARI P35」の海外向けクラウドファンディングを開始した。実施期間は2024年4月18日までで、目標金額は100万円。国内での販売開始は2024年4月末で、価格(税込み)は98万8000円を予定する。(2024/4/2)

「静岡」着工見通せず:
リニアの令和9年開業「困難→断念」 経済効果の影響は?
JR東海がリニア中央新幹線の品川−名古屋間について、令和9年の開業目標を断念した。(2024/3/30)

【前編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠が「人事改革の失敗」から得た教訓 “働きやすい会社”を目指すのはやめて、どうしたのか
労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。(2024/3/25)

ロックフェラー家当主も推進するブルーシーフードが救う 海洋大国ニッポンの課題
ロックフェラー家の当主でロックフェラー・キャピタルマネジメント取締役のディビッド・ロックフェラー・ジュニア氏などが推進しているのが「ブルーシーフード」だ。SDGsの目標「海の豊かさを守ろう」のために、日本企業が取り組むべきことは?(2024/3/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
それでも円安は続くのか 日銀「17年ぶり利上げ」の影響は
2024年3月19日、日本銀行は長期にわたる異例の金融緩和策に大幅な修正を加える“利上げ”に踏み切った。日銀の植田総裁は、2%の物価安定目標が持続的かつ安定的に実現していく見通しや、着実な賃上げ基調を材料に黒田前日銀総裁の導入したマイナス金利政策から脱却したのである。(2024/3/22)

スピード破局話題の遠野なぎこ、直近の交際相手は「結婚が目標ではない」断言 ネット上の“臆測”にピシャリ
「恋愛ってそういうものですよ」というネット上の声も。(2024/3/20)

カイロスロケット爆発 痛手を負っても「失敗」といわず、目標も変えないスペースワンの事情
「打ち上げミッション4のステップ1まで到達した。ステップ2の段階で飛行中断処置を行った」。記者会見で豊田正和社長が話した通り、スペースワンは“失敗”という言葉は使わなかった。(2024/3/13)

AIの軍事活用プロジェクト「TITAN」でPalantirが米陸軍から1億8000万ドルの契約獲得
Palantir Technologiesは、AI活用の攻撃目標ターゲティングシステム「TITAN」の契約を米陸軍から獲得したと発表した。長距離精密射撃までの時間を大幅に短縮できるシステム搭載の軍事車両の開発を進める。(2024/3/11)

プロジェクト:
コーエテクモの光優が運営する「ゲームミュージアム」や29階建てオフィスを含む、MM21街づくりに大和ハウスが着工
大和ハウス工業と光優は、神奈川県横浜市西区のみなとみらい21中央地区で、世界初を謳うゲームアートミュージアムや地域熱供給プラント、29階建てオフィスから成る街づくりに、2027年7月の開業を目標に着工した。(2024/3/11)

パナソニックHD 2027年にアジア・オセアニア地域の水事業売上高235億円へ 製品・サービス強化
パナソニックホールディングス(HD)は6日、ポンプや浄水器などを展開する水事業について、アジア・オセアニア地域の売上高を2027年に22年比で約1.9倍の235億円に拡大するとの目標を発表した。(2024/3/7)

西川、人気の「お尻のまくら」で子ども用を発売 保護者の悩みに着目
正式発売前に行った先行予約販売では、目標金額の約9倍を達成していた。(2024/2/29)

美容系YouTuber「コスメヲタちゃんねるサラ」が登録者数100万人突破! 解説動画やユニークな動画で人気
「目標にしていた登録数なので達成できて凄く嬉しいです!」とコメント。(2024/2/28)

脱炭素:
アサヒグループ、バリューチェーン全体の脱炭素目標を10年前倒し
アサヒグループホールディングスは、バリューチェーン全体の脱炭素目標を10年前倒し、2040年までにCO2排出量ネットゼロを目指す。(2024/2/28)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】
クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由
Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/2/23)

エンジニアに聞く、3年以内に達成したい目標 3位「新たな技術を学ぶ」、2位「リーダーシップやマネジメントスキルの習得」、1位は?
エンジニアは、自身のキャリア展望についてどう考えているのか。キャリアデザインセンターが調査結果を発表した。(2024/2/22)

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

「自分で決めたルールを自分で変更することもできる」 立てた目標を「一旦忘れる」姿勢に「あるある」と共感の声
柔軟にやっていきたい。(2024/2/15)

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:脱炭素セミナーで学ぶ、気候変動対応を取り巻く世界情勢と日本企業の取り組み
温室効果ガス削減への取り組みが活発化する中、国内でも、国際的な基準であるGHGプロトコルによる温室効果ガス排出量の算定が進んでいる。関西電力のセミナーより、気候変動対応を取り巻く情勢や日本企業における環境目標などを紹介する。(2024/2/14)

Gartner Insights Pickup(337):
テクノロジーロードマップをビジネスに結び付ける4つのステップ
ロードマップの価値は、テクノロジーをビジネス目標と結び付けることにある。本稿では、ステークホルダーにとって価値のあるものにする4つのステップを紹介しよう。(2024/2/9)

作成に役立つ3つのアプローチ:
各スプリントの成果を向上させる「適切なスプリントゴール」の作成方法を解説
TechTargetは、「スクラムにおけるスプリントゴールの作り方」に関する記事を公開した。スプリントゴールは、そのスプリントで実現する目標のことだ。本稿では、適切なスプリントゴールの作成方法とその効果について解説する。(2024/2/9)

製造工程の最適化などにも適用可能:
量子アニーリングマシンとMLを活用、新規化学材料の組成発見
東北大学の研究グループとLG Japan Labは、量子アニーリングマシンとベイズ的最適化と呼ばれる機械学習(ML)技術を連係し、これまで未探索であった目標特性値を持つ新規化学材料を発見した。今回の研究成果は、製造工程の最適化や生物分野などにも適用できるという。(2024/2/1)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【後編】
専門家がそっと教える「事業目標を設定する10ステップ」
事業目標を設定するに当たって、どこから情報を調達し、どのような過程を踏めばよいのか。専門家の声から、適切な事業目標を設定するための10ステップを紹介する。(2024/1/31)

「SLIM」、スラスターが1つ脱落しながらも100m精度の着陸に成功していた 運用再開の可能性も【追記あり】
JAXAは25日、小型月着陸実証機「SLIM」について、着陸直前にスラスターの1本が脱落して推力が半減したものの、目標点から55m離れた場所に軟着陸したと発表した。(2024/1/25)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【中編】
「ビジネスの成功に目標なんか必要ない」が“あり得ない”と言える訳
事業を成功させるために、何か目標を設定する必要はあるのか。目標がなくても事業は成功するのか。専門家の見解を基に、目標を設定する意義を整理する。(2024/1/24)

たった2つの式で始めるDC/DCコンバーターの設計(5):
ステップダウン形DC/DCコンバーターの設計(3)
今回は前回説明しきれなかったチョークの要求特性について説明し、続いて今回の目標であるリップル電圧を図式解法で導けるかを検討します。(2024/1/29)

スマートシティー:
スマートシティー具現化に向けた包括連携協定を締結、日立製作所と日立市
日立製作所と日立市は、デジタル技術を活用したスマートシティー(次世代未来都市)実現に向けた包括連携協定を締結した。グリーン産業都市、デジタル医療や介護、公共交通などSociety 5.0の具現化を目標とする共創プロジェクトを進める。(2024/1/23)

電力大量消費時代、いかにカーボンニュートラルを実現するか? 日立が支援サービスを提供開始
生成AIの利用拡大などによって電力需要の増大が見込まれる中で、脱炭素目標の達成は企業にとって悩みの種となりつつある。大量の電力を消費するデータセンターを利用している企業に向けたカーボンニュートラルを支援するサービスとは。(2024/1/22)

令和6年能登半島地震:
東芝、加賀東芝エレクトロニクスの復旧状況を更新
東芝は2024年1月19日、同月1日に発生した令和6年能登半島地震の影響に関する最新情報(第5報)を発表した。パワー半導体の主要生産拠点である加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)の主力ラインについては、排気配管の修復などが遅くとも1月末までに完了する見込みだという。東芝は、引き続き同年2月上旬を目標に、被災前の生産能力に近いレベルへの復帰のため、復旧作業を進めていく。(2024/1/19)

作業通話アプリ「もくり」3月終了 運営のMIXI「目標KPIを達成できなかった」
MIXIは18日、「作業通話アプリ」をうたう多人数同時接続の通話サービス「mocri」を3月22日の午後3時をもって終了すると発表した。勉強や創作活動のお供として利用者に愛されていた。(2024/1/18)

働き方の見取り図:
有休取れず、賃金増えず……男性の育休取得アップの裏で、見逃される5つの視点
男性の育休取得率が上昇機運に乗っている。このまま男性の取得率が上昇すれば、育児を巡る課題は全て解決するのか。取得率の数値目標にばかり目を奪われていると、他の有効な選択肢を見落とす可能性があると筆者は指摘する。(2024/1/17)

いまさら聞けない「事業目標の立て方」【前編】
だから事業目標を達成できない――適切な目標設定に不足している情報とは
事業目標の通りに成果を得られないとき、まず着目しなければならないのはどの部分なのか。専門家たちの見解を基に、事業目標とは何か、適切な設定には何が必要なのかを整理する。(2024/1/17)

「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
ラジオのスタジオに顔を出すのが当面の目標。(2024/1/16)

結果を変えるには、行動を変えるしかない?
年が新たになると、新しい目標や決意をする人も多いと思います。1年を振り返り、「また同じような1年を繰り返してしまった」など、必ずしも十分な結果を出すことができなかったと考える人も少なくないでしょう。果がどうであれ、現在の結果は……。(2024/1/16)

バービー、ウエディングドレス用にダイエットで激変 “くびれ10センチ減”で目標達成に「お顔がとてもスッキリ」「めちゃめちゃ痩せてる」
ドレスサイズは20号→16号へ。(2024/1/14)

営業コミュニケーション大解剖:
“目標未達の部下”にNGな声かけは? 営業マネジャーが目標達成に向けてすべきこと
営業目標を達成できなかった部下に対してどのような声かけが適切でしょうか? 声かけ次第でメンバーのモチベーションを上げることも下げることもできます。(2024/1/11)

日清紡マイクロデバイス 代表取締役社長 田路悟氏:
PR:売上高1000億円、さらに“その先”に向け挑戦する ―― 3つの「SINKA」を遂げる日清紡マイクロデバイス
日清紡マイクロデバイスは2024年、「融合と挑戦による変革」をスローガンに掲げる。2022年1月の会社発足から「深化」「進化」「新化」という“3つのSINKA”に取り組み、目標である2025年売上高1000億円突破に向け歩みを進めている。「2024年は、売上高1000億円のさらに先を見据えて、挑戦する」という同社代表取締役社長を務める田路悟氏にインタビューした。(2024/1/11)

プロジェクト:
海や水面に浮かべた“床”が自動着岸する「海床ロボット」 大阪・関西万博で実用化目指す
竹中工務店を代表とする「海床ロボットコンソーシアム」は、海や水面に“床”を浮かべ、自動で動いて離着岸する「海床ロボット」を開発し、大阪城公園の東外堀で実証実験を行った。海床ロボットは、大阪・関西万博の会場予定地である夢洲での社会実装を目標に掲げる。(2024/1/10)

営業コミュニケーション大解剖:
「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」 部下の困った質問、どう返す
営業マネジャーをしていると、部下から「困った質問」が飛んでくることもあるのではないでしょうか? 「個人目標は達成したので、もう営業しなくていいですか?」「営業の仕事を辞めて、別の部署に異動できませんか?」──こういった質問への適切な返しを考えてみましょう。(2024/1/10)

Marketing Dive:
Metaのシニアディレクターが語る「できるマーケターと残念マーケターの違い」
良いマーケターは数字を理解している。悪いマーケターは目標を言えない。良いマーケターはダッシュボードをまめにトラッキングする。悪いマーケターは新しいキャンペーンが始まると喜び、全てが計画通りに進んでいると思い込む――。(2024/1/9)

イカ天出演「PINK SAPPHIRE」のギタリストが56歳逝去 乳がん闘病で余命宣告も“目標”掲げ「1年しっかり生きる!」
お悔やみ申し上げます。(2023/12/22)

多くのCTOとパーソルホールディングス、三菱UFJ銀行、LIXILの知見を集約:
現場とベンダーのゴールの違いを最小限に抑える「デジタル活用の手引書」 日本CTO協会が公開
日本CTO協会は「大手事業会社向け DX Criteria」を公開した。企業のデジタル化推進において経営視点と技術視点のギャップを埋め、「統一された目標に向かうための方向性を提供する」としている。(2023/12/20)

5年後の目標貯金額、8割「決まっていない」 金融資産は活用できている?
「MoneyFix」を運営するウェブクルーの調査から、約8割が「5年後の目標貯蓄額を決めていない」ことが分かった。では、金融資産についてはどうか? 活用できているのか、調査した。(2023/12/18)

JR東海が工事認可申請:
リニア品川−名古屋、開業目標「2027年以降」 理由は?
建設中のリニア中央新幹線品川−名古屋間に関し、JR東海が14日夕、設備関係の工事実施計画を斉藤鉄夫国土交通相に認可申請することが関係者への取材で分かった。同社は2027(令和9)年開業を目指していたが、申請書では目標開業時期を「2027年以降」とし、理由に静岡工区の着工遅れを挙げている。(2023/12/15)

Google、Chromeでのトラッキング防止機能テストを1月4日からユーザーの1%で開始へ
Googleは、2024年末までにサードパーティCookieを廃止するという目標に向けて、2024年1月4日からトラッキング保護機能のテストを開始すると発表した。ユーザーの約1%を対象とする計画。(2023/12/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。