ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

市川レポート 経済・相場のここに注目:
相次ぐFRB高官のタカ派発言の読み方
このところ、米連邦準備制度理事会(FRB)の高官から、タカ派的な発言が相次いでいます。発言におおむね共通していることは、インフレは依然として高いという認識であり、また、米金融当局はインフレを2%の目標水準に戻すことをコミット(約束)しており、そのために必要なことをやるという意思表示です。(2022/8/11)

Rippleのゴールは国際送金の低コスト化と時間短縮だけじゃない 本当の目標をVP吉川氏に聞いた
国際送金システムを手掛けるRippleは暗号資産XRPを活用したサービスを世界で展開する。その先には国際送金の低コスト化だけではない、大きなゴールがあるようだ。(2022/8/10)

伊藤沙莉さんと共演:
ダイハツ「ムーヴ キャンバス」が快走 受注が販売目標の4倍に
ダイハツ工業が全面改良した軽自動車「ムーヴ キャンバス」の売れ行きが好調だ。7月5日の発表から約1カ月後で、累計受注台数が月販目標の約4倍となる約2万6千台に達した。(2022/8/8)

月販目標台数の4倍:
ダイハツ、新型「ムーヴ キャンバス」の受注台数が約2万6000台を達成 購買層は?
ダイハツ、新型「ムーヴ キャンバス」の受注台数が約2万6000台を達成した。月販目標台数の4倍の記録だ。(2022/8/5)

QBBチーズの六甲バターが本気の「チーズアイスクリーム」を発売 Makuakeで先行販売開始後、約1時間で目標達成
チーズ好きに刺さるアイス……!(2022/8/4)

Q&A 総務・人事の相談所:
目標の管理方法に社員から不満の声 MBOとOKRで防ぐ“目標の形骸化”
昨今、ビジネス環境変化のスピードが増す中で、当社が導入している年次目標管理の仕組みについて不満の声が上がっています。会社としてどのように対応すべきでしょうか?(2022/8/5)

法隆寺、クラファンを終了 支援総額は約1億5000万円に 目標はわずか1日で達成
返礼品がなくなるという事態も発生していました。(2022/7/29)

国際ドローン展:
IHIのハイブリッドドローンはツインローターリーエンジン搭載、2024年度に発売へ
IHIエアロスペースは、「第8回 国際ドローン展」において、エンジンと電気モーターの併用で重量物積載と長時間飛行を両立したハイブリッドドローン「i-Gryphon」の試作2号機を展示した。既に基本設計は完了しており、2024年度の販売開始を目標に実証を進めている段階にある。(2022/7/21)

脱炭素:
企業のカーボンニュートラルを再エネ利用からワンストップで支援するサービス
東京電力エナジーパートナーは、企業のカーボンニュートラルをサポートするソリューション「TEPCO CN Design」の提供を本格的に開始する。目的の明確化から目標設定、実現計画、導入、維持、改善まで、ワンストップで支援する。(2022/7/20)

つるの剛士、40日間で77.5キロ→69.8キロのダイエットに成功 最終目標はアスカ・シン時代の“60キロ”
約8キロ減。(2022/7/16)

脱炭素:
37工場でCO2排出ゼロ化、パナソニックが2024年度までの環境行動計画発表
パナソニック ホールディングスは2022年7月13日、2024年度までのCO2排出量削減目標などを記載した環境行動計画「GREEN IMPACT PLAN 2024」を発表した。同社が発表した2050年までの環境コンセプト「Panasonic GREEN IMPACT」を実現するためのマイルストーンを具体的に提示した。(2022/7/14)

知ってる!? 首都高カーボンニュートラル戦略 EVの充電設備を拡充
令和32年までに二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出量を実質ゼロとする政府目標「カーボンニュートラル」に向け、自動車からの排ガスなど運輸分野での削減は重要だ。首都高速道路も「首都高カーボンニュートラル戦略」を掲げて取り組んでいる。(2022/7/13)

カーボンニュートラル:
東急建設がJBIBに参画、生物多様性の保全を推進
東急建設は、生物多様性の保全を目標に掲げた団体「企業と生物多様性イニシアティブ」に参画した。今後は気候変動などの社会課題解決に向け、技術開発やさまざまな取り組みも進めていく。(2022/7/13)

2026年までにフル稼働予定:
ST、GFと共同でフランスに300mmウエハー工場を新設へ
STMicroelectronics(以下、ST)とGlobalFoundries(以下、GF)は2022年7月11日(フランス時間)、フランス・クロルに両社が共同で運用する300mmウエハー工場を新設すると発表した。2026年までのフル稼働を目標としており、フル稼働時の年間生産量は300mmウエハー換算で最大62万枚(STが42%、GFが58%)となる予定としている。(2022/7/12)

Q&A 新任マネジャー駆け込み寺:
上からの指示を部下に伝えるとき、“自分の言葉”で言い換えないとダメですか?
上意下達ではなく、上から提示された組織目標や方針を「自分の言葉」で伝えるのが重要……と研修で聞きました。「自分の言葉」とは、どういう風に考えていけばよいのでしょうか?(2022/7/11)

大阪・泉北NTがスマートシティに 万博目標に挑戦始まる
大阪府泉北ニュータウンで、最新ICTを活用して課題解決を図るため、6月下旬に設立された官民連携組織「SENBOKUスマートシティコンソーシアム」。大阪・関西万博が開かれる2025年を目標に、移動や健康などの分野で挑戦的な取り組みを展開する方針だ。(2022/7/8)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
Sansanの営業はなぜ「専門スキルより、汎用的なセールススキルの習得」を重視するのか
Sansanは2018年に「営業1人当たりの受注金額向上」を目標に営業組織の教育に力を入れ始めた。現在、営業メンバーが増える中でオンボーディングにかかる期間を半減させることに成功したという。どのような取り組みをしているかというと……(2022/7/8)

カーボンニュートラル:
建物運用時のCO2排出量実質ゼロを目指す賃貸マンションに改修へ
長谷工グループは、建物運用時のCO2排出量実質ゼロを目標に、賃貸マンション「サステナブランシェ本行徳」の改修工事に着手する。既存の企業社宅を全面改修して運用するもので、全36戸のうち13戸を居住型実験住宅に位置付ける。(2022/7/6)

西日本は復旧完了:
au通信障害、東日本は復旧遅れ 午後5時半ごろ作業完了へ
7月2日から続いているauの通信障害で、東日本エリアの復旧作業が遅れている。当初は3日午前9時半を目標としていたが、午後5時半ごろに終える予定。(2022/7/3)

au、通信障害は「70%ほど回復」 西日本は11時ごろ回復見込み
東日本では9時30分の回復を目標としていたものの、見込み時間は別途知らせるとしています。(2022/7/3)

徐々に回復:
au通信障害、解消へ 3日朝に復旧見通し ゆうパックなどに混乱連鎖
KDDIは7月3日、携帯電話サービスの通信障害について、復旧のめどを発表した。西日本は午前7時15分、東日本は午前9時半を目標に復旧活動に取り組んでいるという。(2022/7/3)

au復旧にめど 西日本は朝7時15分、東は朝9時30分 KDDI「徐々に回復している」【追記あり】
7月2日午前1時35分ごろから続いているKDDIのモバイル通信サービスの通信障害について、西日本では3日午前7時15分、東日本では午前9時30分を目標に、KDDIが復旧に取り組んでいる。(2022/7/3)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

楽天銀行、預金残高8兆円突破 5年後20兆円が目標
楽天銀行は6月末に預金残高が8兆円を超えたと発表した。2020年6月以降、6カ月ごとに1兆円ずつ増加しており、規模拡大が著しい。併せて口座数も増加しており、3月末時点では1231万口座に達している。(2022/7/1)

製品動向:
現場の廃棄物運搬のCO2排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」をリリース、リバスタ
リバスタは、建設現場で発生する産業廃棄物の運搬に関わるCO2の排出量が算定可能な「産廃CO2サービス」を2022年6月1日にリリースした。産廃CO2サービスで提供するデータは、日本建設業連合会(日建連)が実施している調査票を利用しており、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営とSDGs(持続可能な開発目標)の経営指標としても使える。(2022/7/1)

はやぶさ2プロジェクトチーム解散「満点以上」
探査機「はやぶさ2」についてJAXAは、設定した全ての目標の達成が確認できたとして、プロジェクトチームを30日付で解散する。飛行距離52億km、約6年に及ぶ宇宙の長旅の末、小惑星リュウグウの試料を地球へ持ち帰ることに成功した。(2022/6/30)

製造業×脱炭素 インタビュー:
頼るべき“ルール”見えぬ脱炭素、国内製造業は立ち止まらずに進めるのか
ここ最近、大手製造業各社が脱炭素に向けた挑戦的な目標設定を次々に打ち出している。一方で、「では実際に脱炭素を進めればいいのか」と悩む企業も少なくない。既存のGHG削減や省エネ化といった施策に加えて何をすべきなのか、そもそも業界共通の制度やルールづくりが進まない中、何をすればよいのか。脱炭素実現に向けた国内製造業の“現在地”について話を聞いた。(2022/6/28)

音楽SNS「nana」が新レーベル 歌い手起用、オリジナル曲を制作・配信「夢の出口の創出」
「nana」発のデジタルレーベル「Nobody Records」設立。nanaの歌い手とプロの音楽家が共同でオリジナル楽曲を制作する。「目標や夢の実現のきっかけになれば」(2022/6/23)

法隆寺クラファンに1億円集まる 一部返礼品が尽きるほどの「想定をはるかに超える支援」
法隆寺が設備の維持管理費を募るために始めたクラウドファンディングに、1億円の支援が集まった。プロジェクト終了日まではまだ36日あるが、すでに目標金額の5倍に達している。(2022/6/23)

米FRB、事前予想0.5%利上げをくつがえし異例の0.75%利上げ
今回の米FRBが決定した異例の0.75%利上げ。事前予想0.5%利上げをくつがえしただけでなく、FOMC全会一致にならずの苦渋の決断だった。さらには、20年9月から始まった平均インフレ目標まで取り下げた。(2022/6/23)

MS&AD、サイバー保険など強化 原社長「利益の5割を自動車保険以外で」
令和7年度までに、国内損保事業で稼ぐ利益の5割を自動車保険以外の事業で上げる目標を掲げたことを明らかにした。(2022/6/22)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(11):
不確実な時代にエンジニアとして誇りを持って生きていくために
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。最終回となる第11回は、あらためてエンジニアがコンサルティングスキルを身に付けることの意味を説明し、筆者の今後の目標を紹介する。(2022/6/22)

法制度・規制:
省エネ法が抜本改正! 再エネ活用を促す新たな制度も――事業者の対応は何が変わる?【後編】
2022年5月に改正が決まった省エネ法の概要について解説する本稿。後編となる今回は、新たに義務付けられる計画・報告書への非化石エネルギーの利用目標およびその算定方法、自家発電再エネ電気の取り扱いなどについて解説する。(2022/6/20)

製品動向:
三井ホームがテレワークしやすい戸建て住宅の新タイプを発売、ラナイやガレージを設置
三井ホームは、環境意識の高まりや多様化する暮らしのニーズに対応する戸建て住宅のタイプ「IZM」を2022年4月27日に販売開始した。IZMの販売エリアは沖縄を除く全国で、年間売上目標は200棟。(2022/6/17)

「カツサンド」を食文化に:
串カツ田中、米国に新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープン
串カツ田中ホールディングスは、米国オレゴン州ポートランドに新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープンする。年間売上は3600万米ドルを目標としている。(2022/6/16)

法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
クラファンは7月29日まで続きます。(2022/6/16)

カーボンニュートラル:
大成建設がCO2評価ツールを開発、建物のライフサイクルで生じるCO2排出量を算出可能
大成建設は、建築物のライフサイクルで生じるCO2の概算値を短時間で容易に算出するツール「T-LCAシミュレーターCO2」を開発した。T-LCAシミュレーターCO2は、建築物のライフサイクル「調達、施工、運用、修繕、解体」で生じるCO2排出量や削減効果を、建築物の初期計画段階からライフサイクルまでの概算値として算出することが可能で、顧客のCO2排出削減目標を意識した建設計画を支援し、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。(2022/6/16)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

製造マネジメントニュース:
強いプロダクトをつなげる、日立最大規模の新セクターはシナジーを生み出せるか
日立製作所は、オンラインで開催した投資家向け説明会「Hitachi Investor Day 2022」において、新たに組織された「コネクティブインダストリーズセクター」の事業戦略を説明。同セクターの事業目標として、2024年度に売上高で2021年度比16%増の3兆2000億円、Adjusted EBITDA率で同3.6ポイント増の13%を目指す。(2022/6/14)

6月16日から:
三菱自動車、新型eKクロス EV発売 先行注文では1カ月で約3400台受注
三菱自動車工業は、軽自動車タイプの電気自動車「eKクロス EV」を6月16日に発売する。全国の系列販売会社と楽天市場店で販売する。発売に先駆けて5月20日から先行注文を受け付け、約1カ月で月販売目標台数850台の4倍となる約3400台(6月12日時点)を受注した。(2022/6/13)

製造マネジメント インタビュー:
パナソニックのデバイス事業、FAやEVリレーなどコア4事業で年平均8%成長へ
パナソニック インダストリーは2022年6月6日、代表取締役 社長執行役員 CEOの坂本真治氏が報道陣の合同インタビューに応じ、同年6月1日に発表した新体制での中期目標(2025年3月期まで)の内容について説明を行った。(2022/6/9)

みずほ銀加藤頭取「アプリ利用者2年で1.5倍に」 システム障害再発防止で信頼回復へ
みずほ銀行の加藤勝彦頭取は、同行のスマホアプリについて「利用者を今後2年間で1.5倍にする」との目標を明らかにした。2021年2月以降相次いだシステム障害に関しては、再発防止の取り組みを徹底し、信頼回復に努める考えを強調した。(2022/6/8)

製造マネジメントニュース:
NTT、ドコモとベンダー3社が6G実証実験で協力、2030年ごろの実用化目標に
NECは2022年6月6日、6Gに関する実証実験において、NTTとNTTドコモと協力することに合意したことを発表した。6Gを活用した次世代の通信技術、サービス開発につなげる狙いだ。(2022/6/8)

政府、夏の節電を要請 「12年度以降で最も厳しい」
政府は7日、今年の夏と冬は電力需給が極めて厳しい状況にあるとして、企業や家庭に節電を呼び掛けると発表した。数値目標のない節電協力要請は2015年以来7年ぶり。(2022/6/7)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
SmartHRの営業社員はなぜ成果を出し続けられるのか? トップ営業に頼らない組織運営の裏側
SmartHRの営業社員はここ3年で3倍以上に増加した。採用・育成コストが数倍になる中でも、営業組織の目標を達成し続け、営業成績は右肩上がりだという。組織規模の拡大と営業成績の達成をどのように両立させているのか? 全員が成果を出し続ける仕組みの秘けつを聞いた。(2022/6/7)

6月30日:
埼玉県に「イオンタウン毛呂山」オープン “レジ待ち”がなくなるアプリも提供
6月30日に埼玉県毛呂山町に「イオンタウン毛呂山」をオープンする。来客者数の目標は年間280万人で、平日7000人、休日9000人の来客を見込む。アプリやネットを活用した新しい買い物体験を提案していく。(2022/6/6)

3つのポイントから解説:
どちらの評価が高い? ノー残業デーに残業して目標達成率120% VS 定時退社で達成率100%
働き方改革に伴い「ノー残業デー」を導入する企業が増えてきた。ノー残業デーにもかかわらず、仕事をしている社員もまだいると聞く。ノー残業デーに仕事をして目標達成率120%の社員と定時退社で達成率100%の社員はどちらより高く評価されるのだろうか? 人事評価に関する3つのポイントから解説する。(2022/6/1)

スピン経済の歩き方:
SDGsを発明した人は本当に頭がいい、皮肉な理由
ここ数年、「SDGs」(持続可能な開発目標)を耳にすることが多くなった。17の目標はどれも必要なものかもしれないが、実践することによって日本はどのようなメリットを手にすることができるのだろうか。(2022/5/31)

導入事例:
2021年度の事業活動で利用する電力を100%再生可能エネルギーで調達、安藤ハザマ
安藤ハザマは、2021年度に同社グループの事業活動で使用した全電力を、再生可能エネルギー由来の電力で調達した。今回の取り組みは、同社のSBTとRE100の目標達成に向けた取り組みの一環であるとともに、顧客のサプライチェーン排出量削減にも貢献するという。(2022/5/30)

BtoB企業の経営者に聞く:
売上好調の企業は、営業力アップのために何をしているのか?
2021年度に売上目標を達成したBtoB企業は、営業組織力強化のためにどのような取り組みをしているのか。マイノリティ(港区)の調査を見ていく。(2022/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。