ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

日本鋳鉄管の実践事例を紹介:
PR:中小製造業のIoT活用に向けた“第一歩”、レガシーなITインフラの現実的な刷新手法とは
自社の工場内に置かれたサーバを、実質1.5人のIT部門が昼夜を問わずの対応で管理――。水道インフラ関連製品の製造を手掛ける日本鋳鉄管は、IoTの活用や経営の効率化に向けて、そのボトルネックとなっていた既存のITインフラを刷新。IT部門の業務効率化や、IoT活用の基盤構築を実現した、その段階的かつ現実的な手法とは?(2020/1/15)

Kingston、データセンターでの利用に適したサーバ向けM.2 NVMe SSD
Kingston Technologyは、エンタープライズグレードをうたったM.2 NVMe SSD「Data Center 1000BエンタープライズSSD」を発表した。(2020/1/14)

HDD転売問題のブロードリンク、従業員30人に解雇通知 社長も退任の意向
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報などのデータが流出した問題で、流出基のブロードリンクが従業員の解雇や事業所の閉鎖などを行うことが分かった。(2020/1/8)

竹書房、海賊版サイト問題で米クラウドフレアを提訴 サーバ提供会社への損害賠償請求は初
「漫画村」にサーバを提供していたことでも有名でした。(2020/1/7)

竹書房、米Cloudflareを提訴 海賊版サイト巡り、損害賠償とデータ削除求める
竹書房がCDN事業者の米Cloudflareを提訴。海賊版サイトの運営者が違法にアップロードした漫画などのデータをサーバ上から削除しなかったとして、損害賠償とデータの削除を求める訴訟を起こした。(2020/1/7)

倒産したAnkiのAIロボット「Vector」、“第2の父”Digital Dream Labsが救う
昨年倒産してしまったAnkiのAIロボット「Vector」の資産一式をDigital Dream Labsが買収した。同社はVectorをオフラインでも利用できるようにする「Escape Pod」と、ユーザーが自分のサーバにVectorを接続できるようにする「Dev Vector」を開発する計画だ。(2020/1/6)

採用時に確認すべきチュートリアル
「サーバレスアーキテクチャ」初心者ガイド まず検討すべき3大要素とは?
サーバレスアーキテクチャは開発チームに大きなメリットをもたらす一方で、採用の際には検討すべき要素が幾つかある。主要な3つの検討要素を紹介しよう。(2019/12/31)

さくらインターネット、「専用サーバ」批判記事について謝罪 合致するケースあったと「真摯に反省」
さくらインターネットのホスティングサービスでトラブルに巻き込まれたとする記事がQiitaに投稿され、物議を醸している問題で、さくらインターネットは記事内容と合致するケースがあったと認めて謝罪した。(2019/12/28)

北海道江別市が「Arcserve UDP Appliance」を導入、災害対策を視野にシステム選定
北海道江別市はarcserve Japanの「Arcserve UDP Appliance」を導入した。選定の決め手は、サーバリソースとバックアップ機能がセットになったアプライアンスサーバで、ハードウェアに障害が発生した場合でも短時間で復旧できることだったという。(2019/12/27)

「さくらのレンタルサーバ」批判記事、Qiitaで公開止められ炎上 さくらは「事実確認中」
さくらインターネットが提供するサービス「さくらのレンタルサーバ」でトラブルに巻き込まれたとする記事がQiitaに投稿され、ネット上で物議を醸している。同社は記事の内容について「事実確認中」と説明した。(2019/12/26)

「ハードウェア障害」「アクセス過多」「バッチ突き抜け」対策のポイント:
落ちるのは日常茶飯事? Webサービスの“死因”と対処策とは
本番環境で起こってしまうWebサービスやサーバのトラブルは機会損失や信頼失墜に直結するため、開発者や運用管理者は日頃から備えておく必要がある。だが、備える際のポイントはどこにあるのか。オミカレでCTOを務める曽根壮大氏が、Webサービスやサーバの停止を「死」と捉え、“突然の死”にどう対策していけばいいのか講演した。(2019/12/25)

Xeonプロセッサ搭載:
エプソンダイレクト、SOHO/中小企業向けタワー型エントリーサーバの発売を予告
エプソンダイレクトは12月24日、SOHOおよび中小企業(30名クラス)向けのタワー型エントリーサーバを2020年2月に発売すると発表、同日に事前案内のWebページを公開した。販売価格は20万円(税抜き)の予定だ。(2019/12/24)

神奈川県庁の転売HDD、全て回収 富士通リースとブロードリンクに指名停止処分
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題に関して、同庁は転売されたHDD全てを回収したと発表した。富士通リースとブロードリンクに対しては指名停止処分を下した。(2019/12/24)

製造ITニュース:
IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化
東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/23)

クラウド上のデータを完全削除したくても、ストレージの物理破壊は不可能……どうする? AWSの説明は
神奈川県庁が富士通リースから借りていたサーバのHDDが不正に転売された結果、膨大な個人情報などが漏えいした事件が起きた。これをきっかけに、HDDなどのストレージをいかに安全に破棄すべきか、という点に世間の関心が高まっている。では、クラウドストレージに保存したデータはどうなのか? AWSジャパンが公式ブログで説明している。(2019/12/20)

システム管理は新たなステージへ:
PR:MicrosoftのWindows管理ソリューション“Windows Admin Center”とデル テクノロジーズの”OpenManageシステム管理ソリューション”で実現するクラウド時代のWindows Serverの新たな管理手法とは
サーバプラットフォームの変化は運用管理を変化させる。だが、サーバ管理者は既存のノウハウや知見を生かせずに負荷ばかり増えてしまう――。そんな中、登場したMicrosoftの新しいWindowsの管理ツール「Windows Admin Center」は、従来通りの運用管理機能を提供しつつ、新しい技術/サービスを活用する機能も搭載。デル テクノロジーズの「PowerEdge」サーバおよび同社が提供するシステム管理ソリューション「OpenManage」を組み合わせれば、ハードウェアからソフトウェアまで統合的な運用管理を実現できる。(2019/12/19)

ミクシィ×日本IBM対談:
PR:結局、クラウドネイティブとは何か? なぜ必要なのか?〜全ての企業とエンジニアに贈る、クラウドネイティブの今〜
デジタルトランスフォーメーションの実現手段として、いま「クラウドネイティブ」が企業とエンジニアの大きな注目を集めている。クラウドネイティブとは何か、なぜクラウドネイティブが必要なのか、その実践に向けたロードマップをどう描くべきか――22年の歴史を持つミクシィと、同社の人気ゲームアプリ「モンスターストライク」のサーバ増強に「IBM Cloud」で貢献した日本IBMの対談から日本企業が目指すべきロードマップを探る。(2019/12/17)

NGINX、モスクワオフィスへの強制捜査の状況を説明 創業者への尋問はあったが、現時点で逮捕者や拘束者はなし
Webサーバを開発・展開するNGINXが、当局による強制捜査が入ったと報じられた件についてコメント。創業者のIgor Sysoev氏が尋問を受けたのは事実だという。現時点では、逮捕者や拘束者はいないとしている。(2019/12/16)

停電時に仮想化サーバを保護する200V対応のUPS 自動シャットダウンソフトも提供、専門人材の不足解消に貢献
オムロン ソーシアルソリューションズが200V仕様のサーバ向け無停電電源装置「BU-2R(H)」を発売(2019/12/13)

スバル、トヨタと「つながる」サービス基盤共通化へ
車そのものではなく顧客からは見えないシステムやサーバー、コールセンターなど違いのない基盤部分から着手することで、増加し続ける次世代技術開発費の早期抑制を図る。(2019/12/13)

「コンポーザブルインフラ」4つの疑問【後編】
コンポーザブルインフラを使うべき企業、使ってはいけない企業を分ける条件
サーバ、ストレージ、ネットワークなどのインフラのコンポーネントを必要に応じて構成可能にする「コンポーザブルインフラ」。これが適している用途もあれば、必要のない用途もある。(2019/12/13)

「ユーザー企業を上流工程から支援すべき」:
サーバのビジネスモデルに変化の兆し IDCが国内IT市場の2019〜2023年の予測を発表
IDC Japanは、IT市場の2019〜2023年の予測を発表した。2021年以降は全産業分野でプラス成長と予測するが、サーバ市場はマイナス成長に転じる見込み。同社はITサプライヤーに対して、ビジネスモデルの変化に則して変革することが急務だと指摘する。(2019/12/11)

「データベースサーバ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、書籍『SAP HANA入門』、書籍『インフラ設計のセオリー』を各10名様にプレゼント。(2019/12/23)

無線LAN経由でNTPサーバと同期する壁掛け時計「NTPクロック」
セイコーソリューションズは、NTPサーバと時刻を同期するアナログ表示の壁掛け時計「NTPクロック」無線LAN対応版(2モデル)の販売を開始した。配線不要で正確な時間を刻む。(2019/12/10)

5つの誤解が会社を危機に陥れる
ファイルサーバ管理の不要論が招く痛い代償と解決策
肥大化しがちなファイルサーバの管理を人手に頼るのは無理がある。作業効率を高めるための施策が待たれるところだが、現実的にはファイルサーバ管理ツールへの投資は後回しにされがちだ。それはなぜか。(2019/12/10)

HDDなど転売「7844個」──行政文書流出、ブロードリンクが謝罪 ずさんな管理体制明らかに
神奈川県庁が使っていたファイルサーバのHDDが転売され、個人情報を含むデータが流出した問題で、ブロードリンクは記者会見を開き、流出のいきさつと捜査の状況を説明した。同社の高橋雄一容疑者は3年前から7844台の機器を転売していたという。(2019/12/9)

個人情報が保存された神奈川県庁のHDD計54TB、転売される 処理会社の従業員が横領
神奈川県庁の行政文書が保存されたHDDが転売され、個人情報などが流出していたことが分かった。富士通リースから借りたファイルサーバで使われていたHDDを処分する際、HDD破壊を担当したブロードリンクで一部のHDDが横領され、転売にかけられた。(2019/12/6)

「サーバ製品」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazon ギフト券5000円分をプレゼント。(2019/12/10)

コンテナ、Kubernetes、サーバレスは日本にどれくらい普及した? IDCのアナリストが解説
コンテナ、Kubernetes、サーバレスなどの“クラウドネイティブ”な技術は、日本でどの程度普及したのか。IDC Japanがこのほど記者説明会を開催し、国内企業を調査した結果を発表した。(2019/12/5)

まとめサイトのサーバ管理会社に発信者情報開示を求める判決 京アニ事件でNHKが訴訟 大阪地裁
NHKがまとめサイトに虚偽の内容を掲載されたとして発信者情報の開示を求めていた訴訟で、大阪地裁はサーバ管理会社に情報開示を命じた。NHKは発信者に損害賠償を請求する方針を示している。(2019/12/5)

管理ソフトはプリインストール済み:
NECが中小規模向け1Uサイズのファイルサーバ「iStorage NS300Ri」を発売
NECは、1Uサイズのラックマウント型ファイルサーバ「iStorage NS300Ri」を発売した。ファイルサーバ統合管理ソフトとシステムの構成情報や稼働状況を定期的に管理者に報告するツールをプリインストールした。(2019/12/4)

分散DB「GridDB v4.3」リリース、少ないサーバ台数でもペタバイト級データをミリ秒オーダーで処理可能に
IoTの利用が進むにつれ取り扱うデータサイズも増える。東芝デジタルソリューションズは分散DB「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/3)

NEC、中小規模システム向けの1Uラックマウント型ファイルサーバ
NECは、中小規模システム向けの1Uラックマウント型ファイルサーバ「iStorage NS」新モデルを発表した。(2019/12/3)

アクセス権管理を曖昧にすることへのリスク
そのアクセス権で大丈夫? ファイルサーバの情報セキュリティ対策のヒント
ファイルサーバのアクセス権管理はセキュリティ対策の盲点になりがちだ。アクセス権の設定は複雑かつ煩雑で、組織改編が度重なると「危険なフォルダ」を見逃してしまうこともある。こうしたリスクを回避する、良い管理方法とは。(2019/12/4)

ソフトウェア・ファーストな組織へ:
自身を破壊し続けること――さくらインターネットの田中社長が語る「変化に強い開発組織」の条件
サーバホスティング事業から始まった1996年の創業以来、データセンター事業や仮想化サービス、IoTプラットフォームの構築と、時代に合わせて主力事業を進化させてきたさくらインターネット。変化に強い開発組織の在り方を同社の田中社長に聞いた。(2019/11/29)

5つの観点から比較
いまさら聞けない「Apache HTTP Server」と「Apache Tomcat」の違いとは?
Webサーバ構築のためのソフトウェア「Apache HTTP Server」と「Apache Tomcat」の違いとは何か。目的や導入条件、アーキテクチャなどの観点から両者を比べる。(2019/11/29)

サーバやアプリケーションに比べ進まない理由
「自動化」最後のとりで ネットワークがクラウドやアプリに追い付くには?
サーバ構築やアプリケーションのデプロイにおける自動化は進んでいるが、残念ながらネットワーク運用の自動化は遅れている。根本的な課題は何だろうか。どう着手すればいいのだろうか。(2019/11/29)

104種類の言語に対応したリアルタイム音声翻訳機「Langogo」4モデルを発売
Langogo Technologyは、11月21日に104種類の言語に対応したリアルタイム音声翻訳機「Langogo」4モデルを発売。世界24の翻訳エンジンと連携し、「話す」「訳す」「伝える」のに最適なAI言語サーバと繋げて高速・高精度の翻訳を実現した。(2019/11/22)

スパコンなどの用途にも:
Armサーバ向けのレファレンスデザイン、NVIDIAが発表
NVIDIAは2019年11月18日(米国時間)、GPUアクセラレーションArmベースサーバを構築するためのレファレンスデザインプラットフォームを発表した。「Supercomputing 2019」で発表されたもので、NVIDIAはこの他に2件の発表も行っている。(2019/11/21)

105億レコードの処理が課題:
ダイソーが6年でIT内製化、マイクロサービス化、サーバレスに成功した理由
アイティメディアが開催した「ITmedia DX Summit 2019年秋・ITインフラ編」の特別講演にダイソーの丸本健二郎氏が登壇。内製化によって、データ管理基盤の最適化、高度化を図ったいきさつと結果について講演した。(2019/11/28)

Androidの「カメラ」アプリに無断で写真や動画を撮影・送信する脆弱性(修正済み)
「Googleカメラ」とSamsungのカメラアプリに、ユーザーに無断で写真や動画を撮影し、任意のサーバにアップロードできてしまう脆弱性があったとセキュリティ企業が調査結果を発表した。両社はアプリを既に修正済みだ。(2019/11/20)

サードウェーブ、Xeon E-2100の搭載に対応した法人向けの汎用サーバ
サードウェーブは、Xeon E-2100シリーズの搭載に対応した1Uラックマウントサーバ2製品の販売を開始する。(2019/11/19)

OpenSCAPで脆弱性対策はどう変わる?(6):
「SSHサーバ設定のパスワードなしログイン許可/不許可」の確認サンプルで、SCAPの構成要素XCCDFの構造を理解する
本連載では、グローバルスタンダードになっている「SCAP」(セキュリティ設定共通化手順)およびそれを基にシステム構成や脆弱性の検査を行うためのOSSツール「OpenSCAP」や、その周辺の技術、用語などを紹介する。今回は、「SSHサーバの設定がパスワードなしログインを許可しているか、許可していないか」を確認するサンプルを通じて、SCAPの構成要素XCCDFの構造を理解しよう。(2019/11/19)

マヂおめ誕 18周年の「ロリポップ!レンタルサーバー」、ギャルになってピーマンを配る謎キャンペーン開催
パリピなので、パリパリピーマンを配ります。(2019/11/15)

サーバのパンクで不正侵入が発覚、MLM運用サービス提供の米IT企業がFTCと和解
FTCの調査によれば「InfoTraxは2年近くにわたり20回以上の不正侵入を受けていながら、侵入者のデータアーカイブファイルが原因でサーバ容量が限界に達するまで侵入に気付かなかった」という。InfoTraxは「調査結果に同意していない」と発表している。(2019/11/15)

急成長の事業を支えたITインフラ
200台のサーバをHCIに移行したコミック販売企業 TCO削減以外に得た効果とは
ビジネスの成長に伴うITインフラの増強で運用管理に頭を悩ませたユメノソラホールディングスは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入することで課題を一掃した。HCIへの移行でどのような成果を得たのか。(2019/11/18)

医療機器ニュース:
量子暗号を用いた、秘匿性・可用性の高い生体認証システムを開発
情報通信研究機構とNECは、生体認証データの伝送と保管において、高い秘匿性と可用性を持つシステムを開発した。スポーツ分野のナショナルチームが利用するサーバのアクセスを物理的に管理する試験利用を開始している。(2019/11/11)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(93):
Azure仮想マシンの新規作成や管理、新サービス「Azure Arc」にも対応した「Windows Admin Center 1910」がリリース
2019年11月4日(米国時間)、HTML5ベースのサーバ管理アプリの最新バージョン「Windows Admin Center 1910」が正式リリースされました。新バージョンでは、Azure仮想マシンの直接的な管理やハイブリッド構成が大幅に強化されています。(2019/11/11)

デル株式会社提供eBook
「ビジネスを阻むITインフラ」をどう変えるか “壁”を乗り越えた企業事例3選
乱立するサーバに顧客の情報を“守れない”システム環境、日々数時間もかかるバックアップ……。ある3社はこうした問題に頭を抱えていた。事業成長とともについて回るITインフラ問題をどう乗り越えたのか。解決までのプロセスをたどる。(2019/11/7)

デル株式会社提供eBook
インフラ基盤の立て直しに迫られたある3社、“あのとき”の苦労を赤裸々に語る
長きにわたって運用してきたサーバやストレージ。運用期間が長いほどハードウェアの老朽化やパフォーマンスの低下といった問題が発生する。リプレースを余儀なくされた“その時”に備えて考えたいポイントを3社の事例を基に説明する。(2019/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。