ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「データベース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Database Expert − @IT
調査のチカラ 〜 無料アンケートデータのまとめサイト
質問!データベース→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデータベース関連の質問をチェック
いまさら聞けない 組み込みデータベース入門 ― MONOist

SQL Server動的管理ビューレファレンス(6):
Always On 可用性グループのレプリカの状態を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループのレプリカの状態を出力する「sys.dm_hadr_availability_replica_states」を解説します。(2021/5/10)

「在宅医療が充実している」都道府県ランキング 最下位は「千葉県」 1位は?
医療・介護のデータベースサービスを提供する「ミーカンパニー」が調査。(2021/5/2)

筑波大1年生が爆速開発した“オレオレ授業DB”が大学公認に 有志で運用を継続する方針
履修登録期間中にメンテナンスに入った筑波大学の授業データベース「KdB」。1年生がわずか3時間半程で開発した代替ツールである「KdBもどき」が“大学公認”になった。(2021/5/1)

.NET 5モダナイズ入門(5):
Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチ
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、Azure App Serviceと組み合わせて移行する認証、データベース、可用性、バッチについて紹介します。(2021/4/30)

クラウドネイティブ時代のデータベース(1):
クラウドネイティブ時代、データベースに求められる要件を整理する
クラウドネイティブは、その要素技術としてコンテナやマイクロサービスなどを含んでおり、近年の開発において一般的となりつつある。では、データベースにもそうした技術要素は取り込まれていくのだろうか。本連載では、クラウドネイティブ時代のデータベース設計で考慮すべきポイントを検討する。(2021/4/20)

医療技術ニュース:
世界中で樹立されたiPS細胞の数や疾患の種類を解析
京都大学は、2019年に公開された日米欧のiPS細胞データベース情報を統合したウェブサイト「幹細胞バンクデータ統合コレクション(ICSCB)」に登録されたデータを解析し、国際協力論文として報告した。(2021/4/12)

クラウド時代のニーズに応える:
Imperva、クラウドデータベースを統合管理するセキュリティプラットフォームを発表
Impervaは、クラウド向けのデータ中心型セキュリティプラットフォームを発表した。多様なデータベースを統合管理することで、クラウドにおけるデータのセキュリティ確保とコンプライアンスへの準拠を大幅に簡素化する。(2021/4/8)

アステリア、ステーブルコイン「JPYC」を発行する日本暗号資産市場と資本業務提携
アステリアはステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」を発行する日本暗号資産市場と資本業務提携したと発表した。データベースやクラウドなどのデータ連携を行うアステリアの主力製品「ASTERIA Warp」用に、JPYCを接続できるアダプターを開発する。また今後、JPYCの利用促進を図っていくという。(2021/4/7)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
自動車業界で女性の役員比率が高い企業ランキング、トヨタ・ホンダの現状は?
大手・ベンチャーを問わず女性役員の活躍を目にする機会が増えてきましたが、自動車業界では女性役員の登用がどのくらい進んでいるのでしょうか。今回は、厚生労働省が集計する「女性の活躍推進企業データベース」をもとに、自動車業界の女性役員比率が高い企業をまとめました。(2021/4/7)

「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【後編】
「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」の決定的な違いとは?
「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」は、それぞれ扱うのに向いているデータや適切な用途が異なる。両者の主な違いや活用例、選び方のヒントを紹介する。(2021/4/7)

地方銀行のスマホアプリが一斉にダウン データベースサーバの故障が原因か
全国の地方銀行が提供しているスマートフォンアプリで4月5日、午前6時ごろから正常に動作しない不具合が発生した。約半数は12時30分ごろまでに復旧している。(2021/4/5)

データベース性能のリアルタイム可視化を実現:
PR:担当者の退職によりDBの運用管理が困難に――窮地の後任担当者を救った一手とは
間接材の購買サービスを提供するディーコープは、アプリケーションやデータベースに理解のある担当者の退職と、利用していたDBAサービスの提供終了によって、データベースの運用管理に課題を抱えることになった。同社は解決に向けてどのように取り組んだのか、担当者に聞いた。(2021/4/1)

AI:
AIが設計者の代わりに、過去案件から設計課題の解決策を提示「AI設計部長」
大成建設は、設計技術に関する過去情報をデータベース化し、AIが解析することで、構造設計方針の提示や諸元表自動作成などで、設計業務の効率化を図 るAIを活用した設計支援システム「AI設計部長」を開発する。(2021/3/31)

「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」を比較【前編】
いまさら聞けない「グラフデータベース」「リレーショナルデータベース」の基礎
代表的なデータベースである「グラフデータベース」と「リレーショナルデータベース」。それぞれの仕組みや取り扱うデータ構造を説明する。(2021/3/31)

第1回環境スタートアップ大賞、大臣賞に“ごみ拾いSNS”「ピリカ」
ごみ拾いSNS「ピリカ」開発のピリカが、環境省のビジネスプランコンテスト「第1回環境スタートアップ大賞」の大臣賞を受賞した。ごみ拾いの様子を撮影するスマートフォンアプリ。撮影されたごみの画像を収集、データベース化する機能も備える。(2021/3/19)

大規模なデータ処理も高速化
「MySQL」をクラウド化――DBの性能向上とコスト削減を実現するヒント
「MySQL」をクラウドサービスで運用する際には、コストの上昇やデータ分析処理のパフォーマンス低下などが課題になりがちだ。データベースをクラウドサービスで運用する際の最適解とは。(2021/3/18)

AWS、Amazon RDSのデータベースを任意の時点に戻せる機能 AWS Backupに追加
米AWSが、Amazon RDSのデータベースをいつでも任意の時点の状態に戻せる、継続的バックアップ機能とPoint-in-timeリカバリー機能をAWS Backupサービスでサポートしたことを発表した。(2021/3/17)

クラウドとオンプレミス両方で利用可能 HPEが無停止データベース「HPE NonStop SQL Cloud Edition」を提供開始
HPEは、「HPE NonStop SQL Cloud Edition」の提供を開始する。無停止データベースにデータベース管理ソフトとデータベース監視ツールを同梱し、セキュリティやデータ保護、耐障害性を確保した。(2021/3/8)

ハイパフォーマンス(Oracle談)
世界で最も人気のデータベース「MySQL」ベースの分析サービス登場
MySQLとMySQL Analytics Engineを統合し、単一プラットフォームでOLTPとOLAPのワークロードを実行できるサービスが登場した。DWHを使わずにデータの分析が可能になるという。(2021/3/5)

ソフトバンク訪問販売代理店でユーザー情報の不正取得 2015年〜2018年に6347件
ソフトバンクの訪問販売代理店などで、同社の携帯電話サービスなどの契約手続きを行ったユーザー情報6347件が不正に取得されたことが判明。同社の顧客データベースからの情報流出はないとしている。(2021/3/4)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(134):
Azure Database for MySQLで課金コストを節約する「停止/開始」機能が正式版に
Azure Database for MySQLで2020年9月からプレビュー提供されていた「停止/開始」機能が正式版になりました。開発やテストのためにAzure Database for MySQLを利用している場合は、データベースの未使用時に停止することで、コンピューティング料金を節約できます。(2021/2/19)

クラウドのニーズに特化も:
“使うと高いデータベース”からの脱却なるか 開発から運用まで最適化、Oracle Database 21cの中身は
DXに向けてクラウドの普及や迅速なアプリ開発のニーズが高まる中、データベースの主要な機能を統合、自動化し、開発から運用管理まで効率化、迅速化するとされるのがOracle Databaseの最新版「Oracle Database 21c」だ。クラウドネイティブな利用にも特化し、コストを最適化するという機能は一体どのようなものか。(2021/2/18)

自社製品に長年採用してきた組み込み/ISAMベースのDBエンジン:
Microsoft、「Extensible Storage Engine」(ESE)のソースコードを公開
Microsoftは、自社製品で使用してきたNoSQLデータベースエンジン「Extensible Storage Engine」(ESE)のソースコードをGitHubで公開した。(2021/2/9)

スマートフォンのモバイル広告IDと位置情報データで個人は特定できる──New York Times
New York Timesが、匿名希望の情報源が持ち込んだスマートフォンの匿名化された位置データを広告IDデータベースと照合することで、簡単に個人を特定できたと報じた。現在、こうした個人の特定を禁じる法律はない。(2021/2/8)

基幹系と情報系システムを一元化 大塚商会がDX基盤の構築を支援するパッケージを提供
大塚商会は「DX統合パッケージ」の提供を開始した。基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合し、コンサルティングとサポートを併せて提供する。企業のDX推進の基盤作りを支援する目的だ。(2021/2/8)

Gartner Insights Pickup(192):
データベース管理システム(DBMS)の移行を成功に導く質問
データベース管理システム(DBMS)の移行プロジェクトは、不十分な調査や計画が元で予定以上に時間やコストがかかってしまい、失敗に終わるケースもある。本稿では、移行を成功させるコツを紹介しよう。(2021/1/29)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【後編】:
帰ってきた“ミスター日本オラクル”三澤社長 データベース戦略でDXの「開発」に何をもたらすのか
日本オラクルの新社長に就任した三澤智光氏が、日本市場の戦略においてクラウドと同様に注力するのがデータベースだ。その中でも熱い視線を注ぐ先が、DXの一翼を担うような「クラウドネイティブなアプリ開発の現場」だという。最先端のデータベースで何をもたらそうというのか。(2021/1/25)

日本オラクル 三澤新社長インタビュー【前編】:
「絶対に落ちてはいけないシステム」のクラウドシフト加速へ 日本オラクル三澤社長“強気の戦略”を語る
2020年12月、日本オラクルの社長に三澤智光氏が就任した。同社で長年主力のデータベース事業やクラウド事業に関わり、一度は競合の日本IBMでクラウド事業を率いた経験を持つ同氏が、就任後すぐに打ち出したのが新たなクラウド戦略だ。社会を支えるシステムを支えるベンダーの責任が増す中、あえて大規模な組織のニーズを狙う“強気”はどこから来たのか。その背景や今後の方向性について聞く。(2021/1/22)

ネイティブなブロックチェーン表や永続性メモリのサポート:
Oracle、「Oracle Database 21c」をOracle Cloudで提供開始
Oracleは、コンバージドデータベースの最新バージョン「Oracle Database 21c」を「Oracle Cloud」で提供開始した。Oracle Database 21cでは、200を超える新しいイノベーションが導入された。Oracleのコンバージドデータベース戦略にのっとった製品だ。(2021/1/18)

コストも人手もかけたくない企業に向けて
開発現場で起こりがちなデータベースにまつわる「5つの問題」とその解法
企業のデジタルトランスフォーメーションの取り組みは年々活発化し、システム開発需要も高まりを見せる。システムの要となるのがデータベースだが、開発現場で起こりがちな5つの問題があるという。その解決方法とはどのようなものか。(2021/1/19)

10本のバッチ処理も1時間以内に完了
ビジネス部門も大満足、ジャックスが選んだ“安定して高性能”なデータ活用基盤
既存データベースの性能に限界を感じ、抜本的なデータ活用基盤への刷新を図ったジャックス。ビジネス部門が日常的に利用するものであるため、高い性能はもちろん、安定運用が重要な要件となった中、同社が選んだ製品の実力とは?(2021/1/25)

ドローン:
衛星写真・ドローン・区画技術・AIで空き家発見を効率化、都内で実証実験を開始
空き家のデータベースサービスを運営する空き家活用と衛星とドローンで取得した写真やAI、区画技術を用いたサービスを展開するサグリは、空き家の発見を効率化するアプリケーションの開発を進めている。(2020/12/23)

朝日新聞が謝罪 戦時中の写真、合成と気付かずTwitter投稿 「同じ顔がある」など指摘相次ぐ
朝日新聞社が、写真データベース「朝日新聞フォトアーカイブ」の公式Twitterアカウントで戦時中の写真を合成写真と気付かず投稿したのは不適切だったとして謝罪した。(2020/12/22)

PLEASE_READ_MEは「絶対に読んではいけない」:
盗まれた25万個のデータベースは既に「販売中」MySQLへの攻撃が急増
MySQLを狙った攻撃が活発化している。攻撃はランサムウェアから「二重の恐喝」へと発展しているものもある。もしMySQLを直接インターネットに接続して使用しているなら、アカウント設定の見直しや感染チェックなどを実施しておこう。(2020/12/16)

多様化するデータへの挑戦【後編】
「マルチモデルデータベース」とは? 複数データモデルを扱う次世代DBMS
多様なデータモデルを一元管理できるDBMSが「マルチモデルデータベース」だ。なぜ登場したのか。従来のDBMSとは何が違うのか。(2020/12/9)

FM:
Web上で設備と建築の合成BIMモデルを確認、スターツCAMのFM統合クラウドサービス
スターツCAMは、BIMも含めた施設に関連する情報を統合し、ライフサイクルマネジメントを支援するプラットフォーム「FM-Integration」を開発した。FM-Integrationは、ファシリティマネジメントの共通データベースをはじめ、BIMモデルや図面管理、長期修繕計画、点検、保全管理など、FM業務におけるさまざまな機能を統合したクラウドタイプのサービスで、ビル所有者や施設管理者向けにサブスクリプションで提供している。(2020/12/7)

「Alibaba Cloud」主要サービス一覧【後編】
Alibaba Cloudの「VPC」「SLB」「DNS」「PrivateZone」「ApsaraDB」「LedgerDB」の基礎
Alibaba Cloudは世界で200種類を超えるクラウドサービスを提供する。同社の代表的なネットワーク関連サービスとデータベースサービスを説明する。(2020/12/2)

データの価値を引き出すデータベース:
PR:スペシャリストが語る「なじみ深いSQL ServerがDXの基盤になる理由」とは何か
DXを推進する上で、データベースの課題に悩む企業は少なくない。SQL Serverを熟知したスペシャリストによると「企業になじみのあるSQL Serverがそのままデータの価値を引き出すためのDX基盤になる」という。(2020/12/1)

人工知能ニュース:
顔と氏名を瞬時にひも付け特定/追跡、TDSLの顔認識AI搭載ソリューション
東芝デジタルソリューションズは2020年11月24日、同社が独自開発した顔認識AIエンジンを搭載して、映像内の人物特定を行うソリューション「カオメタ」の説明会を開催した。独自の顔認識AIエンジンと氏名と顔をひも付けたデータベースを連携させることで、映像内の人物を特定し、追跡し続けることが可能だ。(2020/11/25)

メカ設計ニュース:
納期算出がわずか10分に、クリモトが金型製作に類似形状データベースを採用
スマートスケープは、同社の類似形状データベース「SS4M」がクリモトの金型設計製造事業に採用されたことを発表。クリモトは、金型製作における品質、見積コスト、見積納期の3つのバランスを最適化することを目指し、SS4Mの導入を決定した。(2020/11/18)

多様化するデータへの挑戦【前編】
「RDBMS」でも「NoSQL」でも解決できないデータベースの課題とは?
データの多様化が進むにつれて、従来の主流だったRDBMSで全てのデータを取り扱うことが難しくなってきた。NoSQLはそうした課題の一部を解決するものの、依然として解決が難しい課題は残る。それは何なのか。(2020/11/17)

Japan Drone2020:
ドローンの安全・効率的な飛行に不可欠な“UTM”とは何か?米国UAV動向から分析
ドローンの商用サービスが盛んになるに従い、運航管理の必要性が高まり、世界中で開発が進められている。安全かつ適切な運航を支えるために不可欠となるドローンの運行管理システム「URM」は、言うなればドローンの世界の航空管制に当たる。Japan Drone2020の講演から、NECでネットワークプロトコル、分散アーキテクチャ、データベース、機械学習などの研究開発に従事し、2017年に設立した国際的なUTMの業界団体「GUTMA」の理事も務め、産総研AIRC、理研AIP、東大情報理工にも所属し、AIを研究している中台慎二氏が世界のUTMビジネスとアーキテクチャ、標準化の動向を解説した。(2020/11/2)

スポーツ用品のファイテン、DB基盤をOracle Cloudに移行 受注データの取り込み時間を40分の1に
スポーツ用品などを展開するファイテンが、販売管理システムのデータベース基盤を「Oracle Database Cloud」に移行。従来は、データ量が増えるにつれて処理性能が低下していたが、移行後は受注データの取り込み時間を約10分から約15秒(40分の1)に短縮できているという。(2020/10/29)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:データベースのモダナイゼーション
特集は、パフォーマンス不足を契機にSQL ServerからNoSQLデータベースに移行した事例と、絶対に知っておくべきコンテナセキュリティ、クラウドストレージとテープの選択の基準について。他にRPAを使うべきではない用途などの記事をお届けする。(2020/10/26)

もうIT担当者を疲弊させない:
PR:大規模データベースのバックアップにも、ランサムウェア対策にも有効な、データマネジメント基盤とは
業務データはデータセンター内のシステムだけでなく、クラウドや各地拠点といった、さまざまな環境で管理されていることが少なくない。サイロ化したデータを確実にバックアップしつつ、それらのデータを有効活用するにはどうすべきか。(2020/10/29)

イノベーションのレシピ:
飲酒検査を半年でクラウド化せよ、モノづくり企業タニタが挑戦したこと
2019年、タニタが最新商品として検査システム「ALBLOクラウドサービス」を開発した。iPadに接続したアルコール検知器とクラウドを連携させることで、検査者のなりすましを防ぐ顔認証機能や、検査結果のデータベースへの送信機能を実現する。「モノづくり企業」であるタニタは、いかにしてクラウド開発を行ったのか。タニタ担当者らに話を聞いた。(2020/10/5)

Neo4jの導入事例
「グラフデータベース」を新型コロナの接触追跡に活用 医療機関が挑戦
複数のデータの関連性を示すグラフ構造を持つ「グラフデータベース」は、新型コロナウイルス感染症の研究に役立つ可能性がある。ドイツの医療機関における事例を紹介する。(2020/10/5)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:APIファーストなソフトウェア開発
特集はAPIファーストなソフトウェア開発のメリット、テープのメリット/デメリット、オブジェクトストレージの3本立て。他にデジタルトランスフォーメーションを阻むレガシーなリレーショナルデータベースなどの記事をお届けする。(2020/10/2)

クラウドデータベースの選び方【第4回】
レガシーアプリのDBMSを「クラウドデータベース」に移行させる賢い方法
オンプレミスのインフラで稼働させているレガシーアプリケーションをクラウドサービスに移行させる際の課題が、DBMSの移行だ。移行先として「クラウドデータベース」を選ぶ場合、失敗しないためには何をすべきか。(2020/9/25)

SQLとNoSQLデータベースのどちらも使う企業が多数派に:
ビッグデータの取り組みではデータベースが重要、SQLとNoSQLのどちらが優位なのか
Cockroach Labsは、ソフトウェア開発者のオンラインコミュニティー「DZone.com」が発表したデータベーストレンドレポート「Database Evolution: SQL or NoSQL in the Age of Big Data」を取り上げて、ビッグデータへ取り組む企業がSQLとNoSQLデータベースをどの程度利用しているのかを紹介した。(2020/9/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。