ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「業務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

1カ月「10万6000時間」の業務時間を削減 GMOグループの社員は生成AIをどう使いこなすのか
4月9日、GMOインターネットグループは生成AIを活用したことにより、663人月に相当する、約10万6000時間/月の業務時間を創出したと発表した。シフト勤務者を除くと、78.7%が生成AIを「業務に活用している」という。同社ではどのような生成AIの活用方法を取り入れているのか。(2024/4/17)

委託先リスク管理に関する実態調査結果を発表:
リスク管理担当者の約65%が「業務のDX化」を待望 アトミテック
アトミテックは、委託先リスク管理に関する実態調査の結果を発表した。多くの企業が何らかの委託先でのインシデントを5年以内に経験していることが分かった。(2024/4/17)

生成AIで変化する開発【第3回】
人気の「ソースコード自動生成ツール」に共通する“2つの特徴”はこれだ
開発業務における生成AIの活用が進んでいる。開発者が評価するAIツールにはどのような特徴や機能があるのか。AI時代の開発者に求められるスキルと併せて解説する。(2024/4/17)

なんとなくの人事異動から脱却 「従業員データ」を活用して人員配置を最適化する方法
組織の生産性を向上させるための人員配置業務の重要性と課題、人員配置で成果を出すカギとなる「従業員データ」について紹介します。従業員データを活用した最適な人員配置を目指しましょう。(2024/4/17)

AI:
レオパレス21が社内用生成AIを改良 業務マニュアルの内容も回答可能に
レオパレス21は、社内用の生成AIチャットシステム「LeoAI Chat」をバージョンアップした。社内規約や業務マニュアル、過去事例、FAQなどを学習させ、業務に必要な回答をダイレクトに得られるように改良した。(2024/4/16)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタと富士フイルムBIが複合機の調達業務で合弁協議、トナーの提携も
コニカミノルタと富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、複合機、オフィス向けプリンタ、プロダクションプリンタの3事業について、原材料や部材などの調達をはじめとする業務提携に向けた協議を開始する基本合意書を締結したと発表した。(2024/4/16)

「Linux」認定資格11選【前編】
「RHELマスター」になるなら手に入れておきたい“Linux認定資格”とは?
「Red Hat Linux Enterprise」(RHEL)を業務で扱うIT管理者が、自分の知識やスキルを証明したい際は、Red Hatが提供する認定資格が役立つ。どのような認定資格があるのか。(2024/4/16)

DXの成功に必要な取り組みについて提言:
日本企業のDXは「顧客への価値提供」ではなく「目前の課題解決」が目的になっている ガートナー
ガートナージャパンは、DXにおける業務改革の重要性についての提言を発表した。同社の川辺氏は「業務改革によって顧客にどのような価値がもたらされるかについて再確認することが重要だ」としている。(2024/4/15)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【後編】
なぜ「Mac」は“業務用マシン”として扱いにくいのか
企業で「macOS」搭載デバイスを使う際、IT管理者にはクライアントデバイスやOSを適切に管理することが求められる。macOSを導入する場合は、そうした運用面での“ある問題”に向き合わなければならない。(2024/4/13)

UUUM、24年9月期3Q累計の営業利益が91.7%減の4000万円に 3億円の純損失で赤字転落
YouTuberなどのマネジメント業務を手掛けるUUUMは、2024年9月期第3四半期決算を発表した。同期までの累計(23年6月〜24年2月)売上高は158億1100万円(前年同期比7.8%減)、営業利益は4000万円(同91.7%減)、純損益は3億700万円だった。(2024/4/12)

金属3Dプリンタ:
ソディックが伊の金属3Dプリンタ企業と資本業務提携、相互の製品拡充など推進
ソディックはイタリアのPrima Additiveが実施する第三者割当増資を引き受け、業務提携実施に関する契約を締結した。(2024/4/12)

キヤノンがグローバル330社の経営管理基盤を構築 連結決算を合理化した方法は?
キヤノンはグループ経営のさらなる強化に向けて、迅速な意思決定と業務の効率化による戦略的な経営管理業務へのシフトが求められていた。グローバル330社の経営管理基盤を構築した方法とは。(2024/4/12)

素材/化学メルマガ 編集後記:
生成AIを記事の作成で使いたいと思えない気になる問題
生成AIを業務で活用したいと思えない懸念事項についてつらつら語っています。(2024/4/12)

ERPのアップグレードを成功させるための8つのヒント
ERPのアップグレードは、コア業務を中断させ、ビジネスの継続に影響を与えるリスクがある。ERPのアップグレードを成功させるたの8つのヒントを紹介する。(2024/4/12)

PC使う社会人の26.9%「直近1年以内に備品なくしかけた」 業務のヒヤリハット、MAMORIOが調査
PCを使って業務する社会人の26.9%が、直近1年以内にに備品や貸与物をなくしたり、なくしかけたりしたことがある──紛失防止タグを手掛けるMAMORIO(東京都千代田区)が、業務の“ヒヤリハット”を巡る調査結果を発表した。(2024/4/11)

ロボット:
空調設備の風量測定で6割省人化、ロボットが自動で測定 鹿島建設
鹿島建設は、設備工事に必要な換気/空調設備の風量測定業務を全自動で行うロボット「Air-vo(エアボ)」を開発した。施工中の現場5カ所で実証を行った結果、1回の風力測定業務に必要な技能者を従来の3人から1.25人に削減できることを確認した。(2024/4/11)

営業コミュニケーション大解剖:
なぜ営業スタイルの「型化」に失敗するのか 押さえたい2つのポイント
営業マネジャーやメンバーが目標達成に向けて業務に取り掛かるにあたって押さえたい、チームの成果を最大化する2つのポイントを紹介する。(2024/4/11)

生成AI 動き始めた企業たち:
書面の監査業務「25→12時間」に半減 生成AI、旭化成の活用策は?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第18回は、旭化成の取り組みを紹介する。各事業分野に特化した独自のAIモデルの構築を目指すという同社。どのような価値観のもと、生成AI活用を進めているのか。(2024/4/11)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
業務拡大はアナログ業務の改善から、請求業務と受注作業のDXを実現する方法
アナログ業務のデジタル化は事業を拡大していくうえで必須の施策となるが、紙ベースで請求業務や受注作業を行っている企業もいまだ多い。本動画を視聴すれば、そこからの脱却は決して難しくはないことが分かるはずだ。(2024/4/11)

生成AIで月10万時間を創出 GMOが業務で活用しているAIツールTOP10とは?
GMOは従業員を対象に実施した生成AI活用調査結果を発表した。同社は生成AIの活用により、663人月に相当する約10万6000時間/月の業務時間を創出したと算出している。(2024/4/10)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「情シスの業務課題」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で20名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2024/4/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「『日々の業務にこそGPUが必要』 VDIの生産性を爆上げするテクニックを解説」 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/4/10)

AI技術がBPMにもたらす変化【後編】
業務プロセス改善に“とりあえずAI技術”は危険 そのリスクと課題とは
ビジネスプロセスマネジメント(BPM)と人工知能(AI)技術の組み合わせによって得られる価値は幾つもある。しかし運用に際しては注意が必要だ。リスクを正しく理解し、メリットを最大化するヒントを探る。(2024/4/10)

駿台、教育AIベンチャーatama plusと資本業務提携 株式35.5%取得
駿台が、AIを活用した学習塾向け教材サービスを提供するatama plus(東京都港区)と資本業務提携を結んだと発表した。駿台はatama plusの株式の35.5%を取得。2社は今後、オンライン塾サービスを共同で展開する。駿台による出資額は非公開。(2024/4/8)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
「生成AI」活用で一番困ったことは? 業務で使っている人に聞いてみた
「ChatGPT」に始まり、Microsoftの「Copilot」やGoogleの「Bard」など、多くのテック企業が生成AIに本腰を入れる中で、ユーザー企業はまだ足踏み状態なのが現状だろう。生成AIの活用の障壁となるポイントを調査から探る。(2024/4/8)

生成AIで業務プロセスをどう改善する? 「Now Platform」の最新版「Washington, D.C.」は何が変わったのか
生成AIをどう業務で利用するかの試行錯誤が続く中で、ServiceNowは「ユーザーは生成AIを使っているという意識を持つことなく、いつの間にか使っているという状況が実現する」と言う。どういうことか、見ていこう。(2024/4/9)

ITエンジニアが足りず「メカエンジニアを職種転換」 成功のポイントとは?
IT人材の不足は特に甚だしく、採用は困難を極めます。ある製造業の企業もITエンジニアの採用に難航していましたが、メカエンジニアを対象としたリスキリング施策で対応しました。全く異なる業務に転換を進めるポイントとは?(2024/4/5)

施工管理:
公共工事の効率化と高度化を土木分野でも検証へ、アンドパッドと町田市
アンドパッドと東京都町田市による、営繕業務の効率化と高度化を図る共同実証で、2024年度から対象範囲を土木工事にも拡大する。工事書類をオンライン上で提出、共有するとともに、チャットによる迅速な情報共有、工事情報の一元化による工程管理の最適化を目指す。(2024/4/5)

丸紅、“消費者向け”中古スマホ事業に参入 イオシスHDと資本業務提携
丸紅は2024年4月4日、イオシスホールディングス(イオシスHD)との資本業務提携を発表。消費者向けスマートフォンリユース事業への参入も明らかにした。本提携に伴い、丸紅は、IT機器買取・販売事業を展開するイオシスの親会社であるイオシスHDを持分法適用会社とした。(2024/4/4)

「スプラ甲子園開いたら殺す」任天堂に脅迫投稿 容疑で日立市職員逮捕
任天堂のホームページの投稿フォームに殺害予告のメッセージを送ったとして、京都府警は威力業務妨害の疑いで、茨城県日立市職員の風間健心容疑者(27)=同市=を逮捕した。容疑を認めている。(2024/4/4)

丸紅、スマホ買取・販売の「イオシス」に出資
丸紅は、イオシスホールディングス(イオシスHD)と資本業務提携を結び、スマートフォンリユース事業に参入する。スマートフォンやPCなどのIT機器買取・販売事業を手掛けるイオシスの親会社で、今回の出資によりイオシスHDは丸紅の持分法適用会社となる。(2024/4/4)

人工知能ニュース:
AIで機器保守サポート業務のDX強化、独自LLMも活用へ リコー
リコーは、AIを活用し、機器の保守サポート業務におけるプロセスDXを強化する。情報検索型AI botや独自LLMを用いた質問応答型AIチャットbotにより、業務効率化や機器のダウンタイム低減を図る。(2024/4/4)

本当に活躍する人材を育てるには?:
従業員教育の課題を解決 “新時代”の業務習得ツールとは
人材不足が深刻化する中で、企業にとって重要なのは高いパフォーマンスを発揮できる活躍人材の育成だ。育成にかかる現場の負荷を軽減しつつ、質の高い教育プログラムを従業員に提供するにはどうすべきか。そのノウハウを紹介したい。(2024/4/17)

AI:
ダイダンが自社専用の生成AI導入 設計・施工業務でも活用推進
ダイダンは、「Azure OpenAI Service」を利用した自社専用の生成AI「Daidan AI Chat」を導入した。提案書改善などの一般業務に加えて、設計・施工などの専門性の高い業務でも活用を進める。(2024/4/3)

AI技術がBPMにもたらす変化【中編】
AIが業務プロセスの穴を埋め「今までできなかったこと」を可能にする4分野
大きな手間や高度な能力を要求されるために達成できなかった業務も、人工知能(AI)技術のおかげで実現できる領域が広がっている。業務プロセスを未知の高みに引き上げる4つの分野を紹介する。(2024/4/3)

メカ設計インタビュー:
オートデスクのプラットフォーム戦略とAI活用について日本のキーマンに聞いた
近年、オートデスクが展開を強化している「Autodesk プラットフォーム」と「Autodesk AI」の詳細について、日本のキーマンであるオートデスク 日本地域営業統括 技術営業本部 業務執行役員 本部長の加藤久喜氏に話を聞いた。(2024/4/3)

400人に調査:
「TELハラ」の異名も……電話業務にストレスを感じる理由 「取り次ぎが面倒」を超えた1位は?
電話代行サービス「fondesk」を運営する「うるる」(東京都中央区)が、ビジネスパーソン400人を対象に、社内の電話対応について調査した。その結果、7割超が会社への電話対応業務に「ストレスを感じる」と答えた。電話対応にストレスを感じる理由とは――。(2024/4/2)

調査レポート:
残業規制で「工期見直しは難しく、働き方はかえって厳しくなる」が4割、野原グループが現場監督を調査
野原グループのBuildApp Newsは、現場監督や所長(現場代理人)を対象に、建設の2024年問題と現場の業務デジタル化の意識を調査した。調査結果によると、4割が「適正工期の見直しは難しく、働き方はかえって厳しくなる」と回答し、残業規制の影響をより強く懸念していることが判明した。(2024/4/2)

Go AbekawaのGo Global!〜アゼストの張さんfrom中国(後):
「床で寝る」って日本の人に言ったら、びっくりされた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もアゼストでデータの分析や機械学習の研究などに従事する張 志穎(チョウ・シエイ)さんにお話を伺う。業務経験を積み、少しずつ日本での仕事にも慣れてきた張さんが「日本人はすごいな」と思うところとは。(2024/4/2)

米下院、職員による「Copilot」使用禁止に 生成AIによる業務支援機能
米議会下院が職員に対し、米Microsoftの生成AI支援機能「Copilot」の使用を禁止したことが分かった。米ネットメディア「Axios」が報じた。(2024/4/1)

Weekly Memo:
日本企業にはハードルが高い? 「デジタルワークフロー」の必要性をServiceNowの戦略から探る
既存のERPやCRMと連携して、業務プロセスとデータを可視化する「デジタルワークフロー」への注目度が高まっている。ただし、日本企業にはまだハードルが高いところもあるのではないか。日本企業はデジタルワークフローをどうすれば生かせるのか。同社日本法人の戦略から探る。(2024/4/1)

産業動向:
千代田化工建設とセンシンロボティクスが業務提携 plantOSとロボット、AIを融合
千代田化工建設は、センシンロボティクスと、プラントなどインフラ保存でAIやロボット、ドローン活用を目的に資本業務提携を締結した。(2024/4/1)

製造マネジメントニュース:
ロームが資本提携も視野に東芝の半導体事業との協業へ、売上高合計は1兆円規模
ロームは、日本産業パートナーズ(JIP)に対して、ロームと東芝の半導体事業との業務提携強化に向けた協議を開始する旨の提案を行ったと発表した。(2024/4/1)

子育て中のママが「いつも買っちゃう」業務スーパー“大満足スイーツ&激安食材”を一挙公開! フル活用の絶品レシピも
ますます活用したくなる。(2024/3/31)

伊藤忠丸紅鉄鋼が進める「泥臭い業務改革」 200個のアプリを内製で開発
デジタル化が遅れる鉄鋼業界で、伊藤忠丸紅鉄鋼がITを利用した業務改革を進めている。草の根的な活動から始め、現在では約200個のアプリを開発した同社の取り組みとは。(2024/3/30)

材料3つだけ! 業務スーパー「うずら卵水煮」を“無限煮卵”にするレシピが120万再生 缶詰利用の簡単さに「本当に美味しくてリピートしてる」
これ1つでご飯もビールも進みそうです。(2024/3/30)

ナレッジマネジメントの基本と主要ツール【後編】
SharePoint以外にもこれだけある 「ナレッジ」を蓄積できるツール5選
従業員が持っている知見や情報を業務改善に生かすに当たり、そのデータを集約し共有できる「ナレッジマネジメントツール」の導入は有効な手段の一つだ。主なナレッジマネジメントツール5個を紹介する。(2024/3/30)

ワークプレース:
オフィスリニューアル後の行動変容を調査、三菱地所
三菱地所は、本社共用部リニューアル後に社員の利用実態や行動変容について調査した。改修は、共有部を執務ゾーン、集中ゾーン、会議室ゾーンを新設し、改修後は、知的生産性が高い業務への時間が延長している。(2024/3/29)

パワー半導体中心に提携強化目指す:
ローム、東芝と半導体事業の提携強化を協議へ 資本提携も視野に
ロームは2024年3月29日、日本産業パートナーズ(JIP)に対し、ロームと東芝との半導体事業の業務提携強化に向けた協議の開始を提案したと発表した。将来的には資本提携も視野に入れて協議したい考えだ。(2024/3/29)

「北朝鮮IT労働者」が日本人になりすまして業務受注、警察庁が注意喚起 その特徴は?
警察庁は3月26日、北朝鮮のIT労働者が日本人になりすまして国内で業務を不正受注している疑いがあるとして、注意喚起を行った。加えて、北朝鮮IT労働者が悪意のあるサイバー活動について関与の可能性もあると指摘している。(2024/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。