ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  E

「Excel」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Excel」に関する情報が集まったページです。

データ可視化にかかる工数を90%削減 花王が「SAP Analytics Cloud」を導入
花王が「SAP Analytics Cloud」を導入した。これまで会計データの加工や可視化に利用していた「Microsoft Excel」から同サービスへの移行によって、データの可視化に必要な工数を約90%削減した。(2022/5/24)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(10):
チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化の実践
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第10回では、チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化を実践するとともに、対策のないトポロジー最適化結果との比較を行う。(2022/5/24)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(9):
トポロジー最適化のチェッカーフラグ対策
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第9回では、チェッカーフラグ状の濃淡とグレーの濃淡をなくす方法を紹介する。(2022/5/17)

Excelの標準機能だけで作った“アバター制作機能”の完成度が高くて人気 「すごすぎて草」「何するソフトだっけ……」
画像も標準搭載された素材を使用。(2022/5/13)

Excelできる人に業務集中? 残業多い傾向が明らかに
業務改善コンサルティングなどと手掛ける「すごい改善」は、20〜50代の社会人男女350人を対象に「バックオフィス業務とExcel(エクセル)」に関する調査を実施。その結果、Excelができる人ほど残業時間が増加する傾向が明らかになった。(2022/5/12)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【前編】
あのExcelが「同一労働同一賃金」実現に役立つ?
D&Iを強化しようと考える世間の風潮の中で、賃金格差の解消に目を向ける企業がある。賃金格差の解消に役立つIT製品を紹介する。身近な“あのツール”も有用だ。(2022/4/29)

利用する理由は「運用しやすいから」:
「クラウド化したいが属人化していて手が出せない」 クラウドエースがExcelに関する調査結果を発表
クラウドエースは「データベースのExcel管理」に関する調査結果を発表した。「Microsoft Excel」をデータベースとして利用する企業の約7割がデータベースのクラウド化を実施したいと考えていた。(2022/4/28)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートでグラフのスタイルを設定するには(OpenPyXL)
グラフオブジェクトが持つstyle属性に1〜48の値を設定することで、グラフのスタイル(見た目)を指定できる。そのバリエーションを画像で紹介。(2022/4/26)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(8):
トポロジー最適化の実践 〜いろいろな“形の創造”事例〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第8回では、トポロジー最適化の適用による、いろいろな“形の創造”事例を紹介する。(2022/4/25)

「収支計画のExcelバケツリレー」廃止へ J-POWER 電源開発の「Anaplan」採用の狙い
発電・小売事業者のJ-POWER 電源開発は、収支計画、管理システムにSaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。データ集約と分析にかかる作業コストを低減する。(2022/4/22)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートに移動平均線を作成するには(OpenPyXL)
OpenPyXLが提供するTrendlineクラスを使って、グラフに移動平均線を追加したり、その線色を変更したりする方法を紹介。(2022/4/19)

Tech TIPS:
【Excel】生データの分析にはこれを使え! −− 「データ分析」と「スライサー」の使い方
アクセスログの生データなどを集計、分析するのは意外と面倒だ。Excelの「データ分析」や「スライサー」を利用すると、簡単に集計が行える。その方法を紹介しよう。(2022/4/15)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(7):
実践! 密度法によるトポロジー最適化に挑戦してみよう
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第7回では、いよいよLISAとExcelマクロを使って、片持ちはりのトポロジー最適化を行う!(2022/4/13)

“122年自宅療養”した確認書を通知された人が文明開化の音がしそうと話題に 「終身刑じゃん」
Excelで入力をミスった説が有力。(2022/4/12)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートに株価チャートを作成するには(OpenPyXL)
OpenPyXLが提供するStockChartクラスとBarChartクラスを使って、各種の株価チャート(ローソク足など、と棒グラフの組み合わせ)を作成する方法を紹介する。(2022/4/12)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートにドーナツグラフを作成するには(OpenPyXL)
DoughnutChartクラスを使って、ドーナツグラフを作成したり、そこにパーセンテージ表示を加えたり、同心円状に複数の系列のデータを表示したりする方法を紹介する。(2022/4/5)

明日から使えるITトリビア:
新社会人の君に捧ぐ、Microsoftが勧める「時短できるExcelショートカットキー」50選
Microsoftが「時間を節約できる50個のExcelのショートカットキー」を公開している。この記事では、そこで紹介されているショートカットを紹介する。(2022/4/1)

Tech TIPS:
知っていました? Excelだけでスクリーンショットを撮れるって
Excelを使って、仕様書などを作成していると、アプリケーションの画面などを挿入したいこともあるだろう。[Windows]+[Shift]+[S]キーや「Snipping Tool」アプリを使って画面キャプチャーしているのではないだろうか。しかし、Excelに貼り付けるのであれば、Excelのキャプチャー機能を利用するのが便利だ。その使い方を紹介しよう。(2022/4/1)

Excel業務の課題に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で5名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2022/4/1)

なぜ「ネ申エクセル」は生まれたのか 誕生を目撃した元市役所職員が語る“美しさ”の追求
役所や行政に提出する書類でこんな書類を見かけたことはあるだろうか。セル結合を多用し、方眼紙のマス目状となった1セルに対してそれぞれ1文字のみを入力するようなExcelファイルのことだ。一時期と比べるとだいぶ減ってきたものの、まだ見かけることも多い。なぜこうした独自のフォーマットが生まれたのか。元市役所職員がその背景を語った。(2022/3/31)

“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【後編】
Excel関数「XLOOKUP」は何がすごいのか 「VLOOKUP」との違いとメリット
「Excel 2021」で注目の新関数「XLOOKUP」は、従来の関数「VLOOKUP」のどのような欠点を克服しているのでしょうか。書式例とともに、そのメリットを解説します。(2022/3/28)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートにレーダーチャートを作成するには(OpenPyXL)
OpenPyXLのRadarChartクラスを使って、Excelのワークシートにレーダーチャートを作成したり、その種類を変更したりする方法を紹介する。(2022/3/29)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートに円グラフを作成するには(OpenPyXL)
OpenPyXLが提供するPieChartクラスとProjectedPieChartクラスを用いて、円グラフと補助グラフ付円グラフを作成する方法を紹介する。(2022/3/25)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(6):
密度法によるトポロジー最適化の準備を行う
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第6回では「最適性規準法」を用いて、剛性を最大化=平均コンプライアンスを最小化する設計パラメータを求める。(2022/3/24)

“脱Excel”か“活Excel”か:Excel 2021の新関数「XLOOKUP」解説【前編】
「VLOOKUP」の使い方をおさらい――Excel新関数「XLOOKUP」を使う前に
「Excel 2021」には注目すべき新関数「XLOOKUP」があります。XLOOKUPを理解するには、同様の役割を担う既存関数「VLOOKUP」の知識が役立ちます。VLOOKUPの基本事項をおさらいしましょう。(2022/3/21)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートに散布図を作成するには(OpenPyXL)
2種類のデータの相関を見るのには散布図が便利だ。OpenPyXLを使ってこれを作成する手順を紹介する。(2022/3/15)

Tech TIPS:
【Excel】それは日付じゃない! 「1-1」が勝手に「1月1日」にならないようにする
Excelで文字列を入力したつもりが、勝手に日付に変更されてしまうことがある。日付になってしまうと、セルの書式設定を変更しても、元の文字列には戻らない。そこで、日付に変換されないように文字列を入力する方法と、日付に変更されてしまった文字列を元に戻す方法を紹介する。(2022/3/14)

解決!Python:
[解決!Python]Excelワークシートに折れ線グラフを作成するには(OpenPyXL)
OpenPyXLを使って、Excelワークシートに折れ線グラフを描画し、その線やマーカーの設定を変更する方法を紹介する。(2022/3/8)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(5):
トポロジー最適化 〜密度法の定式化〜
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第5回では、トポロジー最適化における密度法の定式化に取り組む。(2022/3/8)

Tech TIPS:
【Excel】[Σ]ボタンはどこ? と迷ったことがあるなら知っておきたいショートカット
Excelで集計表などを作成すると、最後に合計を計算することも多い。このような場合、SUM関数を使うのが一般的だが、大きな表の場合、セル範囲を選択するのが意外と面倒である。こんな場合、キーボードショートカットを活用すると、簡単に合計が計算できる。(2022/3/4)

解決!Python:
[解決!Python]OpenPyXLで面グラフをExcelワークシートに作成するには
OpenPyXLでExcelワークシートに面グラフや3D面グラフを作成したり、グラフの種類を積み上げ面グラフ/100%積み上げ面グラフに変更したりする方法を紹介する。(2022/3/1)

解決!Python:
[解決!Python]OpenPyXLを使ってExcelワークシートに棒グラフを作成するには
OpenPyXLでExcelワークシートに棒グラフを作成し、その設定を行い、最後に行と列が入れ替わっているデータで同じグラフを作成したりする方法を紹介。(2022/2/22)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(4):
トポロジー最適化に挑戦する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第4回では、トポロジー最適化に取り組む。(2022/2/22)

ハンモック調査:
営業管理職の5割が使う「Excel」 「複数人で利用しづらい」「最新版が分からない」など不満噴出
営業管理職の5割近くはExcelを利用しているが、そのうち8割はExcel管理に課題を認識している──ハンモック(東京都新宿区)が行った営業管理職に対する調査で、このような結果が判明した。(2022/2/16)

営業管理に最も使うツールは「Excel」 感じている課題の1位は? 法人向けソフト提供会社調査
営業管理に使うツールは「Excel」が47.8%で最多──法人向けソフトウェアを提供するハンモックは、そのような調査結果を発表した。(2022/2/16)

減らない“Excelでの営業管理” 8割が課題に直面するも、SFAツール導入予定は3割弱
ハンモックの調査によると、営業管理の現場レベルでは「Excelやスプレッドシート」をベースとした管理手法からいまだ抜け出せておらず、約8割が課題を抱えているなどの実態が明らかになった。(2022/2/16)

2022年4月から順次適用:
ダウンロードした「VBAマクロ」、Microsoftがデフォルトでブロックへ
インターネットからダウンロードしたWordファイルやExcelファイルがVBAマクロを含んでいた場合、セキュリティリスクが高い。Microsoftは従来の取り組みを一歩進め、このようなVBAマクロをデフォルトでブロックし、ボタンをクリックするだけではVBAマクロを有効にできないようにする。(2022/2/15)

解決!Python:
[解決!Python]OpenPyXLを使ってExcelワークシートのセルの書式設定をするには
OpenPyXLを使って、Excelワークシートのフォント指定/塗りつぶし/けい線/文字そろえ/値の表示方法など、セルの書式設定を行う方法を紹介する。(2022/2/15)

Tech TIPS:
「未」「未」「未」と入れるつもりが「未」「申」「酉」になるExcelオートフィルの間違えない使い方
Excelで表を作成していると、連続した数値や同じ文字列を入力しなければならないケースは意外と多い。これを手動で入力していたのでは時間もかかるし、ミスも起きがちだ。連続した数値や同じ文字列、同じ数式などを入力するのであれば、オートフィル機能を利用するのが手っ取り早い。ただ、セルの表示形式や[Ctrl]キーの扱いなどによって挙動が異なるので注意が必要だ。そこで、オートフィルの挙動の違いについてまとめてみた。(2022/2/14)

「エクセル経営」から変化する「草の根DX」の今:
ワークマン、ソニーのAIを活用した予測分析ツールを導入 ボトムアップ型データドリブンを推進
ワークマンは、Excelを活用したデータ分析を社内に浸透させて、ボトムアップ型のデータドリブン経営を実践してきたが、今回、ソニーの予測分析ツール「Prediction One」を導入した。その理由とは?(2022/2/15)

ついにVBAマクロがデフォルトで無効化に Emotetをはじめとしたマルウェアに対抗
MicrosoftはOfficeのセキュリティ強化プランを発表した。2022年4月からAccessとExcel、PowerPoint、Visio、WordファイルのVBAマクロをデフォルトでブロックする方針だ。(2022/2/9)

解決!Python:
[解決!Python]OpenPyXLを使ってExcelファイルを読み書きするには
openpyxlパッケージを使って、Excelのワークブックの作成/読み込み/保存やワークシートの作成、セルの値の読み取り/書き込みなどを行う方法を紹介する。(2022/2/8)

Tech TIPS:
【Excel】セル内の文字列が隠れて読めない? そんなときは列の幅や行の高さを調整
Excelで表を作成していると、セルの幅が狭いため、文字列が途中で切れたり、日付が「#####」といった表示になったりすることがある。そこで、列の幅や行の高さを調整する方法を紹介しよう。(2022/2/7)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(3):
剛性を最大化するはりの形状を求める
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第3回では、片持ちはりの平均コンプライアンス最小化問題を「ラグランジュの未定乗数法」を使って解いていく。(2022/2/7)

仕事中に確認しがちな情報をまとめた画像が「めちゃくちゃ使える」と話題 「西暦・和暦変換」や「Excelの行と列」など
役立ち画像を使ったグッズも販売中です。(2022/1/31)

Tech TIPS:
【Excel】複数のセルの文字列を結合して1つの文字列にする
氏名や住所などが複数のセルに分割されている場合、これらの文字列を1つに結合して、処理を行いたいこともあるだろう。そこで、ここでは文字列を結合する方法を紹介する。(2022/1/31)

Excel「1+1=4」 謎の計算結果になる原因を特定したツイートに「セルの結合は悪」「セルの結合を滅ぼせ」
セルの結合をする場合はご用心。(2022/1/23)

セル結合は悪? 「1+1=4」になるExcelの罠がTwitterで話題に
一見すると同じ式なのに計算結果が変わる、しかも1+1が4になる──Excelのこんな仕様がTwitterで話題になっている。「セルの結合」が原因で、セル結合の扱い方についてさまざまな意見が寄せられている。(2022/1/21)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(2):
パラメトリック最適化に挑戦する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第2回では片持ちはりをモチーフに、パラメトリック最適化について解説を始める。(2022/1/19)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:外部から取り込んだデータの不要なタブや改行などをまるっと削除する
Webサイトなどの外部ソースから取り込んだデータには、Excelで印刷できない文字が含まれていることがある。こうした文字は、データ処理の邪魔になることがあるので削除しよう。ただ、置換などでは簡単に削除できないので、CLEAN関数を使って削除する手順を紹介する。(2022/1/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。