ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「投資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:特集:今日から投資してみませんか?
質問!投資・融資→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で投資・融資関連の質問をチェック
「大型消費/投資」分野の調査データ一覧 | 調査のチカラ

TikTokで300万再生! 三和エステートの“バズる間取り”「CBシリーズ」の特徴は?
不動産資産管理の三和エステート(福岡市)が、佐賀県鳥栖市に投資用の木造2階建てアパート「type ZIO」を完成させた。(2022/5/26)

DAOとは? Web3に投資する元gumi國光氏に聞いた
注目を集めるWeb3はどう私たちの生活を変えるのか。Web3で生まれる新たな仕組みを理解し、近い未来に備えよう。(2022/5/26)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国テンセント、51%減益でも「ゲーム規制」及ばぬ海外投資に勝機
中国IT大手のテンセント(騰訊)が5月18日、2022年1-3月期の決算を発表した。純利益は234億元(約4500億円)で、国際会計基準での最終減益は10四半期ぶり。中国政府の各種規制が収益を圧迫し、新型コロナウイルスの再流行が追い打ちをかけた。しかしゲーム事業には好転の兆しが見える。(2022/5/26)

開園当初は4200円:
ディズニー入園料、30年で約2.5倍! 今後どこまであがる? 「綿密な戦略」を専門家が徹底解説
2021年10月、東京ディズニーリゾートのパークチケット価格(入園料)が最大700円値上げされた。ディズニーの価格改定をひも解いていくと、値上げで得た利益をサービス向上に投資し、顧客の満足度を高めるプライシング戦略が見えてきた。(2022/5/25)

ビットバンク、三井住友トラストと仮想通貨カストディ参入 鶏が先か卵が先か?
仮想通貨交換業を営むビットバンクは5月24日、仮想通貨などデジタルアセットに特化した信託会社の設立を、三井住友トラスト・ホールディングスと共同で進めていくと発表した。機関投資家や事業会社向けにデジタルアセットを保管・管理する、いわゆるカストディ業務を行う。(2022/5/24)

「楽天モバイル債」募集 個人から1500億円調達へ
楽天グループが個人向け社債「楽天モバイル債」発行へ。基地局整備などで巨額の赤字を計上し、財務が悪化する中、個人投資家から資金を調達する。(2022/5/20)

ソニーのエンタメ事業戦略は「クリエイターに近付きたい」
ソニーグループが5月18日に発表した2022年度経営方針では、エンタメ事業におけるクリエイターの存在感が大きく増した。なぜソニーは今、クリエイターに投資するのか。(2022/5/19)

松井証券、初めての投資信託「積立」購入で最大5%還元 キャンペーン実施
 松井証券は5月16日より、投資信託の「積立」購入を初めて行った全ての人を対象に、最大5%分の松井証券ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。新規の口座開設者だけでなく、既に口座を持っていてもまだ投資信託の積立を行っていない人も対象となる。(2022/5/18)

ベアの期待値も低く:
会社員の6割が「給料に不満」 預貯金以外では「生命保険」「投信」に人気
転職エージェントのワークポート(東京都品川区)は、20〜40代のビジネスパーソンを対象に給料への満足度や、資産形成に関するアンケート調査を行った。勤務先の給料に満足しているか聞いたところ、60.3%が「満足していない」と回答。給料の上昇に期待を抱けないことから、投資信託や株式など、預貯金以外の金融資産を保有する人も6割に上ることが分かった。(2022/5/16)

Transport Dive:
ペプシの車両“グリーン化”戦略 なぜ「リスク大」の開発に投資するのか?
食品・飲料の大手のペプシは2030年までに温室効果ガス排出量の75%削減に取り組む。同社の戦略がユニークなのは、そのために必要な機器開発の初期段階から投資していることだ。なぜ大きなリスクをとってまでグリーン化に取り組むのか。(2022/5/16)

「13日の金曜日」は不吉な日か:
厚切りジェイソン、ツイート全消し 米国株下落で非難殺到か?
タレントの厚切りジェイソンさんが、運営するツイッターの投稿をすべて消したことが話題になっている。22万人あまりのフォロワーを持つ人気アカウントであり、影響力は大きかった。削除の理由は明かされていないが、同氏が推奨してきた米国株投資に逆風が吹いているためではないかと見られる。(2022/5/13)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズのDX編:
カインズ土屋会長が「慣れない英語で質問」したワケ “IT小売企業”への一歩
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、カインズの土屋裕雅会長。デジタル事業への100億円以上の投資を表明し、IT化を進めているカインズ。その背景にあった「出会い」とは?(2022/5/13)

安全システム:
NSKとティッセンクルップが合弁会社、ステアリング事業でシナジー創出目指す
日本精工(NSK)は2022年5月12日、ドイツのティッセンクルップと合弁会社設立に関する基本合意書を締結したと発表した。2022年度中に最終契約を締結することを目指す。両社の自動車用ステアリング事業で協力して、スケールメリットの創出や投資の分担などでシナジーを創出し、プレゼンス向上につなげる。(2022/5/13)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“レバナス投資”で被害続出? 背後に投資系インフルエンサーの影も
米国株ブームで増加した投資系インフルエンサーの推奨により、「レバナス」と呼ばれる投資信託がここ半年で半値近くまで大暴落している。(2022/5/13)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
過小評価されている日本企業のESG・サステナビリティへの取り組み
海外投資家にとって、日本企業はESGの面においてグローバル企業に後れを取っているとしばしば認識されていますが、この認識はいくつかの分野においてはすでに過去のものになっています。(2022/5/13)

政府が電池生産後押し 電動車促進策を先に
政府は国内企業の蓄電池生産を後押しするため補助金などを拡充するという。日本にはCO2規制やEV販売目標がなく、自動車メーカーから電池メーカーへの要請は少ない。電池メーカーの自主性に任せているため投資が進まない。やはり規制が先ではないだろうか。(2022/5/12)

CIO Dive:
「えっ、データがない?」 ESG時代到来でCIOに求められる“新たな役割”
ESG戦略への関心が高まっているが、多くの企業は、投資家だけでなく規制当局からも要求されるデータを作成するためのシステムを備えていない。データ作成の白羽の矢が立ったのは、かつて「技術に詳しければ務まる」とされていたCIOだった。(2022/5/11)

DX投資のリターンを最大化  「ServiceNow Impact」を提供開始
ServiceNow Japanは、「ServiceNow Impact」の提供を開始する。AI活用で価値創出を図り、DX投資に期待する価値と実現される価値とのギャップなくす。(2022/5/10)

マスク氏、「Twitterの広告依存度を収益の50%未満に」など──NYTが入手したプレゼン資料より
Twitterを買収することで合意したイーロン・マスク氏が投資家に披露したプレゼン資料をNew York Timesが入手した。2028年までに収益を5倍にし、広告への依存度を収益の50%にするなどと予測している。(2022/5/8)

SBI証券の三井住友カードつみたて投資、設定額100億円突破で楽天証券追走
SBI証券は5月6日、三井住友カードを使った投信積立サービスの設定金額が月額100億円を突破したと発表した。併せて積立口座数も26万口座を超えた。サービス開始から10カ月で100億円に到達した。(2022/5/6)

株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」 登録ユーザー数が10万人突破
 FUNDINNO(東京都品川区)は5月2日、運営する株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO」(ファンディーノ)の登録ユーザー数が10万人に達したと発表した。また、累計成約プロジェクト数は250件、累計成約額は80億円に達した。(2022/5/6)

必要なのは“投資”ではなく資産運用 見直されるラップ口座の今
「手数料が高い」とかつて批判を浴びていたラップ口座。それが今、新たな枠組みの中で見直されようとしている。キーワードは、「ゴールベース」と「アドバイス」だ。(2022/5/2)

リテール&ロジスティクス:
福岡県小郡市で延べ約9.1万m2の物流施設の開発に着手、日本GLP
日本GLPは福岡県小郡市で物流施設「GLP福岡小郡」の開発に着手した。今後は、2022年7月に着工し、2023年11月の竣工を予定しており、投資総額は約145億円となる見込みだ。(2022/5/2)

投資信託の運用会社別ランキング トップの会社と運用額は?
 投資信託協会がまとめた3月の投資信託の状況によると、公募投信の運用額は163兆827億円となり、3カ月ぶりに増加に転じた。要因として、内外株式市場の上昇等による運用増加が挙げられる。(2022/5/3)

Amazon決算は増収減益 数年ぶりの赤字に
Amazonの1〜3月期決算は売り上げは7%増だったが38億ドル以上の純損失となった。投資先のRivianの株価下落の影響もあるが、主力のネット通販の売上高が3%減になった。AWSは2桁台の増収だ。(2022/4/29)

調査で判明 :
経験者に聞く「投資をする理由」 男女ともに「老後の生活のため」が最多
保険相談サービスを提供する保険マンモス(東京都港区)が、男女500人を対象に「資産運用に関するアンケート調査」を実施し、投資型の資産運用をしたことがあるのは、男性は71%、女性は44%となった。(2022/4/28)

エネルギー管理:
脱炭素のカギとなる「水素・アンモニア」、需要と投資の拡大に向けた方策とは?
新たなエネルギーとして期待されている水素・アンモニア。社会実装に向けては需要の拡大と初期投資の整備が欠かせないが、今度政府ではどのような政策を進めるのか? 2022年4月に開催された「水素政策小員会・アンモニア等脱炭素燃料政策小員会 第2回合同会議」の内容を紹介する。(2022/4/27)

内視鏡AIでがん見逃しゼロへ:
ソフトバンクG、医療ベンチャー「AIメディカルサービス」に出資 国内3例目
AIを用いた内視鏡診断システムを開発する医療スタートアップ、AIメディカルサービス(東京都豊島区)は4月26日、ソフトバンクグループのビジョン・ファンド2をリード投資家とし、総額80億円の資金を調達したと発表した。同ファンドから出資を受ける国内企業は3例目。(2022/4/26)

ロシア株投資ETF、評価額ゼロに 前日比98.23%下落で「換金できる見込み立たない」
野村アセットマネジメントは4月25日、運用するロシア株に投資するETFについて、「現時点で換金できる見込みが立っていないことから、ロシア株等の評価価格をゼロとすることが妥当と判断」したと発表した。(2022/4/26)

サービス開始からわずか15営業日、「SBIラップ」預り資産50億円突破
 SBI証券は4月20日、全自動AI投資「SBIラップ」が2022年3月31日のサービス開始から、わずか15営業日で預り資産50億円を突破したと発表した。(2022/4/25)

東芝、「非公開化」議論加速も 企業価値向上の提案公募
東芝が潜在的な投資家やスポンサーから、企業価値向上に向けた選択肢についての提案を募集する。「物言う株主」とのしがらみを断ち、経営再建の取り組みを前進させるため、株式の非公開化に向けた議論が加速する可能性がある。(2022/4/22)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【前編】
金融機関が「AI」投資を増額へ それでも残る“あの問題”
金融業界の企業の間で、AI技術を組み込んだツールの導入を「避けられないもの」だと考える動きが広がっている。一方で金融業界がAI技術を積極的に活用する上では、解決すべき課題がある。それは何なのか。(2022/4/20)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ウクライナ戦争が引き起こす企業と投資家の社会的、倫理的ジレンマ
ロシア人に生活必需品を売るべきか――。ウクライナ戦争は企業に難しい課題を投げかけました。企業はESGと倫理的な配慮の間でどうバランスを取るべきでしょうか。フィデリティの取り組みとともにご紹介します。(2022/4/21)

SBI証券と東急カード、「クレカつみたて」提供開始 最大4%のキャンペーン実施
 SBI証券と東急カードは4月15日、クレジットカードで投資信託が買えるクレジットカード投信積立サービス「クレカつみたて」と、資産運用に応じて東急ポイントを加算するサービスの提供を、4月25日より開始すると発表した。(2022/4/18)

アンズ&s調べ:
「現金1000万円があったらお金をかけたいこと」ランキング 趣味や住宅を抑えた1位は?
経営・マーケティング支援を行うアンズ&s(仙台市)は、現金1000万円あったらお金をかけたいことについて調査を行い、「貯金」と「投資」がそれぞれ4分の1を占めた。(2022/4/16)

上方修正からさらに上振れのマネフォ決算 SaaS ARRは40%増の129億円に
再び事業成長にフォーカスし、いったんの黒字化を経て投資を再度強化したマネーフォワード。4月13日に発表した第1四半期(2021年12月−2022年2月)決算は、計画を大きく上振れした着地となった。(2022/4/14)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
ポストコロナ時代の株主総会 バーチャル株主総会はなぜ問題か?
新型コロナの発生以降、多くの企業はバーチャル株主総会の開催に移行しました。しかし、こうした流れは、コーポレート・ガバナンスにおいてマイナスとなり、投資家に不利益をもたらす可能性があります。(2022/4/14)

持続可能性向上のためにIT部門が知っておくべきこと【後編】
これからの「企業価値」の話をしよう 投資家にも社員にも愛される企業とは
株主利益を最優先とする「株主資本主義」から、利害関係者全ての利益を追求する「ステークホルダー資本主義」へと、世の中の価値観が変わりつつある。この変化の中で重視すべきサステナビリティ向上のトレンドは。(2022/4/13)

IPメタバースの構築を目指す:
バンダイナムコエンターテインメント、スタートアップ投資ファンドを新設
バンダイナムコエンターテインメントはスタートアップ投資ファンド「Bandai Namco Entertainment 021 Fund」を立ち上げた。(2022/4/12)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【前編】
B2Bマーケティングで「パーソナライズ」がいまひとつ役に立っていない理由
Forrester Researchのアナリストによると、B2Bマーケティングではパーソナライゼーションへの投資が報われていない。その理由とは何なのか。(2022/4/11)

セキュリティ製品は難しいが、理解する努力を怠ると攻撃を受ける恐れも:
PR:今のセキュリティ対策に求められるのは「これを入れれば大丈夫」という発想からの脱却と脅威を直視する姿勢
DXを支えるセキュリティ対策を議論するオンラインセミナー「ITmedia Security Week 2022春」が開催された。目まぐるしく環境が変化する現在、DXを加速するためのセキュリティ対策の在り方や、実戦的で投資対効果の高いセキュリティ対策が多数紹介された。本稿ではその中から、名和利男氏の基調講演とヴイエムウェア/SB C&Sの技術セッションの内容をお届けする。(2022/4/11)

今日のリサーチ:
B2B SaaS企業のデジタルマーケティング 「Web広告」「SEO」「セミナー」全実施は15社中たった2社
マーケティングに投資する余力が十分にある新規上場企業であっても、やるべきことを全てできているかというと、決してそうではないようです。(2022/4/8)

「2030年までにデータリテラシーが最も需要の高いスキルになる」? 急がれるスキルアップへの企業投資
クリックテックの調査によると、データリテラシーは2030年には企業で最も必要とされるスキルになると予測されるものの、データリテラシーのスキルに「自信がある」と回答した日本企業の従業員はわずか5%だった。(2022/4/11)

KDDIとauカブコム証券、au PAY アプリ「ポイント投資」に「プチ株」サービス追加
 KDDIとauカブコム証券は、4月4日よりau PAY アプリの「ポイント投資」に、単元未満株を売買できる「プチ株」サービスを新たに追加したと発表した。これにより、Pontaポイントによる1株からの売買が可能となる。(2022/4/7)

クレカ積立改悪の影響なし? 楽天証券、投信積立設定245万人超に
楽天証券の投信積立の好調が継続している。4月5日の時点で、投資信託保有者は300万人を突破、そのうち積立を設定している人は2021年12月末の212万人から35万人(16%)増加して245万人となった。(2022/4/6)

SBI証券、投信入庫が過去最高 3月は141億円に
SBI証券は3月の投資信託入庫実績が、件数金額ともに過去最高を記録したと発表した。2月に比べ、件数は2.8倍の2150件、金額は2.2倍の141億円となった。(2022/4/6)

“東証1部”は死語に:
東証、60年ぶりに市場再編 「プライム」など3市場に、狙いは?
東京証券取引所は株式市場を再編し、新たな市場区分での取引を始めた。これまで大企業向けの「東証1部」などを「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場に再編する。各市場の特徴を明確にすることで、海外からの投資拡大を促す狙いがある。(2022/4/4)

情シス責任者やデータ基盤責任者の方必見:
PR:データウェアハウスの処理性能向上と大幅なコスト削減、そしてBI+AIのポテンシャルを最大化する次世代データ基盤アーキテクチャ「レイクハウス」の実力
データ経営の重要性の高まりを受け、AI活用を含めてデータの潜在能力を最大限に引き出す必要性が生まれている。だが従来のデータウェアハウスではパフォーマンスが足りないだけでなく、複雑かつ非常に高価で投資に見合った価値を発揮し切れていない。(2022/4/5)

パナソニック 3年で営業利益累計1.5兆円
パナソニックグループは1日、持ち株会社制への移行に合わせて中期経営計画を発表し、令和4年度から6年までの3年間で、本業のもうけを示す営業利益を累計1兆5千億円確保することを目指すとした。また、3年間で電気自動車(EV)向けの車載電池やエアコンなどの空調事業、水素エネルギーなどの分野に計6千億円を投資する。(2022/4/1)

既に2000万個以上を出荷:
エッジAIのSyntiant、ルネサスなどから5500万ドル調達
超低消費電力のAI(人工知能)アクセラレーターを手掛けるスタートアップのSyntiantは、5500万米ドルの資金調達ラウンドを終了し、同社の総調達額は約1億米ドルに達した。同社は2017年の設立以降、新規および既存の投資家に支えられてきた。(2022/4/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。