連載
» 2008年12月01日 00時08分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:find――テキストファイルの文字列検索

これまでのこのコーナーではUNIX/Linuxと同じようでいて少し異なる共通に使えるコマンドを中心に紹介してきた。今回は、UNIX/LinuxあってWindowsにないと思われがちな行検索(grep)について紹介しよう。

[嶋川裕馬,ITmedia]

find――テキストファイルの文字列検索

UNIX/Linuxでは「grep」

 指定したファイルから文字列を検索する。文字列はダブルクォーテーション「"」で囲まなければならない。文字列指定に正規表現を利用する場合は、findstrコマンドを使う。ファイル名指定にはワイルドカードも利用できる。UNIX/Linuxのfindとはまったく異なるコマンドなので注意。

オプション 使用例 詳細
(文字列) (ファイル名) find "abc" *.txt 使用例では、「abc」という文字列を拡張子.txtのファイルの中で検索し、該当行を表示する
/C find /c "abc" *.txt 指定した文字列を含む行数のみを表示する。使用例では、*.txtにマッチするファイルに「abc」という文字列が含まれている行数を表示している
/I find /i "abc" *.txt 検索文字列の大文字・小文字を区別しない。使用例では、「abc」だけでなく、「ABC」や「Abc」なども検索している
/N Find /n "abc" *.txt 検索結果に行番号を表示する。使用例では、「abc」という文字列を含む行番号、および、その行を表示している
/V find /v "xyz" test.txt 指定した文字列を含まない行を表示する。使用例では、test.txtというファイルの中から「xyz」という文字列を含まないすべての行を表示している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -