ニュース
» 2009年03月31日 08時00分 公開

クーポンと連動で販促強化:「90%が足を止める」3Dデジタルサイネージ、中部国際空港でお披露目

3D動画技術を取り入れたデジタルサイネージが中部国際空港に設置される。3D動画を活用したデジタルサイネージの導入事例は、国内ではめずらしい。

[ITmedia]
3D動画表示装置を備えたキオスク端末 3D動画表示装置を備えたキオスク端末(出典:日本ユニシス)

 日本ユニシスは3月30日、3D(3次元)動画表示技術を搭載したデジタルサイネージ(電子看板)中部国際空港(セントレア)に設置し、情報配信と効果の検証を開始した。実証実験は3カ月間実施する。

 同実験では、3D動画表示装置を備えたキオスク端末を設置し、3D動画コンテンツを放映する。3D動画は、専用のメガネを掛けなくても見える仕組みで、前方90センチに表示する。タッチパネルには空港内の店舗の情報を表示し、そこで使えるクーポンを配信する。

 キオスク端末に配信するコンテンツは、日本ユニシスのサーバからオンデマンドで配信。配信管理ソフトには、SCALAのコンテンツ管理システム「Scala」を使う。実験で採用した米Provision Interactive Technologiesの3Dイメージングシステムは、米国での実証実験で「90%が足を止める」効果が確認されているという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -