ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空港」に関する情報が集まったページです。

Amazon、羽田空港に入国者向けロッカーを設置 隔離要請者が商品を受け取れる
 Amazonは1月13日、日本空港ビルディングと東京国際空港ターミナルと提携し、羽田空港第3ターミナルにAmazonロッカーを設置した。海外からの入国時に、宿泊施設での隔離を要請される人が、Amazonで注文した商品をロッカーを使って受け取ることが可能となる。(2022/1/17)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)

羽田空港にAmazonロッカー新設 その“なるほど”な理由
Amazon.co.jpで購入した商品を受け取れるロッカーが羽田空港に登場。その理由は。(2022/1/13)

ピーチの“旅ガチャ”、機内でも販売 袋の中からカプセル取り出す超アナログスタイルに
ピーチ・アビエーションは17日、行き先の選べない「旅くじ」の機内販売を始めた。成田空港着の11路線、関西空港着の13路線の機内で販売する。(2021/12/17)

ロボット開発ニュース:
ロボットトラクターで空港の草刈りを自動化、ヤンマーが作業者不足の解消を支援
ヤンマーアグリジャパンは、鹿児島空港へロボットトラクター「YT488A」2台を納入した。有人トラクターに代わり、専用タブレットからの指示で空港内緑地部の草刈り作業と集草作業を自動化し、作業者不足を解消する。(2021/12/15)

地域の観光業再生に向けて:
ディズニー×アウトレット店舗 富士山静岡空港に初出店
富士山静岡空港内に、オンラインと実店舗が融合したショールーム型店舗「プレミアム・アウトレット サテライト フォー ディズニー コレクション」が期間限定でオープンする。期間は、12月10日〜2022年2月23日。地域の観光業再生に向けて、空港を活用する。(2021/12/10)

既存の喫煙所を改修:
フィリップ モリス、函館空港に「加熱式たばこ専用室」 日本初の“たばこの煙のない国際空港”に
フィリップ モリス ジャパン(PMJ)は、函館空港(北海道函館市)に「加熱式たばこ専用室」を開設し、運用を始めた。同空港の開港60周年記念の一環で、同空港内の既存の喫煙所を改修した。(2021/12/2)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

空港で最先端ロボのオモテナシ続々 人手不足、感染防止担う
関西国際空港などはさまざまな業務でロボットの導入を推進。省力化やコスト削減という経済的理由に加え、最先端技術の実験場として空港を活用する狙いもある。人との出会いだけでなく、ロボットとの「出会い」も空港での楽しみになりつつある。(2021/11/30)

再生紙を採用:
LCC「ピーチ」の機長が考案した「紙飛行機」 1100円で一般販売
ピーチ・アビエーションは、パイロットが考案した紙飛行機「HAPPY ORIGAMI AIRPLANE Fly Peach」の一般販売を開始した。11月17日からは関西空港第2ターミナル内の実店舗でも販売する。(2021/11/15)

直行シャトルバス:
沖縄観光、手荷物持たず那覇空港から一気に北谷町へ IT移動サービスプロジェクト
まちづくり支援などを行うユーデックは5日から、沖縄県北谷町を拠点とする観光客に、ITを使い多様な移動サービスを提供する「北谷観光MaaSプロジェクト」の実証実験を始めると発表した。利用客は……。(2021/11/5)

「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」:
空の“おもてなし”を地上で! ANAのエアバスA380レストラン、12月も開催
ANAグループは、成田空港に駐機中の旅客機、エアバスA380型機、「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を活用したイベントを12月に開催すると発表した。(2021/11/2)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
空港・カジノ・イベント会場──米アマゾン技術で“無人店舗”が急増中 一方、進出しづらい業界も
近年、増えている無人店舗。米国では「Amazon Go」の技術がさまざまな分野に進出している。どのような店舗でこの技術が使われているのか? こうした無人店舗が進出しやすい業界とそうでない業界の違いとは──?(2021/11/2)

ANAがヒアラブル端末を空港スタッフに導入、期待を超える体験を模索
コロナ禍で業績悪化に苦しむ航空業界だが、ANAではむしろDX推進のアクセルを踏み込んでいる。新しい成功モデルを模索する中、DXの取り組みが同社の体質を強くしているからだという。その一例が、空港スタッフへのヒアラブル端末の展開だ。(2021/11/1)

JALとANA、国内線チェックインシステムを共同利用へ 搭乗ゲート統一も
JALとANAが国内線空港で、チェックインシステム機器の共同利用へ。保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、両社が共同利用できるようにする。(2021/10/22)

リアルとネットの相乗効果:
旅客激減の羽田空港が、ECの売り上げを“1年で100倍”に キーワードは「デパ地下客」
コロナ禍で羽田空港の航空旅客数とともに、空港での商品売り上げも減少──。しかしECに注力し、1年間で月別最大5倍ほどアクセス数を伸ばした日本空港ビルデング。急成長の鍵は「デパ地下客」だった。(2021/10/22)

23年5月から:
JALとANA、国内線のチェックイン機などを共通化 コスト削減と利便性向上目指す
JALとANAは10月22日、国内線空港のチェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを開始すると発表した。(2021/10/22)

JALはすでに廃止:
ANA、手荷物梱包用のビニール袋廃止へ 脱プラに向けた取り組み加速
ANAグループが空港で使用する手荷物梱包用のビニール袋の提供を10月31日で終了する。(2021/10/8)

トヨタ、約34万円の立ち乗り型EV発表 大型施設内の移動を想定、将来は公道も
トヨタ自動車は10月1日、立ち乗り3輪BEV「C+walk T」の販売を始めた。空港内やショッピングモールなど、広大な施設内での移動やシニアの歩行負担の軽減、アクティビティーツアーといった利用を想定しており、将来は公道での使用も見据える。(2021/10/4)

AI:
空港保安検査にAI技術、日立が南紀白浜エアポートで実証実験
日立製作所と南紀白浜エアポートは、南紀白浜空港での保安検査を支援するAI技術の実用化に向けた実証実験の実施に関する覚書を締結。空港の保安検査のさらなる高度化・効率化に取り組む。(2021/9/29)

地球儀にピンを刺すと現地時間が分かる世界時計 ワクワクするからくり機構に「商品化希望」「空港に置いてほしい」
商品化してほしい。(2021/8/27)

羽田空港に無人決済店舗 27日オープン 商品を手に取るだけで支払い金額確定
搭乗前の急いでいるときに会計で並びたくない、新型コロナウイルス感染予防のために非接触で会計を済ませたいなど、多様化するニーズへの対応が狙いだ。(2021/8/27)

18台のセンサーカメラで商品と客をひも付け 羽田空港初の“無人決済みやげ店”に行ってみた
羽田空港第2ターミナル地下1階に18台のカメラなどを活用した無人決済店舗がオープンした。商品のバーコードを1つずつ読み込ませるといったセルフレジ特有の煩雑さとは無縁だ。(2021/8/27)

ANA FESTA GO:
ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとは
ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。(2021/8/27)

「かっこいい」「イケモフがいる」 新千歳空港に現れた“獣人”のアートが圧倒的存在感で話題に
圧倒的な存在感……!(2021/8/8)

2020年3月、シャルル・ド・ゴール空港は廃墟のように静かだった コロナ禍に緊急帰国した留学生が漫画でつづる“あの頃”の記憶
ついに日本へ帰国。(2021/7/27)

JALのシステムで一時障害、搭乗手続きできず 計123便に影響、最大1時間45分の遅れ 現在は復旧済み
日本航空(JAL)の予約システムに一時障害が起き、国内複数の空港で飛行機が出発を見合わせる事態になった。同社は「羽田空港内のネットワーク回線に不具合が生じた」としている。(2021/7/26)

屏風に描かれた武士たちが走りまわる 中部国際空港に設置されている映像アート「関ヶ原山水図屏風」がTwitterで話題に
関ヶ原の戦いがリアルに描かれた動く屏風。(2021/7/19)

Face Express:
JAL、国際線で顔認証を使った搭乗手続き開始
日本航空が、成田・羽田空港発の国際線で、顔認証技術を活用した搭乗手続き「Face Express」の運用を開始する。(2021/7/12)

Apple、屋内マップに羽田空港を追加
成田国際空港と中部国際空港は2018年に対応済み。(2021/7/7)

スマホ充電器レンタルの「ChargeSPOT」がセブン-イレブンに進出 10月末までに全国約7000店舗へ設置
これまでローソンやファミマ、駅や空港にあったサービスが、より便利に。(2021/6/29)

ニコニコ大百科「羽田空港と成田空港を間違えた人」が“ネットの良心”に満ちた構成で称賛の声 記事作者に話を聞いた
インターネットの良心はここにあり。(2021/6/24)

搭乗ゲートまでスイスイ自動運転で 羽田空港の「WHILL自動運転システム」が国内線出発ゲート全域まで拡張、6月14日から
わぁぁこれいいかも。ゲートラウンジ、とても長ーいですからね。(2021/6/15)

3Dプリンタニュース:
タッチパネル向け除菌器を共同開発、3Dプリンタで実現したアタッチメント機構も
ホタルクスと成田国際空港は、タッチパネルの表面に近紫外線のUVA(紫外線A波)を照射して除菌する「HotaluX TOUCH」を共同開発した。除菌対象の形状や素材に合わせて、タッチパネルとの接触部分の仕様を柔軟に変更できる3Dプリントアタッチメント機構を採用。丸紅情報システムズの協力の下、一部のパーツを3Dプリンタで製作することで同機構を実現した。(2021/5/21)

ANA航空券で新幹線に乗れちゃった 「こんなことあるんだ」「珍しい!!」空港で渡された「振替乗車票」が話題に
A320→N700へ振り替え。(2021/5/19)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

職員がアバターで接客、フライト情報を案内 中部国際空港で実証実験
遠隔接客ツールなどを手掛けるUsideUが、中部国際空港の案内所でアバターを活用した遠隔案内の実証実験を5月30日まで実施。新型コロナ対策が求められる中、空港利用者と非対面で対応ができ、スタッフ同士の接触機会も減らせる。(2021/5/17)

空港勤務者をメインターゲットに:
「ファーストキャビン関西空港」の営業再開を発表、羽田空港でも
2020年4月に運営会社が自己破産した簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の関西空港店が、5月11日に営業を再開する。(2021/5/9)

ANAも:
JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置
日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する(2021/4/28)

「ポケモンストア」2カ所閉店 ゴールデンウィーク後に
ポケモンセンター社は「ポケモンストア中部国際空港店」(愛知県常滑市)と「ポケモンストア デパートリウボウ店」(沖縄県那覇市)を5月9日に閉店する。(2021/4/12)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【後編】
空港職員の安全を支えた米国運輸保安庁(TSA)の「BIダッシュボード」の中身
米国運輸保安庁(TSA)はCOVID-19の拡大局面において、手指消毒剤などの個人用保護具(PPE)の供給を管理するためにBIツールを活用している。そのダッシュボードはどのような要素で構成されているのか。(2021/4/6)

東京駅で人気のディズニースイーツが中部国際空港に初出店! 今だけ「ファンタジア」仕様の東京ばな奈を味わいたい
10日間の期間限定販売なので要チェック!(2021/4/5)

Googleマップに空港内ARナビや大気品質レイヤーなどのAI採用新機能
Googleが年内ロールアウト予定のAI関連新機能を5つ紹介した。これまで屋外でしか使えなかったARナビ「Live View」を一部の空港やショッピングモールで使えるようになる他、経路検索のUI変更や大気汚染状況や気象を確認できるレイヤー追加などだ。(2021/3/31)

製造マネジメントニュース:
複数のカメラ映像を俯瞰合成するモニタリングシステムの実証実験を実施
OKIは、複数のカメラ映像を俯瞰合成し、リアルタイムに映像を表示するモニタリングシステム「フライングビュー」を、羽田空港で運用中の遠隔操作ロボットに搭載する実証実験を実施したと発表した。(2021/3/29)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】
空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。(2021/3/23)

コロナ前は141店舗:
新型コロナ、空港を直撃 那覇空港で13店舗が撤退 休業も31店
新型コロナの感染拡大の影響で、那覇空港ビルディングに入居する飲食店や物販のテナントが13店舗撤退していることが分かった。(2021/2/20)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設内の移動手段で役立つモビリティ、1台の操作で複数のモビリティを追従走行可能
パナソニック プロダクションエンジニアリングは、空港や商業施設、駅で、人やモノを運搬するサービスで使用するモビリティとして「Piimo」を開発した。Piimoは、優れた追従走行技術を搭載しているため、1台のPiimoを手動により操作することで、複数のPiimoを目的地まで運べる。(2021/1/25)

バス運賃をVISAタッチ決済で 北海道の空港連絡バスが今春開始
空港連絡バスを運営する北都交通が、NFCを使った非接触決済を運賃の精算に導入すると発表。サインの記入やパスワード入力の手間を解消し、支払いを効率化する。(2021/1/20)

旅客機や地上交通からの乗り換えも:
「空飛ぶクルマ」のルートをヘリで飛行 ANAHDなどが実証実験
中日本航空、名古屋鉄道、ANAホールディングス(HD)は、ヘリコプターを使って「空飛ぶクルマ」の飛行ルートを想定した実証実験を行うと発表した。三重県志摩市から中部国際空港(愛知県常滑市)までのルートを飛行する。(2021/1/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。