ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空港」に関する情報が集まったページです。

FM:
施設の案内板や誘導表示が不要に、床面に映像を投影し目的地まで誘導するシステムを開発
空港や駅、商業施設で働くスタッフは、訪日外国人観光客や高齢者などの案内に多くの時間を割いており、通常業務を円滑にこなせなくなっている。三菱電機は、こういった問題の解消を目指し、床面にアニメーションを投影し目的地まで誘導するシステムを開発した。(2020/2/20)

ドコモ、5G活用「遠隔アバター案内」を成田空港で実施
NTTドコモは、2月3日から成田国際空港と「遠隔アバター案内」の実証実験を開始。成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて遠隔での有人案内を受けることができる。(2020/1/31)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニックがロボティックモビリティの安全性を高める制御ユニットを開発
パナソニックは空港などの施設で使用するロボティックモビリティの安全性を高める制御ユニットの開発を進めている。(2020/1/29)

「なんて嬉しいサービスや」 よゐこ有野、フランスの空港でドンキーコング・ディグダグ・パックマンに出くわす
濱口優・南明奈夫妻との相合傘の願掛けなどフランスを満喫。(2020/1/21)

GPSを付けた被告が空港に近付くと警告するシステム、法務省が導入検討へ
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逃亡を受け、法務省は保釈中の被告にGPS発信器を装着させ、空港などに接近した場合に警告するシステムの導入を検討している。(2020/1/17)

モビリティサービス:
電動車いすのWHILLが国内外5空港で自動運転実証、高齢者から好評の声
電動車いすを手がけるWHILLは2019年12月26日、2019年に国内外の5カ所の空港で電動車いすの自動運転システムの実証実験を実施したと発表した。(2019/12/27)

「よっしゃ、時速300キロでついてこいやぁぁ」 ランボルギーニ・ウラカン、イタリアの空港に「誘導車」として配備
さすがイタリア。(2019/12/18)

空港保安検査の混雑状況をAIでリアルタイム分析――羽田空港、国際線の保安検査場にNECの「待ち時間予測システム」を導入
羽田空港国際線旅客ターミナルの保安検査場に、待ち時間をAIで予測し、デジタルサイネージに表示する「待ち時間予測システム」が導入された。NECのAI技術を活用し、監視カメラの映像やセンサーで取得した情報から、人の流れや通過人数を収集、分析し、混雑状況を把握する。(2019/12/13)

九州佐賀国際空港で「海苔扱い説明書」販売開始 おいしい食べ方などを海苔にプリント
佐賀に行ったお土産に。(2019/12/13)

保安検査の待ち時間をAIで予測、掲示板に表示 羽田空港の国際線ターミナルで
NECが羽田空港の国際線旅客ターミナルに、保安検査場の待ち時間をAIで予測するシステムを提供。カメラとセンサーで、人の流れと通過した人数を計測・分析し、待ち時間を分単位で算出する。すでに10月から「北」と「中央」の検査場で稼働している。(2019/12/12)

試用段階:
“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで
食べられるコーヒーカップが登場。ニュージーランド航空が試験的に導入。どのような素材でできているのか。(2019/12/9)

成田国際空港にアニメをテーマとしたエリア「成田アニメデッキ」オープン KADOKAWAプロデュースの飲食店とグッズショップ
空港でもアニメを満喫できる!(2019/11/25)

歩きながらでも虹彩認証、空港・駅に導入へ NECが開発
NECが、歩きながら高精度に虹彩認証できるという技術を開発した。空港のセキュリティゲートや改札での活用を見込む。2021年度までの実用化を目指す。(2019/11/6)

飛行機の滑走路は「平らで長い」とは限らない 世界は広い……! 超絶ハードな空港
オーバーランしたらと思うとぞっとします。(2019/10/8)

IoTで空港業務を効率化 荷物運搬車の位置と整備士の動線を把握――NECとJAL、羽田空港で共同実証
NECと日本航空(JAL)は、羽田空港(東京国際空港)で、IoTを活用して空港業務を効率化する実証実験を実施。屋外での荷物コンテナ運搬車の位置把握にはLoRaWAN、屋内での整備士の動線把握にはBLEを活用し、有効性を確認した。(2019/9/30)

完全自動運転のレベル4、まず空港から? ZMPや丸紅 EVで
自動運転技術ベンチャーのZMPは11日、電気自動車の自動運転小型バスを報道陣などに公開した。(2019/9/12)

用途はセキュリティだけじゃない:
PR:令和は「顔認証」システムが大ブレイク!? NECが世界に誇るビジネスの全貌に迫る
「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。(2019/9/11)

「助けて」「脱出できない」 成田空港が陸の孤島と化す 鉄道とバスが運休して交通網マヒ、諦めて徒歩で脱出する人も
倒木などで復旧見込みが立たないもよう。(2019/9/9)

ミリ波レーダーで刃物・銃・爆発物を検出 東芝がテロ対策の新技術 駅や空港での利用を想定
東芝がミリ波レーダーを使って危険物を検知し、テロを防止する技術を開発したと発表。駅や空港などの利用者に30〜300GHzの電波を一斉に照射して所持品をスキャンし、モニターに画像を生成する。実用化は2020年以降を想定しており、今後も研究開発を継続する。(2019/9/6)

成田空港、無人で「手荷物預け」可能に 自動チェックイン機との併用で搭乗手続きの「完全無人化」実現へ
成田国際空港が、無人で手荷物を預けられる機械を、今夏から全ターミナルに導入すると発表した。搭乗客の待ち時間短縮や、チェックインカウンターの混雑緩和が狙い。客が機械の画面にパスポートなどをかざすと本人確認が完了し、荷物用のタグを出力する。(2019/8/22)

水曜インタビュー劇場(737公演):
えっ、ホテルの部屋にフライトシミュレーター? “機長”になれる企画が面白い
羽田空港第2ターミナル直結の「羽田エクセルホテル東急」に、ちょっとユニークなモノが登場した。パイロットが訓練で実際に使うものと同等の「フライトシミュレーター」だ。客室のベッドをひとつ取り除いて、なぜコックピットを設置したのか。ホテルの総支配人に話を聞いたところ……。(2019/8/21)

視線を外してからの……ちらっ 渡辺直美のリアクションものまねに綾野剛も反応「私も良くされます。。」
題して「空港で、私を初めて見た時の世界の子供達のリアクション」。(2019/8/20)

みんなー空港でお泊り会やるよー! セントレアに泊まれる体験型イベント「Night Tour for SKY KIDS 2019」8月28、29日開催
夏休みの特別企画!(2019/8/2)

ハロー日本! 地獄生まれのアメコミヒーロー・ヘルボーイ、キャリーバッグを手にひっそり来日
羽田空港でまわりをキョロキョロ。(2019/7/28)

駅の改札口から出国手続き前まで:
国土交通省、成田国際空港の屋内電子地図を無償公開
国土交通省は成田国際空港の屋内電子地図を無償公開した。ターミナルの各フロアについて、通路や階段、トイレなどの位置に加え、商業施設エリアについては店舗の区画も整備されている。(2019/7/23)

「AirDrop」経由で自爆ベスト写真送信、JetBlueの搭乗者全員が避難 ニューアーク国際空港
乗客や乗員のスマートフォンにAppleの写真共有機能「AirDrop」経由で自爆ベストの写真が送りつけられ、全員が避難した。(2019/7/17)

Apple Store、空港内に進出 シンガポールのチャンギ国際空港
Appleは、シンガポールの2店舗目で初の空港内店舗「Apple Jewel Changi Airport」をオープンした。(2019/7/14)

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表
カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。(2019/7/11)

リモコンで航空機けん引、ANAが実用化 国内初
リモコンを使った遠隔操作による航空機のけん引を、ANAが国内で初めて、九州佐賀空港で始めた。運転席のないけん引車を、リモコン式のコントローラーを使って係員が操作する。(2019/7/5)

専用コンビニも併設:
まるで空港のラウンジ? ららぽーとの従業員休憩室が豪華になっていた
三井不動産が商業施設の従業員休憩室を充実させている。簡素な設備しか備えていない休憩室とは一線を画している。どのような機能を備えているのか。(2019/7/5)

クルマの駐車場に旅客機が停まってる!? 墜落事故が相次いだ「ボーイング737」運用禁止で修理工場がキャパオーバー
空港の駐機場を借りるも限界突破(2019/6/28)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
空へ誘う旅はフォントがいっぱい
電車の次は空。空港はどんなフォントとデザインで彩られているのか。(2019/6/27)

イギリスの麻薬探知犬、空港のベルトコンベヤーに乗って遊ぶ
たまには息抜きしたいワン。(2019/6/23)

モルゲッソヨ、金色になって宮崎空港で直立 Twitterで「なぜそこに」と衝撃走る
宮崎空港で例年開催されている国際現代彫刻展で展示中。(2019/6/14)

うぉぉぉ! 神戸空港の滑走路を歩ける「夏休み・早朝親子滑走路ウォークイベント」7月20日開催
ワックワクですね。(2019/6/11)

成田空港“顔パス”で搭乗OK 20年春スタート 顔認証端末を公開
成田国際空港が、2020年春に運用を開始する顔認証を使った搭乗手続き「OneID」のデモンストレーションを報道陣向けに公開した。(2019/5/31)

改札を抜ければどこへでも行ける 地下鉄の駅ですれ違う人を描く漫画に感情がこみ上げる
改札を抜けて電車に乗って乗り換えたら空港も沖縄もその先も、どこへも行ける。(2019/5/23)

ロボット開発ニュース:
自動追従の電動車いすが成田空港で検証、高齢者の乗り継ぎ不安を解消へ
全日本空輸(ANA)とパナソニックは2019年5月16日、前方の車いすに自動で追従する電動車いすの実証実験を成田空港で行った。航空便を乗り継ぐ高齢者など、移動に不安を持つ乗客の利便性向上と空港地上係員の負担軽減を狙う。(2019/5/17)

JALでシステム障害、自動チェックインできず 34便欠航
JALの旅客システムで5月8日朝に障害が起き、全国の空港で自動チェックインができなくなる不具合が発生した。障害の影響で午後2時までに34便が欠航し、2830人に影響が出たという。(2019/5/8)

【追記】日本航空のシステムトラブル 復旧するも遅延・欠航は終日続く見込み
チェックインは空港カウンターで対応中。(2019/5/8)

空港などの「免税店」はなぜ安く買えるのか?
そういえばなんで?(2019/4/27)

入出国ゲートの顔認証システムで不法長期滞在者発見に成果──米国土安全保障省
米国土安全保障省が2017年から国際空港に設置している顔認証システムにより、不法長期滞在者の発見の成果が上がっていると報告した。4年以内に米国から出国する旅客の97%にこのシステムを適用する計画だ。(2019/4/23)

シンガポールに新業態店を展開:
ドンキが海外で焼き芋を売りまくっていた! “特化型”の小さな店も国際空港にオープン
“シンガポール版ドンキ”ともいえる「DON DON DONKI」。17年1月にオープンしてから、連日人気ができるほど人気なのが焼き芋だ。ついに焼き芋をメインにした小型店を現地の空港内にオープンすることになった。(2019/4/23)

ロボットを遠隔操作して利用者を案内 JALが羽田空港でトライアル
日本航空(JAL)は、遠隔操作のアバターロボットを使い、羽田空港の利用者を案内するトライアルを実施する。2020年までの一部実用化を目指す。(2019/4/19)

JALのモバイル搭乗券がGoogle Payに対応
日本航空(JAL)は、4月9日に「Google Pay」に対応したモバイル搭乗券サービスを提供開始した。JALの国内線搭乗券を「Google Pay」に保存するとアプリに搭乗券を表示でき、空港でのチェックインや搭乗時に利用できる。搭乗当日は利用する端末の待受画面にフライト情報を通知する機能も搭載する。(2019/4/10)

「世界の空港ランキング」2019年版、日本の3空港がトップ10入り
部門別トップも多く獲得。(2019/4/6)

パーキング管理に革命を起こすロボット 空港の広大な駐車場を全自動で管理する「Stan」がすごい
大きなスーパーや郊外型商業施設でも活躍してくれそう。(2019/4/4)

混雑緩和へ――韓国の空港、国内線の本人確認ゲートに富士通の手のひら静脈認証を導入
韓国の国内線全14空港に、富士通の手のひら静脈認証を活用した搭乗者確認システムが導入された。事前に手のひらの静脈と本人情報を登録することで、チェックイン後の搭乗者確認ゲートに手のひらをかざすだけで本人確認が可能になる。(2019/3/28)

MMS:
“計測車両MMSで点群”を取得するインフラ維持管理システムを“静岡空港”で検証、「空港版インフラドクター」
東急電鉄と富士山静岡空港は2019年3月13日、次世代型の施設運営・管理モデル構築を目指す「静岡空港」で、3D点群データと高精度カメラを活用した空港保守管理業務の省力化システム「空港版インフラドクター」の実証実験を開始した。(2019/3/15)

成田空港で“顔パス” チェックイン時に顔写真登録、その後はパスポート提示不要に
チェックイン時に顔写真を登録すれば、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートなどの提示が不要になる新しい搭乗手続き「OneID」を、成田空港が国内の空港に先駆けて、全日空と日本航空で導入する。NECの顔認証システムを採用した。(2019/3/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。